スキマ時間に・・・

「ナベちゃんのヨメ」 辻村深月 / きっと思い当たることがある。心がザワザワする物語。

心がザワザワする短編集。

辻村深月さん『噛みあわない会話と、ある過去について』
4つの短編集です。それぞれ過去が描かれていました。救われるか後悔するかは、あなた次第・・・。ヒヤリとしますね。

今回から4回に渡り、それぞれのレビューを書いていきたいと思います。第1回目は、「ナベちゃんのヨメ」 です。

少しだけネタバレあります。

『噛みあわない会話と、ある過去について』あらすじ

「過去」に向きあう彼女たちの物語

『噛みあわない会話と、ある過去について』
おすすめ
かんどう
いがいさ
サクサク

【あらすじ】
「過去」に向きあう彼女たちを描いた短編集。

「ナベちゃんのヨメ」 感想

「ナベちゃんのヨメ」 を読んで、ヒヤリとしてしまいました。こんな人いるよね、、、と。過去を思い返してしまいます。

友達以上、彼氏未満

ナベちゃんは、友達以上、彼氏未満の男の子。

ひだまりさん。
ひだまりさん。
いるなぁ・・・。友だちとしては良いのだけれど、なんとなく恋愛対象からは外してしまう男子。

・・・なんででしょうかね?
そんなナベちゃんが結婚をするらしい。そして、彼のヨメが どうやらヤバイらしい・・・といったお話です。

ヒヤリとした理由

ナベちゃんのヨメがどうヤバイのかは、ここでは触れません。(←気になる方は本を読んで下さいませ)

この1話を読んで、ひだまりさん。は、過去に関わった人を思い出しました。

その人をひとことで言うなら、都合の良い人。

むかし付き合っていた彼のお友だちです。今は彼らとの付き合いはないので、どこでどうしているのやら知りませんが。

「ナベちゃんのヨメ」 に書かれている言葉が次々と胸に刺さりました。

ヒヤリとした理由

私と彼のお友だちの関係に、そのまま当てはまってしまうような気がしました。・・・私事ですので詳しくは書きませんが、ちょっと反省。

ひだまりさん。
ひだまりさん。
楽しかったけど、苦い過去です。

心がえぐられた瞬間

この1話で描かれている “ナベちゃん” も、周りの女の子からすると、都合の良い男の子。

本当は彼女が欲しかったけど、誰もナベちゃんとは付き合わなくて、最後まで恋人未満でした。・・・誰も本気で彼と向き合おうとはしなかった。

主人公の佐和の言葉に、胸がザワザワしました。

人の嫁を嗤う権利は、私たちにない。

嫁がヤバかろうが、ナベちゃんは今、幸せだから。だれ一人、本気で彼と向き合おうとしなかった彼女たちに嗤う権利なんてない。

・・・辻村深月さんは、こういう女性心理が抜群に上手いですね。イヤーな余韻を残しますが、リアルに心がえぐられる。

救いか後悔か

救われるか後悔するかは、あなた次第

ひだまりさん。は、後悔でした。
・・・でも、過去のことも今となっては良き思い出。

『噛み合わない会話と、ある過去について』他のレビューはこちらから。

ABOUT ME
ひだまりさん。
ゆるりと本をよんでいます。ミステリー、ホラー、SF、ファンタジー、何でもよみます。ほとんど小説、ときどき絵本。→ 詳しいプロフィールはこちら

POSTED COMMENT

  1. ボオ より:

    お久しぶりです。

    4つの短編は、どれも痛みを感じてしまい、充分な読み応えでした。
    この短編で登場するナベちゃんの嫁さんですが、振り回されるので、周りの人には迷惑でしょう。でもナベちゃんにとっては、違ったんですねー。あ···彼女もナベちゃんもスゴいかもって思っちゃいました。
    素直なハッピーエンドでなくても、読んでみて良かったです。それでは。

  2. ボオさん、お久しぶりです。
    コメントをありがとうございます (^ ^)

    苦い4編でした。ついつい、自分と照らし合わせて読んでしまいます。短編だけど読み応えがありましたね。

    ナベちゃんの周りの女の子たちからすると不愉快なのかもしれませんが、彼女たちに嗤う権利なんてない・・・っていうのがグサリときました。でもナベちゃんも嫁もなかなかすごいですね。少し苦笑いです ^_^;

    ずっと幸せでいてくれたら良いですが・・・。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA