ミステリー・サスペンス

『60 誤判対策室』石川智健【あらすじと感想】曖昧なtとfの境界線と衝撃の結末

急げ!タイムリミットまで、あと60分!?

石川智健さん『60 誤判対策室』 (文庫版) です。単行本で刊行されていた『60 tとfの境界線』が改題されたもののようですね。

『60 誤判対策室』を元にWOWOWにてドラマ化が決定しています。主演は舘ひろしさんです。老刑事・有馬を演じます。有馬刑事、カッコ良いなと思っていたので、舘ひろしさんで良かった。楽しみです。

少しだけネタバレあります。

『60 誤判対策室』あらすじ

刑事と弁護士と検事の異色タッグ!!

『60 誤判対策室』
おすすめ
かんどう
いがいさ
サクサク

【あらすじ】
「誤判対策室」に配属されたのは、刑事・有馬、女性検事・春名、弁護士・世良だった。そこは冤罪の可能性を探る組織。刑事と検事と弁護士、異色のタッグで冤罪を証明できるのか!?

『60 誤判対策室』感想

面白かったです。最近読んだ早見和真さん『イノセント・デイズ』を連想しましたが、死刑囚の刑を止めようとする意図は同じでも全く別ものですね。

切なさ100%!『イノセント・デイズ』早見和真【あらすじと感想】悲しすぎる結末早見和真さん『イノセント・デイズ』あらすじと感想です。少しだけネタバレあります。WOWOWドラマの原作小説。登場人物とキャストをまとめました。ラストが衝撃でした。切なくて涙が止まりませんでした。...

特に後半の展開にド肝をぬかれました。第五章 「六十分」 のところです。この展開は予想できませんでした。・・・有馬刑事、すごい。

本書は 60 という数字に重きを置いています。

【目次】
  • 第一章 「六十年」
  • 第二章 「六十の壁」
  • 第三章 「刑事訴訟法第六〇条」
  • 第四章 「六十兆個の細胞」
  • 第五章 「六十分」
  • 終章 「刑法第六〇条」

目次を見て、これにはどんな意味があるのかと不思議に思いました。

そしてもう1つ。改題されましたが、単行本でのタイトル “tとfの境界線” が意図するものが最後の方で明かされるんです。それを読んだひだまりさん。は、鳥肌がたちました。(・・・なだけに、改題は少し残念ではありましたが。)

「60」 と 「tとfの境界線」 について感じたことは後ほど書きたいと思います。

刑事と弁護士と検事の異色タッグ

ゴハンタイサクシツ。

・・・カタカナで書くと 「ご飯対策室」 と漢字をあててしまいそうになりますが違います。(←ならない?)

「誤判対策室」 です。
表向きは 無罪を訴える死刑囚を再調査し、冤罪の可能性を探る組織。・・・でも設立の裏には、上層部の思惑が渦巻いていました。

それはさておき、主人公の老刑事・有馬、若手弁護士・世良、女性検事・春名の3名で構成されています。このキャラクターがまた良い味だしていて面白いんですよね。

ひだまりさん。
ひだまりさん。
法廷で争う弁護士と検事がタッグを組むのって異色。

そして有馬刑事がカッコ良い。彼には暗い過去がありました・・・。それを引きずって冤罪かもしれない事件を調べはじめます。ある人への罪滅ぼしのために・・・。

有馬の贖罪と冤罪の証明

発端は有馬が通う小料理屋 「夕月」 の中倉綾子のひとことでした。2人組の客が殺人の犯行を仄めかしていたと。それを聞いた彼は事件を調べはじめるのですが・・・。

なにやら有馬刑事には暗い過去があるようです。彼の過去、そして綾子への贖罪がどういうことなのか気になりました。

それにしても、冤罪を証明するのって難しい。

事件も風化しているし、しかも刑が確定していて、いつ執行されるかもわからない状態。まさに時間との戦いですね。間に合わなかったら・・・と思うと、ドキドキが止まりません。

check!
  • 古内博文は冤罪なのか。だとしたらなぜ罪を認めているのか。
  • 有馬刑事の過去の過ち。
  • 60の意味。

ひだまりさん。が 読んでいて気になったところです。有馬さんの過去も気になるところですが、タイトルにもなっている 60 という数字に、この本の魅力がつまっています。

60の意味

本のタイトル 「60」 には様々な意味があります。

有馬刑事の60だったり、刑法を指していたり・・・。

ひだまりさん。
ひだまりさん。
すごい。よくこれだけ集めたものだ。

感心してしまいました。60にまつわるものを集めて、1つの物語が成り立っている。1つ1つの章で何を指しているのか気にしながら読むのも、本書の楽しさなんじゃないかなと思います。

その中で、ひだまりさん。が 感動したのは、「六十兆個の細胞」 でした。

人は六十兆個もの細胞からなっているそうです。しかもその細胞は、それぞれが記憶を持っている。

六十兆の口がついているようなもので、私のような法医学者が、その声を聞くんだよ。

この言葉に、なるほどと思いました。私はたくさんの細胞が集まってできている・・・って、普段はあまり意識しないのですが、手のひらをマジマジと見つめてしまいました。

この手のひらも、腕も足も、私を作っているもの1つ1つが記憶を持っている。人体の不思議とともに、その声を丁寧に聞く解剖医に敬意を表したくなってきます。

ここで登場する解剖医・税所さんも味があって面白い人物でした。頭蓋骨のポテトチップスは悪趣味だけど (笑) 。

tとfの境界線

単行本の方のタイトル 「tとfの境界線」 の意味を匂わせる終章を読んだ時に鳥肌がたちました。

true と false の tとf 。真実と嘘の境界線です。

誤判対策室の3人が調べを進めるうちに浮上してくる人物がいました。矢野高虎と矢野琴乃。琴乃の父親が死刑囚・古内博文です。

古内が犯人なのか、高虎なのか、それとも琴乃なのか・・・。

どの証言が真実なのか嘘なのか、情報が少ない中では判断が難しいです。真実と嘘の境界線は曖昧にならざるをえない。結果、冤罪を引き起こしてしまう。

ひだまりさん。
ひだまりさん。
真実は当事者のみが知る・・・ということ?

一応の決着はつきますが、何となく裏があることを匂わせる結末でした。

ラスト2章の衝撃

ラスト2章の展開に衝撃を受けました。
第五章 「六十分」 と、終章 「刑法第六〇条」 です。有馬さんの行動にア然とします。そして、「誤判対策室」 設立の本当の目的は・・・。

これはドラマも楽しみです。ぜひシリーズ化してほしい。

ABOUT ME
ひだまりさん。
ゆるりと本をよんでいます。ミステリー、ホラー、SF、ファンタジー、何でもよみます。ほとんど小説、ときどき絵本。→ 詳しいプロフィールはこちら

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA