ミステリー・サスペンス

『崩れる脳を抱きしめて』知念実希人【あらすじと感想】愛した彼女は幻!?衝撃の結末

愛した女はマボロシなのか?

知念実希人さん『崩れる脳を抱きしめて』
初めて Kindle版で読んでみました。なかなか読みやすいものですね。読みたいと思ったときにすぐ読めるし、便利です。

少しだけネタバレあります。

『崩れる脳を抱きしめて』あらすじ

究極の恋愛 × ミステリー!!

『崩れる脳を抱きしめて』
おすすめ
かんどう
いがいさ
サクサク

【あらすじ】
病院に勤務する研修医の碓氷は、脳腫瘍の患者・ユカリの担当になる。外の世界に怯える彼女と、過去にトラウマを抱える主人公。2人は心を通わせていく。ある日、彼の元にユカリの死の知らせが届いた―。

『崩れる脳を抱きしめて』感想

面白かったです。
初めはキャラに馴染めなくて、うーん・・・と思いましたが、途中から気にならなくなって、一気に読んでしまいました。読みやすいですね。泣けました。

目次はこんな感じです。

目次
  • プロローグ
  • 第一章 ダイヤの鳥籠から羽ばたいて
  • 第二章 彼女の幻影を追いかけて
  • エピローグ

大きくわけて2章からなっていますが、終末期医療、恋、ミステリー、そして どんでん返しと盛りだくさんです。

ハッピーエンド。
良い結末でしたが、切なさの余韻を残したまま終わっても良かったのではと思ってしまいました。それについては後ほど・・・。

それにしても『崩れる脳を抱きしめて』というタイトル、とても良いなと思いました。この本にピッタリです。

頭の中に埋まっている爆弾

主人公は碓氷蒼馬、『葉山の岬病院』に研修医としてやってきました。

彼が出会う彼女、名前を弓狩環(ゆがりたまき)といいます。みんなからユカリさんと呼ばれている彼女は、ホスピスに入院している患者さんです。

グリオブラストーマ、膠芽腫・・・というのが彼女の病名でした。脳腫瘍です。

頭の中に爆弾・・・。でも彼女は弱音をはかず、どこか達観した感じのキャラでした。前に読んだ住野よるさん『君の膵臓をたべたい』を思い出しました。あれ、好きな人はきっと本書も好きだと思います。

『君の膵臓をたべたい』住野よる【あらすじと感想】私が号泣できなかった理由1日1日を大切に生きよう。住野よるさん『君の膵臓をたべたい』タイトルのインパクトが半端なく良いですよね。気にはなっていたものの、知人が貸...

『君の膵臓をたべたい』、私はダメでしたが、知念さんの『崩れる脳を抱きしめて』は面白く読めました。ウスイ先生とユカリさんを見ていると、心が温まります。彼は彼女に恋をする。キュンとしてしまいました。

この恋のゆくえは・・・。

主人公の彼が恋した相手は、頭の中に爆弾を抱えた彼女です。

彼らが心を通わせていく描写は、ほんのりしました。でも心が温まりながらも切なさが増します。なぜなら彼女の余命は残り僅かだから。読みながら、どうしてもその事が頭をよぎりました。

そして、実習を終えて広島に帰った碓氷先生に、ユカリさんの死の知らせが届く―。

・・・愕然としました。切なすぎる。

愛した彼女は幻?

メインは恋物語ですが、ミステリー要素もふんだんに描かれています。

ユカリさんが亡くなったのは、病院ではなかったのです。不思議に思った彼は真相を探るために病院を再び訪れるのですが、思いもよらないことを聞かされます。

「君は一度も弓狩環さんを診察していない。全部、君の妄想なんだよ」

ひだまりさん。
ひだまりさん。
・・・えっ、妄想!?

ここのところを読んだとき、あ然としてしまいました。ユカリさんは幻? まさかぁ。じゃあ、私は彼の妄想を読んで泣いたの? ・・・と、一瞬で涙がひっこんでしまいました。

真相は書きませんが、どんでん返し的なものがラストにありました。・・・うーん、、、そうきたか。

患者さんが望む医療

作家の知念実希人さんはお医者さまなんですね。リアル感のある医療現場が描かれていました。

私がグッときたところは、患者のハナさんの急変シーンです。

ウスイ先生は必死でハナさんを救おうとしますが・・・。その後の院長先生の言葉が心に染みました。

医学と医療は似て非なるものだ。医学的に正しい治療でも、患者にとっては望ましくないということは少なくない」

ハナさんが望んでいたこと。それを踏まえての医療なんだなと思いました。・・・確か前に読んだ夏川草介さん『神様のカルテ』でも感じたことです。

温かい涙と優しい気持ち【あらすじと感想、学んだこと】『神様のカルテ』夏川草介 涙が止まらない医療小説。 夏川草介さん『神様のカルテ』感想です。映画にもなっていて絶対泣きますという『神様のカルテ』。今更...

誰にでも全ての治療を施せば良い、というわけではないんですよね。患者さんひとりひとり望むことがあって、それを叶えてあげるのが本当の医療なんだなと。

現役のお医者さまが描く医療小説を、これまで何冊か読んできました。

夏川草介さん、帚木蓬生さん、そして『崩れる脳を抱きしめて』の著者、知念実希人さん。必ずグッとくる描写があるんです。医師ならではの小説ですね。

全てがひっくり返る衝撃の結末

先程も書きましたが、ハッピーエンドなんです。この結末はこれで良いのだとは思います。読後感も良いし、ホッともするし、あー良かったねーとも思ったし。・・・でもなんかしっくりこない。唐突な感じがしてしまいました。

ひだまりさん。
ひだまりさん。
1番最後のどんでん返し、いらなくね?(ラスト20ページとやら)

そんなことを思ってしまうのは私だけかもしれません。圧巻のラスト20ページ!と帯に書いてあって、これも本書の魅力なのかもしれませんが、なくても充分楽しめます。そこだけ浮いている感じがしました。

少し切なさの余韻を残しつつ終わるラストの方が良かったのではないかと思います。・・・と、言いたい放題ですが、それでも本書は読んで損はない小説です。本屋大賞にノミネートされるのがわかる。泣きながら一気に読みました。

ABOUT ME
ひだまりさん。
ゆるりと本をよんでいます。ミステリー、ホラー、SF、ファンタジー、何でもよみます。ほとんど小説、ときどき絵本。→ 詳しいプロフィールはこちら

POSTED COMMENT

  1. igaiga より:

    こんにちは。
    私も、「ラスト20ページ」がねーーーと思いました。
    2回読んだので意味はわかりました。意味だけは(笑)

    でも、ひだまりさん。が言われるように切なさと余韻がほしかったなーと
    思うのです。
    この終わり方だとあんまりだ(笑)
    この気持ちをどうすればいいのか!?(笑)

  2. ひだまりさん。 より:

    こんにちは (*^^*) コメントありがとうございます。

    やっぱりそう思いますよね!
    良い感じでジーンとしながら読んでいたのに、ラストを迎えたとたん 切なさの余韻が一気に吹っ飛んでしまいました ^_^;
    私の涙を返して・・・と(笑)

    その余韻のまま自然に終わって欲しかったです。ハッピーエンドも良いのですが、なんだか唐突。
    私も意味だけは わかりました(笑)

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA