ホラー・オカルト

『十角館の殺人』あらすじ・感想文|犯人はだれ?衝撃的な結末|綾辻行人

この記事に書かれていること
  • 綾辻行人さん『十角館の殺人』あらすじと感想文
  • 「十角館」で繰り広げられる殺人劇
  • 死者からの告発文
  • 犯人の動機
  • 『十角館の殺人』魅力

少しだけネタバレあります

このトリック、見破れるのか?

綾辻行人さんの小説『十角館の殺人』感想です。「館」シリーズは学生のころ何冊か読んでいて、再読しました。

華麗なトリックと、衝撃の結末です。

ひだまりさん。
ひだまりさん。
犯人が分かったところで声をあげちゃった。

『十角館の殺人』あらすじ

このトリック、見破れるのか?

あらすじ

大学ミステリ研のメンバーが訪れたのは、十角形の館がある孤島・角島。やがてそこで壮絶な殺人劇が繰り広げられる・・・。犯人は誰なのか?

『十角館の殺人』ネタバレ感想文

『十角館の殺人』は、アガサ・クリスティ『そして誰もいなくなった』のオマージュ的な作品。

大学ミステリ研の7人が訪れた角島「十角館」で壮絶な殺人劇が繰り広げられます。

「十角館」でくり広げられる殺人劇

「十角館」を訪れる登場人物は7人です。

登場人物
  • エラリイ
  • ルルウ
  • ポウ
  • ヴァン
  • カー
  • アガサ
  • オルツィ

・・・カタカナ。でも彼らはれっきとした日本人で、お互いをあだ名で呼んでいるんですよね。

ひつじくん。
ひつじくん。
なんだか、ややこしい。

最後になると、なるほどと納得するのだけど。してやられた感、満載でした。

外部と連絡が取れない状態の角島「十角館」で、彼らは数日を過ごす。次々と起こる殺人が怖かったです。

内部犯か、それとも外部犯か?

犯人も動機も分からない状態で友だちを疑うのは、ギリギリの精神状態ですね。一気読みでした。

ひだまりさん。
ひだまりさん。
犯人と動機が知りたくて、うずうずしたよ。

死者からの告発文

面白かったのは、島に行った7人と並行して本土でくり広げられる推理劇も描かれているところ。

元ミステリー研の江南のところに1通の告発文が届きます。差出人は中村青司。「十角館」を建ててそこに住み、事件を起こして死んだはずの人でした。

江南は、島田、守須とともに過去の事件について調べ始めるのだけど・・・。

ひだまりさん。
ひだまりさん。
もしや、中村青司は生きている!?

島と本土とが交互に描かれているから恐怖が和らぐというか、そこまで怖さを感じずに読むことができました。程よいバランスですね。

最後には全てが繋がって、スッキリします。

犯人の動機

犯人の動機は「復讐」・・・ということになるのかな。唯一、違和感を感じたところです。

6人を殺す動機としては弱いんじゃないかな。こんなことで?・・・というかんじでした。

ひつじくん。
ひつじくん。
こんなことで人がバタバタと殺されたらたまったもんじゃない。

華麗なトリックに騙される&衝撃の結末

『十角館の殺人』1番の魅力は、華麗なトリックに騙されること。

犯人が分かった瞬間、思わず声をあげてしまう人、多いでしょうね。ページを戻って確認したくなりました。・・・衝撃の結末です。

「十角館」という文字どおりの十角形の館というのもミステリー感があって面白いですね。

ひだまりさん。
ひだまりさん。
他の「館」シリーズも読みたくなったよ。
Kindle本を読むなら

Kindle Unlimited(キンドルアンリミテッド)もおすすめ。Amazonが提供している書籍読み放題サービスです。

  • 200万冊以上が読み放題(小説やビジネス書、雑誌、コミックなどいろんなジャンルが対象)
  • お好きな端末で読める
  • 30日間の無料体験あり(初めてご利用の方。期間終了後は月額980円)

公式ページ

私も愛用しているKindle端末はこちら→Kindle Paperwhiteレビュー・メリットとデメリット|読書が快適になるアイテム

『Another』あらすじ・ネタバレ感想文|いるはずのない誰か|綾辻行人綾辻行人さんのホラー小説『Another』あらすじと感想です。少しだけネタバレあります。三年三組の呪い、ミサキ・メイは存在するのか、死の連鎖について書いています。...
一気読み必須のおすすめ小説
面白くて一気読み!徹夜本・おすすめ小説|ミステリー、SF、ホラー作品面白くて一気読み間違いなし、徹夜本オススメ小説&絵本を厳選しました。切なくて泣けるミステリー小説、アート小説、怖いけどクセになるホラー小説、大人にも読んでもらいたい学べる絵本などについて書いています。...
【貴志祐介おすすめ小説】迷ったらコレを読むべき!間違いなく面白いホラー小説6選貴志祐介さんのホラー小説の中で特にオススメを厳選しました。怖すぎるサイコパスもの、切なくて泣ける小説、面白すぎた長編SFなどをご紹介。簡単なあらすじと感想も書いています。...
薬丸岳おすすめミステリー小説
【薬丸岳】おすすめミステリー小説|迷ったらコレを読もう!薬丸岳さんのおすすめミステリー小説を厳選しました。司法制度を扱った小説といえば薬丸岳さんです。小説の魅力についても書いています。...
こちらは読んだ?