SF・ファンタジー

『クリムゾンの迷宮』あらすじ・ネタバレ感想文|生き残りを賭けたゼロサムゲーム|貴志祐介

この記事に書かれていること
  • 貴志祐介さん『クリムゾンの迷宮』あらすじと感想文
  • 『クリムゾンの迷宮』舞台
  • 過酷なゼロサムゲーム
  • 極限まで追い詰められた人間

少しだけネタバレあります

彼らの運命は―。

貴志祐介さんの小説『クリムゾンの迷宮』感想です。これは面白い!ちょっぴり怖かったけど、世界観に浸れてスラスラと読めました。

ひだまりさん。
ひだまりさん。
貴志さんの世界観はすごい。

『クリムゾンの迷宮』あらすじ・評価

超過酷なゼロサムゲーム

あらすじ

知らずにゼロサムゲームに参加させられた9人の男女。目覚めたら、そこは知らない世界だった―!彼らの運命は・・・。

『クリムゾンの迷宮』ネタバレ感想文

ホラー小説は苦手なハズなんだけど、なぜか読みたくなりました。・・・で、手を出したのがこちらの本です。超過酷なゼロサムゲームを描いた『クリムゾンの迷宮』。

『クリムゾンの迷宮』舞台は、バングルバングル。

オーストラリア、パーヌルル国立公園にあるバングルバングル山脈。世界遺産に登録されている「地球最後の秘境」です。

ひだまりさん。
ひだまりさん。
不思議な景観で、まるで火星みたいだった。

ネットで写真を探してみました。現実離れした世界の元で、過酷なサバイバルゲームがくり広げられるのです。

グールと化した人間の行動にゾッとしました。

生きるか死ぬか、過酷なゼロサムゲーム

主な登場人物は9人

『クリムゾンの迷宮』は、知らずにゼロサムゲームに参加させられた9人の男女が生き残りを賭けて熾烈な争いをしていく物語。

ロールプレイングゲームのような感じで物語が進んでいくのが面白かったです。文章を読むだけで次々とその情景が思い浮かびました。貴志さんの本は、その世界観にどっぷりハマれるから楽しい。

最後まで生き残るのは誰か?勝つか負けるか、ここでは生きるか死ぬかです。

彼らは4つのルートに別れてゴールを目指すことに・・・。ルートにはCP(クリスタルポイント)というのがあって、アイテムが貰えたりする。

ひつじくん。
ひつじくん。
ロールプレイングゲームのような感覚だね。
4つのルート
  • 東(サバイバルのアイテム)・・・加藤&野呂田
  • 西(護身用のアイテム)・・・妹尾&船岡
  • 南(食料)・・・楢本&安部&鶴見
  • 北(情報)・・・藤木&大友

これが明暗を分けることになります。サバイバルのアイテムを得るか、護身用のアイテムにするか、それとも食料か情報か・・・。

ひだまりさん。
ひだまりさん。
ひとつだけゲームに有利なルートがあるんだ。そして罠のルートも・・・。

極限まで追い詰められた時、人は・・・

最初はCPを順番に進んでいけばゴールがあると信じていた彼らは、そうではないことに気づく。本当にスリリングですね。

1番怖かったのは、極限まで追い詰められた人間が取る行動です。

イヤーな予感はしていました。やはりこうなったか・・・という感じです。

ひつじくん。
ひつじくん。
サバイバル小説って、最後にいくにつれて怖くなるよね。

有名どころでは『そして誰もいなくなった』や『人狼ゲーム』『バトルロワイヤル』など。

私が読んだ本では、米澤さんの『インシテミル』が1番記憶に新しいかな。登場人物たちが精神的にも肉体的にも追いつめられてく・・・。

『クリムゾンの迷宮』もそうでした。後半が怖すぎる。怖いけど、舞台が火星のような場所だからSF感覚も味わえるのが魅力でした。

謎が残る結末|このゲームを仕組んだのは誰か

知らずの間にバングルバングルに連れて来られた彼ら9人。どうも誰かに見られているような・・・。

このゲームを仕組んだのは誰か?

わざわざ毒ヘビを集めて放ち、アイテムを散りばめ、罠をかけ、殺し合いをさせるように仕組んだ人の目的は?

ひだまりさん。
ひだまりさん。
謎が残る結末だった。

このラストのおかげで想像がふくらみ、余韻が楽しめる。貴志さんの世界観を堪能できた1冊です。

Audible

Amazonが運営するオーディオブック「Audible」なら、12万以上の作品が聴き放題!

  • プロの朗読だから聴きやすい
  • Audibleでしか聴けないポッドキャストが聴き放題
  • 12万以上の作品が聴き放題
  • 30日間の無料トライアルあり(月額1,500円、期間中に解約すれば無料)

特典を詳しくみる

Audible公式サイト

『黒い家』あらすじ・ネタバレ感想文|サイコパスの恐怖|貴志祐介貴志祐介さん『黒い家』のあらすじと感想です。少しネタバレもあります。人はどこまで悪になりきれるのか。サイコパスの怖さを感じました。...
貴志祐介『新世界より 上』あらすじ・感想文|消えゆく子供たち貴志祐介さん『新世界より』上巻のあらすじと感想です。世界観がすごくて、かなり面白かったです。おすすめのSFホラー小説。最後までドキドキ・ハラハラの展開でした。...
【貴志祐介おすすめ小説】迷ったらコレを読むべき!間違いなく面白いホラー小説6選貴志祐介さんのホラー小説の中で特にオススメを厳選しました。怖すぎるサイコパスもの、切なくて泣ける小説、面白すぎた長編SFなどをご紹介。簡単なあらすじと感想も書いています。...

もっと見てみる

こちらは読んだ?