スキマ時間に・・・

「ママ・はは」 辻村深月 / こういう母親、いるかも・・・。噛み合わない親子

噛み合わない親子

辻村深月さん『噛みあわない会話と、ある過去について』より、第3回目のレビューは、「ママ・はは」 です。
こちらはホラー感が強い1話でした。

少しだけネタバレあります。

『噛みあわない会話と、ある過去について』あらすじ

「過去」に向きあう人物たちを描いた4つの物語

『噛みあわない会話と、ある過去について』
おすすめ
かんどう
いがいさ
サクサク

【あらすじ】
「過去」に向きあう人物たちを描く辻村深月さんの短編集。

「ママ・はは」 感想

怖い。・・・で、結局、前の母はどうなったの? 想像するのも怖くて想像したくなくなりました。

母の影響力

こういう母親、いるかもと思いました。

真面目な母親。悪い人ではないんだけど、ちょっとズレている。そしてズレていることに本人はまったく気づかない。

世渡り上手になるには、やはり建前も必要かなと思います。でもこういう人、嫌いじゃないです。

ひだまりさん。
ひだまりさん。
子どもが受ける母の影響は大きいですよね。

家を守っている絶対の存在であり、母の常識がその家のルールであり・・・。他人からみて非常識なことでも、それが母の常識であるならば、子どもにとっても常識になってしまう。

母の影響力はすさまじい。
でも、それで様々な人がいるわけだから、面白いなとも思います。

噛み合わない自分と相手

ここでは噛み合わない親子が描かれています。

スミちゃんと、スミちゃんのお母さんです。

基準は自分。お洋服や食べ物に興味がなかったとしても、自分の子どもも同じだとは限らない。

少しだけ余談。

ここの部分を読んだとき、反省する私がいました。・・・ひだまりさん。は 母ではないので、仕事のことです。

自分を基準として考えてはいけない。

例えば、仕事には、A→B→C→D・・・といった流れがありますが、時には A→A’→B→B’・・・ というようなことを求めてしまうことがあります。A ができたなら、A’ も出来るよね・・・ってゆうか、気づいてと。

でもそれって、違うのかなと反省。私は出来るからと、完全に自分を基準としていました。教えない限りは求めてはいけない。

ひだまりさん。
ひだまりさん。
教えることって、なかなか大変だけど良い経験になっています。

スミちゃんの願い

噛み合わない親子

親子がすれ違ってしまうのは、なんだか悲しくなります。スミちゃんの願いに胸が痛みました。

どこかに本物の優しい、子どもの話もちゃんと聞いてくれるような母親がいて、今の母が継母だったならいいのに

完全に噛み合っていない親子。母は自分の考えを子に押し付け、子はそんな母に嫌気がさしています。

ひだまりさん。
ひだまりさん。
血が繋がっているのに分かり合えていない・・・。

後半、1枚の写真 (成人式の着物) の下りを読んだときは、ファンタジー?と思いましたが、これはホラーですね。真面目な母が一転、友だち親子のような可愛い母に変わっています。

なぜ 母は変わったのか。『ママ・はは』を読んで想像してみて下さいませ。

後味がホラーな1話

「ママ・はは」 だけ少し異色な物語でした。後味はホラーです。子どもは母を選べない。母から受ける影響は大きいですね。

でも面白いと思うのは、しっかりしていない母の子どもは逆にしっかりしていたりと、正反対の性格に育ったりもする。(←ひだまりさん。の周りの話です)

そうやって、欠けているところは補えるように育つんだなと思う今日この頃です。

『噛み合わない会話と、ある過去について』他のレビューはこちらから。

ABOUT ME
ひだまりさん。
ゆるりと本をよんでいます。ミステリー、ホラー、SF、ファンタジー、何でもよみます。ほとんど小説、ときどき絵本。→ 詳しいプロフィールはこちら

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA