ミステリー・サスペンス

『神様の裏の顔』藤崎翔 【あらすじと感想】聖職者か、犯罪者か?

彼の裏の顔は、果たして存在するのか?

藤崎翔さん『神様の裏の顔』感想。
二転三転する展開が面白く、後半は一気に読んでしまいました。坪井先生には二面性がある・・・?普段はとても優しい人がまったく別の「顔」を持っていたら・・・。リアルにありそうで少し怖かったです。

『神様の裏の顔』あらすじ

第34回横溝正史ミステリ大賞受賞作

『神様の裏の顔』
おすすめ
かんどう
いがいさ
サクサク

【あらすじ】
坪井誠造の通夜に参列する、かつての教え子たち。彼らが坪井を偲んだとき、想像もしなかった新たな顔が見え隠れし・・・。

『神様の裏の顔』感想

神様のような清廉潔白な坪井先生が亡くなり、お通夜の席で展開されるお話です。そこに集まった7人の男女が故人を偲んでいるうちに話は妙な方向にズレていきます。

坪井先生は もしかしたら、とんでもない犯罪者ではないのか!?

彼の裏の顔は 果たして存在するのでしょうか?

疑惑

読経、焼香、喪主挨拶、通夜ぶるまい、控室・・・。お通夜というのは亡くなった故人を偲ぶ場ですが、思い出に浸っているときにある疑惑がわきあがってきます。

まさか、みんなに慕われていた先生が殺人犯!?

それも疑惑は1つではありませんでした。次から次へとでてきます。まとめてみるとこんな感じです。

疑惑
  • 溝口竜也 (高1) が自殺に見せかけられ転落死
  • 菅野少年 (小5) が夜の公園で頭を殴られる ・根岸智史くん (16) の乗ったバイクが、道路に張られたロープに引っかかり転倒
  • ストーカー被害
  • 白子海岸の臨海学校で林くん (小6) が水死
  • 香村正男さん (75) が神社の階段から落ちて転落死

それぞれが事故だと思っていた事件です。同僚の教師にも教え子にもアパートの住人にも慕われていた主人公。でも彼の回りでは不可解な事件が起こっていました。彼は白かそれとも黒なのか?

『神様の裏の顔』は二転三転する展開がすごかった

おすすめポイント

『神様の裏の顔』の面白いところは、内容が二転三転するところにあります。

三谷幸喜さんの舞台『12人の優しい日本人』を思わせるような物語でした。(陪審員裁判のお話で、被告が無罪になったり有罪になったりするやつです)

状況証拠しかない中で話し合いは加速していきます。黒になったり白になったり・・・。その展開にはひきこまれました。

すべてが繋がっていく瞬間。途中までは先生がとても怪しく、なんか展開読めてきたな・・・と思っていたら見事にひっくり返されました。それにもビックリしましたが、まだページがけっこう残ってる・・・と思っているとラストにまたひっくり返るんですよね。

ひつじくん。
ひつじくん。
この展開はすごいね。
ひだまりさん。
ひだまりさん。
そうだね。でももう少しシンプルな方が私は好きかも。

絶妙なユーモアセンス

作者の藤崎さんは元芸人さんです。

ユーモアセンスを感じるところがありました。
初めてお通夜に行った本書の登場人物、寺島悠。彼の勘違いに思わず笑ってしまいました。「通夜ぶるまい」を聞き間違えてしまった彼。

ひだまりさん。
ひだまりさん。
「艶ブルマ」って・・・(笑) ミステリーとユーモアが絶妙なバランスの小説ですね。

それぞれの顔

『神様の裏の顔』は 人の持つ2面性を上手くミステリーに取り入れた作品でした。

表と裏。
私もたぶん、いろんな顔を使い分けています。職場の顔、友達の顔・・・。全部同じでいられれば楽なんでしょうね。

一つは神様のような面でもう一つは悪魔のような面・・・というふうに極端に違ったらちょっと怖いです。まったく別人のように見えて、でも同じ人物。・・・ある意味この本は人の本質を描いているのかもしれません。

こちらもオススメ

同じく二転三転する展開が面白かった小説です。

『十二人の死にたい子どもたち』冲方丁【あらすじと感想】安楽死を求めた子どもたち冲方丁さん『十二人の死にたい子どもたち』小説のあらすじと感想です。少しだけネタバレあります。登場人物と映画のキャストをまとめました。結末、サトシの思惑にビックリしました。...
ABOUT ME
ひだまりさん。
ゆるりと本をよんでいます。ミステリー、ホラー、SF、ファンタジー、何でもよみます。ほとんど小説、ときどき絵本。→ 詳しいプロフィールはこちら

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA