ミステリー・サスペンス

『絶叫』葉真中顕 /【あらすじ&感想】衝撃の結末に絶句!WOWOWドラマ原作小説

心の叫びがとまらない!

葉真中顕さん『絶叫』
WOWOWドラマ化予定作品『絶叫』を読みました。葉真中顕さんは初めて読む作家さんです。単行本で500ページ越えと、なかなかボリューミーな1冊でしたが、面白く読み応えがありました。

ひだまりさん。
ひだまりさん。
すさまじいですね。最後は思わず絶叫したくなりました。

少しだけネタバレがあります。

こんな人におすすめ

  • ドラマを見る予定
  • 重いミステリーが好き
  • 切なさを味わいたい

ドラマも楽しみです。途中、切なくて何度も叫びたくなりました。ひとつ間違えれば、自分が陽子になっていたかもしれないという恐怖を感じました。

『絶叫』あらすじ

1人の女の壮絶な物語

『絶叫』
おすすめ
かんどう
いがいさ
サクサク

【あらすじ】
マンションの一室で発見された孤独死体。彼女の名前は、鈴木陽子。女性刑事・綾乃は、調べを進めるうちに彼女の結婚歴に不審を抱く。平凡であったはずの陽子の人生に何があったのか―。

『絶叫』感想 (少しだけネタバレあります)

すさまじい・・・。
鈴木陽子という1人の女性の、転落していく半生を描いたお話でした。読みながら宮部みゆきさんの『火車』を連想しました。

『火車』は、主にクレジットカードによる自己破産で転落していく女性を描いたお話。宮部さんの本の中でも特に好きな1冊です。

『絶叫』は、いろんな要素がこれでもかと盛りこまれています。毒親、ブラック企業、DV、保険金詐欺・・・。ボタンをひとつかけ間違えただけで狂う悲劇。誰にでもおこり得る恐怖を感じました。

ひだまりさん。
ひだまりさん。
主人公が女性だから、なおさらです。

・・・何でそうしてしまうの? とイライラしたり、ちょっぴり共感したり、他人事とは思えなくなるくらい陽子に感情移入してしまう。切なくなりました。

3つの視点

NPO法人 「カインド・ネット」 の代表・神代武が何者かに殺される事件と、鈴木陽子がマンションの一室で孤独死体となって発見されること。

『絶叫』では、2つの事件 が描かれています。いつ繋がるのかなとドキドキしながら読みました。

主に3つの視点が切り替わって進んでいきます。

  1. 女性刑事・綾乃の視点
  2. 「カインド・ネット」 の人たちの視点 (証言)
  3. 誰かが陽子の人生を追っていく視点

刑事・綾乃は、孤独死体で発見された鈴木陽子を調べていく。現在から過去へと遡る作業です。陽子が結婚していた相手が複数人、亡くなっているという事実。これはもしかして、保険金殺人!?

一方、「カインド・ネット」 の人たちの視点では、神代の事件について彼らが警察での取り調べで供述しているシーンが描かれていました。

ひだまりさん。が気になったのは、③ です。必ず、陽子・・・と呼びかけるような描写で始まる誰かの視点。陽子の半生、幼少期から現在・孤独死体で発見されるに至るまでが描かれています。

ひだまりさん。
ひだまりさん。
呼びかけているのは誰なんだろう?

愛しげに 「陽子」 とささやく声の主が誰なのか気になりました。温かいんですよね、陽子を見つめる視線が。初めは母かな?とも思いましたが違いました。最後に明かされます。意外な人物でした・・・。

陽子の転落人生

3つの視点の中でも、やはり陽子の半生が綴られたものが1番 感情を揺さぶられました。誰かの温かい視線とは裏腹に見事なまでの転落人生。

最初は平凡だったはずなのに、どこから狂ってしまったのか。

ひだまりさん。
ひだまりさん。
神代と出会ってしまったときは、すでに転落していました。保険セールスレディに転職したとき? 山崎とダメになったときだろうか。

それとも、あの母の元に生まれたときからすでに狂い始めていたのかもしれません。・・・そう思うと、子どもにとって母の影響はすさまじいなと思わずにはいられません。

毒親の元に生まれ、山崎と結婚するも別れ、ブラック企業に入って枕営業に自爆、デリヘル嬢の果てに神代と出会う。何かが違っていれば、ここまでの転落はなかったかもしれません。

何でこうなるかな・・・と思いつつも、陽子が可哀想になりました。明日は我が身というわけではないですが、同じ女性として危機感を覚えてしまいます。リアルな感じがして恐ろしかったです。

自分の居場所

陽子をみていると共感することもありました。彼女はずっと望み、探し求めていたものがあったんです。それは・・・、自分の居場所でした。

自分の居場所は自分でつくるもの。

そういえば、昔の嫌いだった上司の口癖を思い出しました。的を射ていると言えなくもないのですが、世の中にはきっと陽子みたいに自分の居場所がなくて苦しんでいる人もいるのだと思います。

結局のところ、彼女は ただただ自分の拠り所が欲しかっただけなのではないかと思いました。みんなが普通に持っているはずのものが、彼女には与えられなかった。それを求めてさまよっているうちに落ちるところまで落ちてしまう・・・。

ひだまりさん。
ひだまりさん。
居場所がないって辛い。それがないと、私もたぶん落ち着いて生活できないと思います。

不器用だったんですよね、彼女は。だからホストや神代のような輩に捕まってしまう。自分が病んでいるとき隣で優しくされたら、ひどい男でもなびいてしまう気持ちは分からなくもないけど・・・。

思わず絶叫したくなったシーン

絶叫してしまいそうになったシーンがあります。 エピローグの陽子と母のシーンです。

「生まれたくなんてなかったよ! 選べるのなら、別の家の別の子に生まれたかったよ! せめて男の子に生まれたかったよ!あなたに、愛されたかったよ! それでも―」

そう叫びながら、それでも母に 「ありがとう」 と言った彼女のことばを読んだとき哀しみに包まれました。感謝の気持ちを持ちながら彼女のしたことは・・・。

ひだまりさん。
ひだまりさん。
不意に出てしまった言葉には母への愛と、転落していった人生ですが楽しいこともあったと信じたい。

彼女のその後と衝撃の結末に絶句

2つの事件と3つの視点が、1つに繋がっていく。ラストに絶句しました。どうやら、陽子は自分の居場所を見つけたようです。

注意深くよむとわかるのですが、綾乃は捜査する中で彼女に会っているのですね。

ミス・バイオレット。
朝焼けのすみれ色を見て、陽子は決意しました。私の嫌いな上司の言葉どおり、自分の居場所を自ら作った・・・。

ひだまりさん。
ひだまりさん。
「誰にとっても居場所になるような・・・」 そんなことを願う彼女は、きっと心が優しい人。

罪を償って、新たに人生をスタートさせて欲しいなと思いました。

ABOUT ME
ひだまりさん。
ゆるりと本をよんでいます。ミステリー、ホラー、SF、ファンタジー、何でもよみます。ほとんど小説、ときどき絵本。→ 詳しいプロフィールはこちら
こちらは読んだ?

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA