ミステリー・サスペンス

『青の炎』あらすじ・ネタバレ感想文|壊れていく心と孤独な闘い|貴志祐介

この記事に書かれていること
  • 貴志祐介さん『青の炎』あらすじと感想文
  • 緻密な作戦
  • すさんだ心
  • 守られるべきはずの存在
  • 切ない結末

少しだけネタバレあります。

切なすぎる殺人者―。

貴志祐介さんの小説『青の炎』感想です。これは切なくて悔しい。二宮くんが主演の映画にもなっていますね。映画は見ずに本を読みました。最後は悲しかったです。

ひだまりさん。
ひだまりさん。
私が感じた「切なさ」について、本書の内容を交えながらのレビューだよ。

『青の炎』あらすじ・評価

きっと切ない殺人者に涙する

あらすじ

秀一は、母と妹と3人で幸せに暮らしていた。そんなある日、かつて母の夫であった曾根が現れた。幸せな時間は壊される。警察も法律もあてにはならないと思った秀一は・・・。

『青の炎』ネタバレ感想文

こんなにもせつない殺人者がかつていただろうか―

映画のキャッチコピーになっている言葉。「せつない殺人者」とは、主人公の秀一を指しています。

ひだまりさん。
ひだまりさん。
みんな本を読んだ後に感じるのは「切なさ」なんじゃないかな。

どの部分にそれを感じるのかは読み手によって違ってきそうです。殺人を犯してしまったことなのか、その後の彼の様子に対してなのか、彼の周辺の人物に対してなのか・・・。

ひつじくん。
ひつじくん。
切なさのオンパレードだね。

緻密な作戦

『青の炎』は殺人を犯す17歳の少年を描いています。

緻密に計画をたてる彼は、とても不安定で危うさを感じました。2人の命を殺めてしまうのです。

ある日突然現れた闖入者・曽根隆司。母のかつての再婚相手です。酒びたりで暴力をふるう最低な男でした。殺したくなる主人公の気持ちもわからなくはないけど・・・。

秀一がたてた緻密な計画 「電撃作戦(ブリッツ)」

ひだまりさん。
ひだまりさん。
悲しいことに成功してしまうんだよね。

でも完全犯罪なんてありえない。一部始終を幼馴染みの石岡拓也に見られていました。

やむなく「スティンガー」と名づけた計画をねり始める秀一。徐々に壊れはじめる彼を見ていると悲しくなりました。

秀一のすさんだ心

2つの犯罪を犯した主人公の心はすさんでいきます。罪悪感、いつ捕まるかもしれぬ恐怖を感じながら・・・。

ひつじくん。
ひつじくん。
まだ17歳の少年なんだよね。

守られるべきはずの存在なのに、1人で背負ってしまって。もう後戻りは出来ないです。

守られるべきはずの存在

なぜ秀一は1人で全てを背負いこんでしまったのか。

彼を守ってあげる存在がなかったからです。母親も相談に行った弁護士も、彼を守ってあげられませんでした。

私が感じた切なさ

本来なら守られるべきはずの存在が、守ってもらえる環境になかったこと。

その結果、彼はひとりで戦う道を選ぶことになります。全く不条理・・・。もうちょっと何とかならなかったのか。

ひだまりさん。
ひだまりさん。
悔しさを感じた。

これはリアル社会でも通じるものがありますね。

小さな子供を虐待する事件。ストーカー被害に遭っている女性。貧困で苦しんでいる人々・・・。そんなニュースを見る度に胸がギュッと締めつけられます。

ひつじくん。
ひつじくん。
弱い立場の人は、どうすることもできないんだよね。

本書の主人公は1人で頑張ってしまう性格の持ち主でした。まだ17歳なのに・・・。健気です。もう後戻りができない最悪な事態になってしまう。

切なさゆえか、殺人を犯してしまう主人公に肩入れしたくなりました。

切ない結末

『青の炎』は悲しさや切なさ、悔しさといった気持ちが後をひく小説。

秀一の友達の優しさに触れて温かい気持ちにもなりました。とくに彼のことが好きな福原紀子とのやりとりは微笑ましくて。

ひだまりさん。
ひだまりさん。
最後の展開は、紀子に切なさを感じる人が多いんじゃないかな。

秀一は2件の容疑者になります。彼のとった行動に涙しました。たぶん彼はそうするという予感があったから・・・。

私が抱いた予感は、残念ながら的中します。

読み終わってからも、秀一が独りで戦わなくてはいけなかった現実に直面し、じわじわと切なくなりました。とても心を揺さぶられる小説です。

Audible

Amazonが運営するオーディオブック「Audible」なら、12万以上の作品が聴き放題!

  • プロの朗読だから聴きやすい
  • Audibleでしか聴けないポッドキャストが聴き放題
  • 12万以上の作品が聴き放題
  • 30日間の無料トライアルあり(月額1,500円、期間中に解約すれば無料)

特典を詳しくみる

Audible公式サイト

『悪の教典』あらすじ・ネタバレ感想文|背筋まで凍りつくサイコパスの恐怖|貴志祐介貴志祐介さんの小説『悪の教典 上下』あらすじと感想です。少しだけネタバレあります。もしも学校の先生がサイコパスだったら、弱肉強食の世界、『悪の教典』の面白さ、フギンとムニンについて書いています。...
貴志祐介『新世界より 上』あらすじ・感想文|消えゆく子供たち貴志祐介さん『新世界より』上巻のあらすじと感想です。世界観がすごくて、かなり面白かったです。おすすめのSFホラー小説。最後までドキドキ・ハラハラの展開でした。...
【貴志祐介おすすめ小説】迷ったらコレを読むべき!間違いなく面白いホラー小説6選貴志祐介さんのホラー小説の中で特にオススメを厳選しました。怖すぎるサイコパスもの、切なくて泣ける小説、面白すぎた長編SFなどをご紹介。簡単なあらすじと感想も書いています。...
こちらは読んだ?