ミステリー・サスペンス

『向日葵の咲かない夏』道尾秀介【あらすじと感想】物語は終わらない

物語は終わらない・・・。

道尾秀介さんの小説『向日葵の咲かない夏』感想です。これまた凄い作品でした。後味悪いけどインパクトがある物語です。

『向日葵の咲かない夏』あらすじ

1度読むと忘れられない物語

本の評価

おすすめ
かんどう
いがいさ
サクサク

【あらすじ】
S君が死んでいるのを発見したミチオ。1週間後、あるものに姿を変えたS君が、ミチオの前に現れた・・・。

『向日葵の咲かない夏』感想

ラストに近づくにつれてミチオの世界観が見えてきます。何度もあ然としました。決して後味が良い物語ではないですが、1度読むと忘れられない物語。

ひだまりさん。
ひだまりさん。
子供を主人公として主観を描いたもので、屈折した世界観が怖かったです。

心の闇

9歳のミチオは級友のS君の死体を発見してしまいます。1週間後、S君は蜘蛛の姿に変えてミチオの前に現れるのですが・・・。

ひだまりさん。
ひだまりさん。
蜘蛛が大の苦手なので想像するだけでも鳥肌が立ちます・・・。なぜ蜘蛛?

S君の生まれ変わり。ミチオには蜘蛛のS君の言葉がわかるのです。

3歳の妹のミカも加わり、S君の消えた死体を探そうとします。この妹、やけにしっかりしてるなと思いながら読んでいましたが最後まで読むと納得です。

途中ミチオがS君のことを信じられなくなったりして、心の中の葛藤が痛いほど伝わってきました。

ミチオは過去に起こったことをずっと引きずっていたのです。それによって作り上げられた世界観にはゾッとしました。

S君が抱える心の闇。楽しいストーリーではなく、人間の醜い部分を描いた作品です。共感は一切出来ませんでした。

『向日葵の咲かない夏』は 人の悪の部分を描いています。

普段は眠っている心の闇。子供の視点なので純粋のようでいてクレイジーな怖さもあります。何かのきっかけで表面に現れるものなのかもしれませんね。

ミチオの世界観

ひつじくん。
ひつじくん。
ミチオは自分の世界観を壊さずに、でも何もかも壊してしまいたいと願っていたのかな。

生きることに絶望しています。悲しくなりました。自分が作り出してしまった世界。でも結局そこで生き続けるしかないんですよね。

ラストは物語を終わらせようとする・・・かのようですが、深読みすると物語は続くんです。新たに犠牲者を出して。

ひだまりさん。
ひだまりさん。
怖いけど面白かったです。

こちらもオススメ

『鏡の花』道尾秀介 「もしも」 の世界を描いた連作短編集道尾秀介さんの小説『鏡の花』あらすじと感想です。少しだけネタバレあります。『もしも』の世界、後悔と深い哀しみ、今ある 「繋がり」、『シュタインズ・ゲート』について書いています。...
『ノエル』道尾秀介【小説 あらすじと感想】つながる物語たち道尾秀介さんの小説『ノエル』あらすじと感想です。道尾さんが描く童話の世界、生きる意味、繋がる心地よさについて書いています。...
『スケルトン・キー』道尾秀介【あらすじと感想】切ないサイコパス道尾秀介さんの小説『スケルトン・キー』あらすじと感想です。少しだけネタバレあります。錠也の心情、サイコパスの要素、スケルトン・キーと鍵穴、小箱の中身について書いています。...

もっと見てみる

ABOUT ME
ひだまりさん。
ゆるりと本をよんでいます。ミステリー、ホラー、SF、ファンタジー、何でもよみます。ほとんど小説、ときどき絵本。→ 詳しいプロフィールはこちら

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA