ミステリー・サスペンス

『北斗 ある殺人者の回心』石田衣良【あらすじと感想】死刑か無期懲役か、複雑な結末

死刑か無期懲役か―。

石田衣良さん『北斗 ある殺人者の回心』
とても読むのが辛かった・・・。苦しくて何度もやめてしまおうと思ったくらいです。しかもようやく読み終わったのに、なんだろうこの複雑な想いは。

少しだけネタバレあります。

『北斗 ある殺人者の回心』あらすじ

孤独の少年を描いた切ない物語。

『北斗 ある殺人者の回心』
おすすめ
かんどう
いがいさ
サクサク

【あらすじ】
孤独な少年・北斗は、両親から虐待を受け、過酷な人生を歩んでいた。やがて里親の綾子に引き取られてからは、平穏な日々を送っていたが、それも長くは続かなかった・・・。

『北斗 ある殺人者の回心』感想

頑張って最後まで読んだのには理由があって。一つはドラマ化されるから。そしてもう一つは北斗の人生が気になったからです。壮絶な虐待を受けて愛されることを知らずに育った少年が一時の愛を知り、そしてそれを失ったとき復讐に走る。そこにはどんな人生があったのか。

あらすじを読む限りでは楽しい人生ではなさそうです。

面白いとは言い難い物語ですが、衝撃過ぎて逆に心に残ってしまうお話でした。ここまで描くのは並大抵ではないんだろうな。石田さんの本は初めて読みましたが、私にとっては衝撃作でした。

ともだちは自動販売機

とにかく苦しくて切ない。

一気読みはできませんでした。読み終わるまでいつもの倍かかってしまったくらいです。・・・こういうことを書くと、これから読もうと思っている方に負荷を与えてしまうかもしれませんね。

前半は主人公の端爪北斗が両親から虐待されるシーンが描かれています。1番読むのが辛かった場面です。父親の至高に虐待され、母親の美砂子は止めるどころか一緒になって繰り返す・・・。壮絶で北斗に同情してしまいます。

切なくて涙したシーンが2つ。

1つは、夜中に北斗が自動販売機に寄りかかるところです。

父と母よりも温かかった自動販売機。

胸がキュッと締め付けられました。北斗は虐待されていることを周りに知られないようにしていたから、親しい友だちもいませんでした。孤独な少年の心を和ませてくれたのは夜の空だったり、光り輝く星だったり、ほのかに温かい自販機だったり。

ともだちは自動販売機。

切なすぎて涙が出てきます。もう一つの感動したシーンは、あとで書きたいと思います。

安らぎ、そして復讐へ・・・

やがて父親の至高が病気で他界し、やっと北斗にも安らぎのひとときが訪れます。里親になる綾子との出会いでした。彼は初めて愛されることと愛することを実感する。・・・でも幸福の時はほんの一時でした。綾子は癌に侵されていたんです。

癌が良くなる波洞水という高額の水を、綾子のために買い続ける北斗。綾子が亡くなった後、彼の怒りは波洞水を作った生田という男に向けられます。それはただの水だった・・・。里親の最後の時をめちゃくちゃにされたことへの復讐を誓いますが、事態は思わぬ展開を迎えます。彼は生田ではない2人の尊い命を奪ってしまう・・・。

彼の人生ってなんなんだろう。

血の繋がった両親には虐待され、この世で1番信頼していた綾子は亡くなってしまう。そして無情にも殺人者になって裁かれようとしています。

丸裸にする裁判

後半は裁判が描かれています。

北斗には同じ里親に育てられた明日実がいて、高井弁護士がいて・・・。読み進めていくと、それでも味方は沢山いることに気づくんです。

最初から最後まで重苦しい物語ですが、殺人を犯してしまった主人公が嫌いにはなれないんですよね。

北斗の心情が痛いほど描かれているからかもしれません。誰にも心を開かず幽霊のようにひっそりと生きてきた彼ですが、周りの人は守ろうとしてくれている。北斗が今まで歩んできた足跡のようなものを感じました。

それにしても裁判は過酷です。彼が隠してきた虐待されていた事実や遺族の声、全てが丸裸にされるんです。そんな中で回心していく彼の心情に心を揺さぶられました。

もう一つの涙したシーン。

彼はずっと、母に愛されたかった。

初めて彼は裁判で心の内を明かしました。これが全てだったんですね・・・。ずーっとそれだけを望んで、でも誰にも言うことが出来なくて。どんなに苦しかっただろうか。最初の虐待を受けたところや自動販売機のところ、その他もろもろのシーンが頭の中を駆けめぐりました。

死刑か無期懲役か

遺族側は死刑を、高井弁護士はそれを阻止しようと奔走します。

死刑か無期懲役か。

初めに「ようやく読み終わったのに、なんだろう・・・この複雑な想いは・・・。」と書きました。それが正直な感想なんですが、どっちに転んでも気分が晴れないんです。

死刑になっても複雑だし、かと言って無期でも殺された2人のことを考えるとそれで良いんだろうかと疑問がわいてしまう。

どちらでも手放しでは喜べません。裁判の判決は書かないでおきますが、読後感は複雑な想いでいっぱいになりました。読み終わったのに心は沈んだままです。辛かったけど、その分たくさん感動をもらえたのも事実。・・・何とも言えない読了感でした。

ABOUT ME
ひだまりさん。
ゆるりと本をよんでいます。ミステリー、ホラー、SF、ファンタジー、何でもよみます。ほとんど小説、ときどき絵本。→ 詳しいプロフィールはこちら

POSTED COMMENT

  1. lime より:

    私も3年前、勧められて北斗を読み始めました。同じようにとても苦しくて、前半でくじけそうになったんですが、最後まで読み切りました。
    養母のあたりでホッとして、けれどそのあと更なる苦悩と、最後の裁判へ至る展開。
    久々にズシリと胸に来る物語でした。
    あの結末は決して晴れ晴れとしたものではないですが、更に読者に追想を与える感じで、こういう物語もいいなと感じました。

    石田先生には昨年と今年、2回お会いする機会があって、小説の話をいろいろしたんですが、私はこの北斗しか先生の著書を読んでいなくて(笑)←他の著書の話が出来ませんでした。
    本書のこと、凄くいろいろ聞きたいことがあったのに、「あの物語を書くのは、すごく胸が苦しかったんじゃないですか?」なんて変な質問をしてしまって。
    先生は、そんな風に苦しい気持ちで(感情移入しすぎて)書くことは無いですよ、と言ってくださいました。うん、それが作家さんなんだな、と、妙に納得したというか。

    ドラマ化されるんですね……。なんだかちょっと見るのが辛そうだけど、キャスティングなど、楽しみです^^

  2. ひだまりさん。 より:

    こんにちは。
    コメントありがとうございます(*^^*)

    limeさんも読んでいたんですね!
    しかも作者の石田さんとお会いしたことがあるなんて、すごい!
    私も石田さんの本、初めて読んだのですがとても苦しいお話でした。
    やはり前半でくじけそうになりますよね。
    でも途中途中、感動する場面もあって涙が止まりませんでした。
    裁判の判決を読んだときは、複雑な気持ちでした。
    無期でも死刑でも、やはりどちらでも晴れ晴れしません。
    でも、だから心に残るのかもしれませんね。
    忘れられない1冊になりそうです。

    作家さんて、書いてる時に感情移入しすぎないものなんですね。
    読む方は、北斗の立場になったり明日実の立場になったりと、自分を置き換えて読んでしまいますが。
    ・・・だから涙が止まらなくなるのかな。

    読む前はドラマ化されるから読もうと思ったんですが、ドラマも苦しそうですよね。
    ・・・でも見てしまいますが(*^^)

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA