ミステリー・サスペンス

『沈黙法廷』佐々木譲【あらすじと感想】彼女は淑女か悪女か―。真実と裁判の結末は・・・

裁判

彼女は白か黒か―。

佐々木譲さん『沈黙法廷』
佐々木譲さんの長編、法廷小説です。WOWOWにてドラマ化されました。主演は永作博美さん。

これまで佐々木譲さんの小説を映像化して良かった試しがないんですよね・・・。原作とはかなり違っていたりして、残念な感じなのが多いんです。でも今回はWOWOWとのことなので、たぶん大丈夫かな? 見てないのですが。

少しだけネタバレあります。

『沈黙法廷』あらすじ

最後まで目が離せない! 沈黙の理由とは―。

『沈黙法廷』
おすすめ
かんどう
いがいさ
サクサク

【あらすじ】
家事代行業の女、山本美紀の周りで続く複数の不審死。警察は彼女を追うが・・・。果たして彼女は白か黒か? 全ては公判で明かされる。

『沈黙法廷』感想

『沈黙法廷』は、そのタイトルからも想像できるのですが、裁判に重きを置いた小説になっています。

特に後半は、本当の裁判を傍聴しているような臨場感が味わえる!!

警察の捜査と裁判での証言が ところどころ被っていたのには、うーん・・・と思いましたが、展開が面白かったです。

法廷で明かされる被告の人生

法廷って人の人生が全て暴かれるところなんですよね。

裁判の傍聴には行ったことがないのですが、裁かれている被告の人柄、過去の生い立ち、そして犯しているかもしれない罪が検察官によって晒されるのには、つい背筋が伸びました。

ここで罪に問われているのは、家事代行業の女、山本美紀です。

東京・赤羽で起きた初老男性の殺人容疑。検察官の奥野豪の訴えを聞くと、被告人怪しい・・・となり、弁護士である谷田部完の弁護を聞くとまた分からなくなる。

彼女は黒か、白か―。

後半の裁判の場面が1番の読みどころです。けれど彼女の過去や人生が明らかにされるにつれて胸が重たくなってきました。・・・こういう雰囲気も、佐々木譲さんは上手いなと思います。警察小説とはまた違った面白さがある。読みながら緊迫感が味わえました。

迷走する警察捜査

前半は捜査の過程や容疑者を絞り込み逮捕までの過程が警官目線で描かれています。

主に赤羽署、伊室刑事の目線で。そして浮かぶ1人の容疑者。被害者宅に出入りしていた家事代行業の女、山本美紀です。

その頃、埼玉県警でも過去のある事案に彼女が関わっているかもしれないとの線が濃厚になってきて・・・。警視庁と埼玉県警が競うように捜査を進めていく過程に、ちょっと不快感を抱きました。

大丈夫か、警察・・・。

体裁を保つために起訴してしまうんです。彼女が犯人だと確たる証拠もないのに・・・。迷走する警察捜査が描かれていました。

結局、埼玉県警が逮捕した彼女は不起訴。そして次は 赤羽で起きた老人殺害の犯人として、警視庁が彼女を逮捕します。

二つの事案に彼女は関わっているの?裁判の行方が気になります。

首都圏連続不審死事件を思わせる展開

ところで、この物語は 高見沢 弘志が恋人・中川綾子とフェリー乗り場で待ち合わせしている場面から始まります。でも彼女は来ない・・・。そして姿を消してしまいます。

最初のプロローグのようなこの数ページが、今後どう関わってくるのかと、それも気になりながら読んでいました。

ここで描かれている中川綾子という幽霊のような女性。そして起訴された山本美紀が関わっているとされている事件を読んでいくと、自然と過去に起きた首都圏連続不審死事件が思い浮かびます。

『沈黙法廷』はどうやら、あの事件を参考に描いたようですね。本書にも何度か 「首都圏連続不審死事件」 という言葉がでてきて、私もそう言えばと連想しちゃいました。

沈黙する被告、その真意は・・・

注目の法廷シーンは、高見沢 弘志の視点で描かれています。

傍聴人目線として。・・・だから読み手もリアルに裁判を傍聴している気になる。判決が出るまではドキドキでした。

唐突に、山本美紀が黙秘するシーンがあります。何を聞いても黙秘。彼女の心境に何があったのか?

沈黙を貫く彼女が守りたかったもの。それは・・・。

彼女は 有罪か無罪か

彼女は 有罪か無罪か。

最後まで目が離せません。結末も気になることながら、検察官と弁護士のやりとりに凄まじさを感じました。

人生が丸裸にされてしまう裁判って恐ろしい。

法廷には立ちたくないものです。

ABOUT ME
ひだまりさん。
ゆるりと本をよんでいます。ミステリー、ホラー、SF、ファンタジー、何でもよみます。ほとんど小説、ときどき絵本。→ 詳しいプロフィールはこちら

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA