ミステリー・サスペンス

『盤上の向日葵』柚月裕子【あらすじと感想・解説】過酷な将棋界、犯人は上条なのか!?結末は・・・

この記事に書かれていること
  • 柚月裕子さんの小説『盤上の向日葵』あらすじと感想・解説
  • 魅力的な登場人物
  • 過酷な将棋界
  • 天才棋士・上条桂介は殺人犯?
  • ゴッホの向日葵と狂気
  • 悲しい結末

少しだけネタバレあります。

本当に彼が犯人なのか?

柚月裕子さん『盤上の向日葵』感想です。かなり面白く止まりませんでした。真剣師の東明のキャラが凄まじく良かったです。ミステリーなのに、ほとんど泣きながら読みました。

ひだまりさん。
ひだまりさん。
将棋がわからなくても楽しめます。

『盤上の向日葵』あらすじ&評価

柚月裕子が描く 慟哭のミステリー!!

『盤上の向日葵』
おすすめ
かんどう
いがいさ
サクサク

【あらすじ】
埼玉県の山の中で白骨死体が見つかった。傍らには将棋の駒。石破と佐野は捜査に乗り出す。やがて浮かぶ1人の男。彼は天才棋士だった・・・。

表紙に描かれているのは雪と将棋の駒。素敵な表紙です。過酷な将棋界、そしてミステリーがバランス良く描かれていました。天才棋士の子ども時代を読んでいると泣けてきます。展開が少しだけ予想できてしまったので、そこは ★4つとしました。

『盤上の向日葵』感想

ひだまりさん。が 柚月さんの本を読むのは『臨床真理』、佐方貞人シリーズ『最後の証人』に続き3冊目です。その時にも感じたのですが登場人物が魅力的なんですよね。本作『盤上の向日葵』も。

刑事の石破と佐野、天才棋士の上条桂介、彼に将棋を教える唐沢、真剣師の東明・・・。

どのキャラも個性的。特に東明のキャラが凄まじくて面白いなと思いました。将棋はピカイチだけどプロ棋士にはなれず性格は最悪。

ひつじくん。
ひつじくん。
でも完璧じゃないからこそ人間味を感じるね。

柚月裕子が描く過酷な将棋界

タイトルを見ると将棋のお話なのかなと思うのですが、あくまでもミステリー小説です。

その中心にあるのが将棋。読みやすいので、わからない人も難なく読めるのではないかと思います。そして少しだけ興味が持てる。

ひだまりさん。
ひだまりさん。
将棋界って年齢制限もあるし、超過酷・・・。

認識はしていたのですが、改めてプロ棋士ってすごいんだなと思いました。卓抜とした記憶力・・・。IQが低いひだまりさん。には、とてもじゃないけどマネできません。まさに超人のなせる技です。

天才棋士・上条桂介は殺人犯なのか?

実業界の寵児で天才棋士。本当にお前が殺人犯なのか?

帯をよむと何となくあやしい人物がわかってしまうのですが・・・。

埼玉県天木山山中で白骨死体が発見され、刑事である石破&佐野コンビは遺留品の線から捜査にあたります。“実業界の寵児で天才棋士” とは上条桂介を指しています。

ここがポイント!
  • 天才棋士、上条桂介は 犯人なのか?
  • 一緒に埋められていた初代菊水月作の名駒の意図するものは・・・?

石破&佐野コンビの捜査 (遺留品である初代菊水月作の名駒の行方) と、上条桂介の幼少期からの過酷な人生が交互に描かれています。

石破&佐野コンビの地道な捜査も面白いことながら、桂介の幼少期ストーリーを読むと泣けてきました。始終 目元を潤ませて読んでいた ひだまりさん。彼が不憫に思えてなりません。

ひだまりさん。
ひだまりさん。
桂介にとって将棋は “生きること” だったんですね。

天才棋士・上条桂介は本当に殺人を犯したのか? そして埼玉県 天木山で発見された遺体は誰なのか。

ところどころ推理しながら読んでいたのですが、最後までわからなかった部分があります。

高価な駒をなぜ遺体と一緒に埋めたのか。

売れば 600万にもなるという初代菊水月作の名駒。犯人が埋めた意図とは? ・・・ずーっと疑問だったのですが、遺体の身元がわかったときにその駒を一緒に埋めた犯人の気持ちが少しだけ理解できたような気がしました。

ゴッホの向日葵と狂気

本書には ゴッホの向日葵がでてきます。

『盤上の向日葵』というタイトル。盤上からは将棋が連想できます。向日葵は何を指しているんだろうと不思議に思いながら読んでいるとゴッホの絵画がでてきました。

ひつじくん。
ひつじくん。
ヒマワリは桂介の母が好きだった花。それを通して亡くなった母を思っていたんだね。

フィンセント・ファン・ゴッホと言えば、原田マハさんの『たゆたえども沈まず』を読んだばかりでした。精神を患いながらも絵を描き続けたフィンセントを描いた物語です。

『たゆたえども沈まず』原田マハ/【あらすじと感想】ゴッホ 「星月夜」/兄を支えたテオドロスゴッホの情熱 原田マハさんのアート小説『たゆたえども沈まず』です。今回は ゴッホ を扱っていました。フィンセント・ファン・ゴッホに...

ゴッホが絵ににかける情熱と狂気。それは『盤上の向日葵』でも感じたことです。過酷な将棋界を描いていますが、棋士たちの情熱、そして東明や後半の桂介からは ある種の狂気を感じました。

人は情熱をかけるほどのものがあれば強くなれる (良いか悪いかは別として)。東明も桂介も・・・。ときとして、その強さは狂気となり得るものかもしれません。

ひだまりさん。
ひだまりさん。
彼らとフィンセントがダブって見えました。

呪われた運命と悲しい結末

桂介がずっと見てきた盤上に咲く向日葵は 彼にとって導きであったはずなのに最後は・・・。これも呪われた運命なのかもしれませんね。

ラストは少しだけ悲しくなりました。でももし彼から将棋がなくなったとしたら、この展開も致し方ないのかなと思います。ここで描かれていた彼の人生に思いを馳せてしまいました。

こちらも将棋界を描いた小説

『ダークゾーン』貴志祐介【あらすじと感想】シビアな将棋界と無間地獄貴志祐介さん『ダークゾーン』あらすじと感想です。少しだけネタバレあります。過酷な将棋界を描いたサバイバルホラー小説。「心の闇」が描かれていてラストは無間地獄を感じました。...
ABOUT ME
ひだまりさん。
ゆるりと本をよんでいます。ミステリー、ホラー、SF、ファンタジー、何でもよみます。ほとんど小説、ときどき絵本。→ 詳しいプロフィールはこちら

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA