経済・警察小説

『石の繭 警視庁殺人分析班』麻見和史【あらすじと感想】執念の復讐と予想外の結末

執念の復讐と予想外の結末。

麻見和史さん『石の繭 警視庁殺人分析班』
WOWOWにてドラマ化されました。。主演は 木村文乃さん。他にも 青木崇高さんや、渡辺いっけいさんなど豪華キャストです。小説もドラマも ドキドキの連続でした!

少しだけネタバレあります。

『石の繭』あらすじ

きっとラストに驚愕する!!

『石の繭』
おすすめ
かんどう
いがいさ
サクサク

【あらすじ】
モルタルで固められた変死体が発見された翌日、犯人から警察に電話が入る。交渉相手に選ばれたのは、女性刑事・如月塔子だった。

『石の繭』感想

ラストのどんでん返しが凄い!!あいた口が塞がりませんでした。

復讐に燃える犯人

ページをめくる手が止まりませんでした。主人公である如月塔子は身長152cmの小柄な女性警察官。

小さくて可愛らしい彼女の勤務先は、殺人事件を担当する捜査一課です。女性刑事さんというと誉田哲也さんの姫川さんが思い浮かびますが、全く違うタイプの刑事さんでした。

私も背が小さい方なので愛着が湧きます。

彼女が「トレミー」と名乗る犯人と電話のやりとりをするシーンは緊張感が漂ってきました。

突然の犯人からの電話・・・。緊張の瞬間です。

トレミーの目的とは何なのか。

ただ目立ちたいだけ? 私も一緒に推理をしながら読み進めていきました。そこには復讐に燃える犯人の哀しい過去と、ある事件が絡んでいたんです。

石膏で再現した人の形

気になったことがありました。

イタリアのナポリ近郊にある古代都市ポンペイで実際に起こったことです。

西暦79年8月24日、イタリアのヴェスヴィオ火山が噴火し、その火砕流で12,000人もの人々が生き埋めになってしまったという悲惨な歴史があります。後に発掘されることとなるのですが、生き埋めになった人たちの遺体部分だけが腐ってなくなり、火山灰の中に空洞ができていたそうです。そこに石膏を流して、当時の人の様子を再現したとされています。

思わずネットで検索して写真などを見たのですが、逃げ惑う人たちの様子や恐怖が伝わってきて、なんとも言えない気持ちになりました。・・・そんなことがあったなんて知らずにいた私は衝撃を受けたわけです。

『石の繭』には、最初の事件現場に犯人が置いていったと思われるプリントがありました。それが「大ポンペイ展」のプリントです。如月さんと先輩の鷹野刑事はそれを調べ始めます。

この本のタイトルは、石膏で作った人の形が繭のように見えるということからきているようですね。

予想外の結末

半分くらい読むと犯人が分かってしまうんです。あら、呆気ないわ・・・と思っていると衝撃の展開に目を見張ってしまいます。いろんなところに伏線が張り巡らされ、最後に全部繋がっていく。その展開が凄かったです。

この犯人は知的過ぎる。

警察までも翻弄される復讐劇でした。トレミーはあの人だったのかぁ・・・。執念を感じました。

個性的な仲間たち

たくさんの登場人物がでてきます。如月さん初め思いやりのある仲間たち。

それぞれが個性的な趣味を持っているようでいて、ちゃんと理由があった。そんな先輩に支えられている主人公が成長していく姿は微笑ましかったです。

小さいことがコンプレックスの彼女。それも魅力の一つです。可愛らしい刑事さんでした。

ABOUT ME
ひだまりさん。
ゆるりと本をよんでいます。ミステリー、ホラー、SF、ファンタジー、何でもよみます。ほとんど小説、ときどき絵本。→ 詳しいプロフィールはこちら

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA