ミステリー・サスペンス

『向日葵の咲かない夏』あらすじ・ネタバレ感想文|物語は終わらない|道尾秀介

物語は終わらない・・・。

道尾秀介さんの小説『向日葵の咲かない夏』感想です。これまた凄い作品でした。後味悪いけどインパクトがある物語。

ひだまりさん。
ひだまりさん。
最後まで気が抜けないよ。

『向日葵の咲かない夏』あらすじ・評価

1度読むと忘れられない物語

あらすじ

夏休みを迎える終業式の日。先生に頼まれ、欠席した級友の家を訪れたが、S君は首を吊って死んでいた。だがその衝撃もつかの間、彼の死体は忽然と消えてしまう。一週間後、S君はあるものに姿を変えて現れた。僕は妹のミカと、彼の無念を晴らすため事件を追いはじめた。

『向日葵の咲かない夏』ネタバレ感想文

ラストに近づくにつれてミチオの世界観が見えてきます。何度もあ然としました。決して後味が良い物語ではないけど、1度読むと忘れられない物語。

ひつじくん。
ひつじくん。
子供を主人公として主観を描いたもので、屈折した世界観が怖かった。

心の闇

9歳のミチオは級友のS君の死体を発見してしまいます。1週間後、S君は蜘蛛の姿に変えてミチオの前に現れるのだけど・・・。

S君の生まれ変わり。ミチオには蜘蛛のS君の言葉がわかるのです。

ひだまりさん。
ひだまりさん。
蜘蛛が大の苦手だから想像するだけでも鳥肌が立つ。・・・なぜ蜘蛛?

3歳の妹のミカも加わり、S君の消えた死体を探そうとします。この妹、やけにしっかりしてるなと思いながら読んでいたけど最後まで読むと納得。

途中ミチオがS君のことを信じられなくなったりして、心の中の葛藤が痛いほど伝わってきました。

ミチオは過去に起こったことをずっと引きずっていたのですね。

ひつじくん。
ひつじくん。
それによって作り上げられた世界観にはゾッとするけど。

S君が抱える心の闇。楽しいストーリーではなく、人間の醜い部分を描いた作品です。共感は一切出来ませんでした。

『向日葵の咲かない夏』は人の悪の部分を描いています。

普段は眠っている心の闇。子供の視点なので純粋のようでいてクレイジーな怖さもあります。何かのきっかけで表面に現れるものなのかもしれません。

ミチオの世界観

ミチオは自分の世界観を壊さずに、でも何もかも壊してしまいたいと願っていたのかな。

悲しくなりました。自分が作り出してしまった世界だけど、結局そこで生き続けるしかないんですよね。

ラストは物語を終わらせようとする・・・かのようで、深読みすると物語は続くんです。新たに犠牲者を出して。

ひだまりさん。
ひだまりさん。
怖いけど面白かった。
Kindle本を読むなら

Kindle Unlimited(キンドルアンリミテッド)もおすすめ。Amazonが提供している書籍読み放題サービスです。

  • 200万冊以上が読み放題(小説やビジネス書、雑誌、コミックなどいろんなジャンルが対象)
  • お好きな端末で読める
  • 30日間の無料体験あり(初めてご利用の方。期間終了後は月額980円)

公式ページ

私も愛用しているKindle端末はこちら→Kindle Paperwhiteレビュー・メリットとデメリット|読書が快適になるアイテム

『鏡の花』あらすじ・ネタバレ感想文「もしも」を描いた連作短編|道尾秀介道尾秀介さんの小説『鏡の花』あらすじと感想です。少しだけネタバレあります。『もしも』の世界、後悔と深い哀しみ、今ある 「繋がり」、『シュタインズ・ゲート』について書いています。...
『ノエル』あらすじ・ネタバレ感想文|つながる物語|道尾秀介道尾秀介さんの小説『ノエル』あらすじと感想です。道尾さんが描く童話の世界、生きる意味、繋がる心地よさについて書いています。...
『スケルトン・キー』あらすじ・ネタバレ感想文|切ないサイコパス|道尾秀介道尾秀介さんの小説『スケルトン・キー』あらすじと感想です。少しだけネタバレあります。錠也の心情、サイコパスの要素、スケルトン・キーと鍵穴、小箱の中身について書いています。...

もっと見てみる

こちらは読んだ?