ホラー・オカルト

『Another』綾辻行人【あらすじと感想】いるはずのない誰か

“もうひとり” は、あなたの隣にいる。

綾辻行人さん『Another』
けっこうなボリューム。映画化、アニメ化もされているんですね。

・・・実はけっこう前に読んでいたのですが、ずっとレビューを書いた記事を寝かせていました (*^^*ゞ やっとお披露目です。

『Another』あらすじ

“死者” は誰なのか?

『Another』
おすすめ
かんどう
いがいさ
サクサク

【あらすじ】
1998年の春。夜見山北中学に転校してきた榊原恒一は、クラスの雰囲気に違和感を覚える。まるで何かに怯えているような・・・。そんな中、クラス委員長の桜木ゆかりが凄惨な死を遂げた。いったい、何が起こっているのか? 呪われたクラス。それは26年前、ある「善意」から生まれた―。

『Another』感想

ホラー。紛れもなく学園ホラーです。こんな 「呪い」 があったらイヤだなぁ。ありえないんだけど、怖くて面白くて読むのを止められませんでした。

あの人が “死者” !?

ほんとうに意外な人物で、声をあげそうになってしまいました。・・・そう繋がるのね。

三年三組の呪い

夜見山北中学に転校してきた主人公・榊原恒一が感じたクラスの違和感。

みんな何かに怯えている?

何となくイヤな感じです。夜見山北中学三年三組には、ある “呪い” があったんです。それが初めの方では、なかなか明かされず (恒一に知らされず) ・・・なので、読んでいる私も何となくモヤモヤなままで読み進めました。

ひだまりさん。
ひだまりさん。
いったい、このクラスには何があるの?

もう一つ、前半で気になったことがあります。

ミサキ・メイ。彼女は存在しているのか?

ミサキ・メイは存在するのか

見崎鳴は、同じクラスの女の子です。恒一の中では彼女はちゃんと存在していますが、他の生徒や担任の先生は、まるで存在していないかのように接していました。

ひょっとして幽霊?

・・・まぁ、中盤で彼女は ちゃんと存在していることが分かるのですが、メイの机だけ古かったり、クラスの中では存在していないふうに振る舞われていたりして、ちょっとドキドキしちゃいました。

ひだまりさん。
ひだまりさん。
これも全て “呪い” が関係している。・・・怖いわ。

止まらない死の連鎖

この小説では次々と人が死んでいくんです。

これも “呪い” のせいなんですが。どうやら今年の三年三組には、いるはずのない誰かが紛れこんでいるらしい・・・。そしてその誰かは、死んでいるはずの人。

“死者” は 誰なのか。

後半はそれが気になり一気に読んでしまいました。意外な人物です。そして華麗なトリック。綾辻さんはトリックが上手いですね。以前に読んだ『十角館の殺人』に続き、またしても騙されました。

ひだまりさん。
ひだまりさん。
・・・でも根本的な問題は解決していない気がするのですが?

この年はとりあえず連鎖は止まったとして、でもそのうち 「ある年」 はやって来るわけで・・・。その年がきたら、また同じことを繰り返すのか・・・。うーん、、、と考えてしまいました。

ハマる怖さ

グロいのが苦手・・・ということで、綾辻さんの本は避けていたのですがグロくない!!

この怖さにハマります。

でもそれだけではないんですよね。伏線の回収だとか、トリックだとかが見事。表紙が少し怖くて・・・中身もやっぱり怖いけど、やめられない面白さがあります。

ABOUT ME
ひだまりさん。
ゆるりと本をよんでいます。ミステリー、ホラー、SF、ファンタジー、何でもよみます。ほとんど小説、ときどき絵本。→ 詳しいプロフィールはこちら

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA