ホラー・オカルト

『十角館の殺人』綾辻行人【あらすじと感想】犯人はだれ? 華麗なトリックと衝撃的な結末

このトリック、見破れるのか?

綾辻さんの 『十角館の殺人』
「館」 シリーズは学生のころ何冊か読んでいるのですが、また読みたくなり再読しました。内容、全く覚えていなかったー。犯人が分かったところで、なぬっ!?・・・と声をあげてしまいました。

面白い。

『十角館の殺人』あらすじ

このトリック、見破れるのか?

『十角館の殺人』
おすすめ
かんどう
いがいさ
サクサク

【あらすじ】
大学ミステリ研のメンバーが訪れたのは、十角形の館がある孤島・角島。やがてそこで壮絶な殺人劇が繰り広げられる・・・。犯人は誰なのか?

学生のころ読んだ時にも、同じところで声をあげていたような気がします。綾辻さんの手腕には頭が下がる。トリックだけでなくて、ストーリーも引き込まれるからサクサク読めてしまうんです。

『十角館の殺人』感想

本書は、アガサ・クリスティ『そして誰もいなくなった』のオマージュ的な作品です。大学ミステリ研の7人が訪れた角島 「十角館」 で壮絶な殺人劇が繰り広げられます。

「十角館」 で繰り広げられる殺人劇

「十角館」 を訪れる登場人物は7人です。

主な登場人物

エラリイ、ルルウ、ポウ、ヴァン、カー、アガサ、オルツィ

・・・カタカナ。でも彼らはれっきとした日本人で、お互いをあだ名で呼んでいるんです。

なんだか ややこしい。

・・・と思いながら読んでいたのですが、最後になると、なるほどね。と納得してしまいました。してやられた感 満載です。外部と連絡が取れない状態の角島 「十角館」 で彼らは数日を過ごすわけですが、次々と起こる殺人に恐怖を感じます。

第1の殺人が行われ、犯人も動機も分からない状態で友だちを疑う。ギリギリの精神状態ですね。後半に行くにつれてドキドキが止まりませんでした。犯人とその動機が知りたくてうずうずしてしまいます。

内部犯? それとも外部犯?

過去に読んだのに、うろ覚えどころか何も覚えていない ひだまりさん。 一気読みでした。

死者からの告発文

この小説 面白いなと思うのは、島に行った7人と並行して本土で繰り広げられる推理劇も描かれているところです。

元ミステリー研の江南のところに1通の告発文が届きます。

差出人は中村青司となっていました。「十角館」 を建ててそこに住み、そして事件を起こして死んだはずの人です。江南は、島田、守須とともに過去の事件について調べ始めるのですが・・・。

もしや中村青司は生きている!?

島と本土とが交互に描かれているからか、恐怖が少しだけ和らぐというか、そこまで怖さを感じずに読むことができました。程よいバランスですね。

そして最後には全てが繋がる。スッキリします。

犯人の動機

犯人の動機は 「復讐」 ・・・ということなんでしょうね。唯一、ひだまりさん。が違和感を感じてしまったところです。こんなことで人がバタバタと殺されたらたまったもんじゃない。6人を殺す動機としては、ちょっと弱いんでないかなと思いました。こんなことで?・・・というかんじです。

華麗なトリックに騙される

『十角館の殺人』の一番の魅力は、華麗なトリックに騙されること。

犯人が分かった瞬間、思わず声をあげてしまう人、きっと多いと思うんです。そしてページを戻って確認したくなる。衝撃を受けました。

それから 「十角館」 という、文字どおりの十角形の館というのもミステリー感があって面白いですよね。これも魅力。他の 「館」 シリーズも読みたくなってしまいます。

でも学生の頃に読んだとき、「館」 シリーズのどれか忘れたのですが、グロい描写があってそれで読むのをやめたんですよね、確か。『十角館の殺人』は あまりグロくなくて良かったです。

ABOUT ME
ひだまりさん。
ゆるりと本をよんでいます。ミステリー、ホラー、SF、ファンタジー、何でもよみます。ほとんど小説、ときどき絵本。→ 詳しいプロフィールはこちら

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA