スキマ時間に・・・

『検事の信義』柚月裕子【あらすじ&感想】佐方貞人シリーズ4

この記事に書かれていること
  • 柚月裕子さんの小説『検事の信義』あらすじと評価・目次
  • 検事・佐方貞人の魅力
  • 4つの短編それぞれの感想とポイント
  • 『検事の信義』を読んで思ったこと

少しだけネタバレあります。

正しい罪状で罪をまっとうに・・・。

柚月裕子さんの小説『検事の信義』の感想です。佐方貞人シリーズは 「最後の証人」 「検事の本懐」 「検事の死命」 に続き4作目。

1作目 「最後の証人」 は検事を辞めた弁護士・佐方が、本作を含めあとの3作は検事・佐方が描かれています。

ひだまりさん。
ひだまりさん。
ドラマにもなっていますよね。

主演は上川隆也さん。イメージがぴったりで、このシリーズを読むと上川さんを連想します。

小説『検事の信義』あらすじと目次

佐方貞人シリーズ4

本の評価

おすすめ
かんどう
いがいさ
サクサク

【あらすじ】
佐方貞人、検事時代の4つの短編集。認知症の母親を殺害して逮捕された息子・昌平の裁判を担当することになった検事・佐方貞人。遺体発見から逮捕まで「空白の2時間」があることに疑問を抱く。(「信義を守る」 より)

本の目次
  • 裁きを望む
  • 恨みを刻む
  • 正義を質す
  • 信義を守る

検事・佐方貞人の魅力

検事・佐方貞人。シリーズの魅力は主人公の彼にあります。彼の信義というか、信念に共感するんです。

佐方に迷いはない。立場とか、組織の事情など関係ない。罪をまっとうに裁かせるだけなのだ。

ここがすごい!

佐方にとっては立場や組織の事情などは関係ありません。自分より上の検事が判断したことでも、疑問があれば真実を追求します。検察の権威が落ちようとも 正しい罪状で罪をまっとうに裁かせる。

ひだまりさん。
ひだまりさん。
利権や人間の欲が絡むと、当たり前のことが 当たり前にできないことあるよね・・・。
ひつじくん。
ひつじくん。
だから彼がカッコよく思えるのかもしれない。

小説『検事の信義』感想

『検事の信義』は ヤメ検である佐方貞人が検事時代の4つの短編集です。ほとんど事務官・増田の視点で描かれていました。

一事不再理、内部告発、裏取引・・・。

1話1話は短いけど 内容は濃く読み応えがありました。どこまでも自分の信念を曲げない佐方がカッコよくて大好きです。

4話それぞれのあらすじとポイント、感想をまとめました。

「裁きを望む」

裁判

【あらすじ】
住居侵入と窃盗の容疑で逮捕・起訴された芳賀渉。公判は検事の佐方が担当し、無罪。検察にとっては問題判決となった・・・。

ポイント

芳賀にはアリバイがあったのに 公判まで黙っていたのはなぜか。

「裁きを望む」 感想

戸籍の件では切なくなりました。それを望む芳賀の気持ちもわからなくはないから。彼は自ら裁きを望んだわけですが、気持ちを想像すると泣きそうになりました。

ひだまりさん。
ひだまりさん。
佐方は自分の信念通りに行動します。切なくも、佐方のことが頼もしく思えました。

「恨みを刻む」

【あらすじ】
室田公彦は覚せい剤所持・使用で逮捕、起訴された。スナックを経営している幼なじみの武宮美貴が 鴻城巡査部長に相談したことがきっかけだった。

ポイント

なぜ 武宮美貴は目撃した日時を偽ったのか。

「恨みを刻む」 感想

様々な人の画策を感じました。ヒモを解くと単純な構図ですが、上の利権争いにはウンザリします。そんな中で地道に真相を解明していく佐方は好感度大ですね。

ひだまりさん。
ひだまりさん。
どこまでも自分の信念を貫く彼がカッコイイ。

「正義を質す」

【あらすじ】
広島地検にいる木浦と年末を宮島で過ごすことになった佐方。旅館に広島高検・上杉義徳次席がやってきて・・・。

ポイント

なぜ 木浦は佐方を宮島に誘ったのか。

「正義を質す」 感想

このお話だけ異質な感じがしました。「不許可」か「しかるべく」か。裁判所と検察官との裏側を垣間みれた1話です。正義とは何か。同じ職業でもそれは様々なんだなと。

ひだまりさん。
ひだまりさん。
佐方さんの 「しかるべく」 には重みがありますね。

「信義を守る」

【あらすじ】
認知症の母親を殺害して逮捕された息子・昌平の裁判を担当することになった佐方。遺体発見から逮捕まで「空白の2時間」があることに疑問を抱く。

ポイント

遺体発見から逮捕までの 「空白の2時間」 。なぜ 昌平は嘘の供述をしたのか

「信義を守る」 感想

重い刑を望む昌平の真実を知ったときに切なくなりました。どこまでも真実を追求し、「罪をまっとうに裁かせる」 の信念を曲げない佐方が素敵です。

ひだまりさん。
ひだまりさん。
介護が描かれていたのでリアル感がありました。

【まとめ】『検事の信義』を読んで思ったこと

『検事の信義』は 佐方のふとした疑問によって判決が翻ったりします。物ごと1つにもちゃんと意味があるんですよね。

日々の日常生活の中で何気なくやっていることにも、突き詰めていくと ちゃんと意味がある。

ひだまりさん。
ひだまりさん。
そういうのを理解した上で物事に取り組んでいくのが大切だと思いました。

こちらもオススメ

『盤上の向日葵』柚月裕子【あらすじと感想・解説】過酷な将棋界、犯人は上条なのか!?結末は・・・柚月裕子さん『盤上の向日葵』あらすじと感想・解説です。少しだけネタバレあります。天才棋士・上条桂介は殺人犯なのか。魅力的な登場人物、過酷な将棋界、ゴッホの向日葵と狂気、悲しい結末についても書いています。...
一気読み必須のおすすめ小説
面白くて一気読み!【徹夜本・おすすめ小説】2018年に読んだ本面白くて一気読み間違いなし、徹夜本オススメ小説&絵本を厳選しました。切なくて泣けるミステリー小説、アート小説、怖いけどクセになるホラー小説、大人にも読んでもらいたい学べる絵本などについて書いています。...
本と言葉にまつわる小説と絵本
【本好きにオススメ】「本」 と 「ことば」 にまつわる小説&絵本本好きにオススメの「本」と「ことば」 にまつわる小説や絵本を厳選しました。『なかなか暮れない夏の夕暮れ』『本を守ろうとする猫の話』『三月は深き紅の淵を』『熱帯』『囀る魚』『星の民のクリスマス』『真昼の夢』『あるかしら書店』『舟を編む』『図書館の魔女』『ことばのかたち』『言葉屋 言箱と言珠のひみつ』などを紹介しています。...
薬丸岳おすすめミステリー小説
薬丸岳 おすすめミステリー小説 / 迷ったらコレを読もう!薬丸岳さんのおすすめミステリー小説を厳選しました。司法制度を扱った小説といえば薬丸岳さんです。小説の魅力についても書いています。...
ABOUT ME
ひだまりさん。
ゆるりと本をよんでいます。ミステリー、ホラー、SF、ファンタジー、何でもよみます。ほとんど小説、ときどき絵本。→ 詳しいプロフィールはこちら

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA