経済・金融・マスメディア

『トップリーグ』相場英雄【あらすじ&感想】一大疑獄 クラスター事件の結末は・・・

この記事に書かれていること
  • 相場英雄さんの小説『トップリーグ』あらすじと感想
  • ロッキード事件とクラスター事件
  • トップリーグになった松岡
  • 筒美ルートを追う酒井
  • 阪の古キズ
  • 結末について

ネタバレあります。ご注意ください。

永田町激震の特大スクープ!

相場英雄さんの小説『トップリーグ』感想です。WOWOWドラマ化が予定されている原作小説を読みました。主演は玉山鉄二さん。

ひだまりさん。
ひだまりさん。
面白かったです。後半はドキドキが止まらなくなりました。

相場英雄さんの小説を読むのは2冊目です。大手の電機企業・三田電機 (モデルは東芝) の「不適切会計」を扱った『不発弾』も面白かったです。

『不発弾』相場英雄【あらすじと感想】ブラック・マネーを操る男 / 巨額の粉飾決算と結末相場英雄さんの小説『不発弾』あらすじと感想です。少しだけネタバレあります。WOWOWでドラマ化されました。登場人物とブラック・マネーを操る男、古賀遼、巨額の粉飾決算とそのモデル、 「不発弾」 に込められた意味についても書いています。モヤモヤする結末でした。...

本作に 三田電機の描写もあって、時系列が繋がっているような気分になりました。

『トップリーグ』あらすじ

政界の闇に斬り込んだ記者の運命は?

本の評価

おすすめ
かんどう
いがいさ
サクサク

【あらすじ】
大和新聞 入社15年目の松岡直樹は 政治部へ異動になり官房長官番となった。そしてトップリーグへ。一方、松岡と同期入社だった酒井祐治は 大手出版社で週刊誌のエース記者として活躍していた。都内の埋立地で発見された1億5千万円の真相を追う酒井だったが、昭和史に残る一大疑獄事件が浮かび上がってきて・・・。

ロッキード事件を元にした一大疑獄クラスター事件

『トップリーグ』のキモとなるのが 昭和史に残る一大疑獄・クラスター事件です。

都内の埋立地で発見された1億5千万円が入った金庫。それが未だ解明されていないクラスター事件へと繋がっていきます。

ひだまりさん。
ひだまりさん。
クラスター事件は ロッキード事件を元にして描かれているようです。
ロッキード事件

アメリカの航空機製造大手のロッキード社による主に同社の旅客機の受注をめぐって、1976年(昭和51年)2月に明るみに出た世界的な大規模汚職事件。―Wikipediaより

埋立地で発見された1億5千万円はクラスター事件の時に流れた金なのか、政治家とどう関わっているのか。

ドキドキの展開でした。

『トップリーグ』感想

『トップリーグ』は 2人の記者にスポットをあてて、政界の闇を追いかけていくお話です。

  • 大和新聞の記者・松岡・・・官房長官・阪の番記者 (トップリーグ) となる。
  • 週刊誌の記者・酒井・・・埋立地で発見された1億5千万円の真相を追いかける

彼らは2人とも好印象でした。舞台は永田町です。

一大疑獄を暴く過程は面白いのですが、ラストだけは納得出来ませんでした。決着がつくことなく読者におまかせな終わり方です。

ひだまりさん。
ひだまりさん。
この結末はないわ・・・。どっちかハッキリして終わらせてほしかった。

阪 官房長官番・トップリーグになった松岡

政治部に異動になった松岡は 阪官房長官に気に入られ、トップリーグの仲間入りをします。

官房長官番 「トップリーグ」 という言葉が気になりました。

トップリーグとは

総理大臣や官房長官、与党幹部に食いこんだごく一部の記者のこと。

トップリーグという言葉はないようですが、番記者って大変なんですね。

気に入られれば 表向きの記者会見発表だけでなく、官房長官の本音が混じった言葉も聞くことができます。1対1 (サシ) で飲みに誘われたりも・・・。

ポイントは なぜ松岡が気に入られたのか。

阪は松岡の記者会見でのひとこと、「金庫」 に反応したのです。

筒美ルートの消えた金を追う酒井

週刊誌のエース記者・酒井は、都内の埋立地で発見された1億5千万円の真相を調べ始めます。

お札は聖徳太子、帯封は 日本不動産銀行のものでした。そこに引っかかった酒井。

日不銀は政治家の財布だった、そんな話を聞きました

クラスター事件、筒美ルートの消えた金なのではないか―。

当時の日不銀 (日本不動産銀行) で裏の任務を務めた男・久保に取材を申し込みます。でも詳しく話してはくれませんでした。

やがて久保は死んでしまいます。

ひだまりさん。
ひだまりさん。
クラスター事件を追う酒井の視点は ミステリー感があって続きが気になりました。

阪の古キズ

昭和の一大疑獄・クラスター事件の筒美ルート。それには大物政治家が関わっていました。

間違いなく政権がひっくり返る。おまえにその覚悟はあるか?

ひつじくん。
ひつじくん。
ほんとうに政権がひっくり返るかもね。

プロローグで 幸田とある男が何か (金庫) を埋めるシーンが描かれていました。初めはよく分からなかったけど、読み進めるうちに1人の政治家が浮かんできます。

阪 官房長官。

手に残った古キズの描写で気づきました。酒井は追い詰めようとしますが、様々な圧力がかかり 命を落としそうになります。

絶対絶命のなか 後を引き継いだのは、阪官房長官番記者の松岡でした。

育児支援法案か、筒美ルートの全容か―。松岡の決断は?

松岡は 阪に問いただそうとしますが、彼を待ち受けていたのは 阪、そして芦原総理と松岡の上司・阿久津部長です。

育児支援法案か、筒美ルートの全容か。

松岡が望んでいた育児支援法案を次の臨時国会での目玉にすると 芦原総理から提案がなされました。

筒美ルートが明かされれば政権は崩れる。そうなると育児支援法案どころではなくなる・・・。

ひだまりさん。
ひだまりさん。
これは ある意味 取り引き?

黒い。政界の闇を感じました。酒井たちにかけられた圧力も うやむやです。真相は最後まで語られませんでした。

納得できない結末

面白かったのに 結末が肩透かし。結局 松岡はどっち (育児支援法案か、筒美ルートの全容か) を選んだのか 書かれてないんです。

不完全燃焼でした。

筒美ルートの全容を明らかにして政権をひっくり返して欲しいけど、彼なら育児支援法案を選ぶかも・・・とも思ってしまいます。

ひだまりさん。
ひだまりさん。
もうどっちでも良いから、どっちかに決めてから終わらせて欲しい。

こうなると ドラマの結末が気になってきます。原作と同じく うやむやにするのか、松岡がどちらかを選ぶのか・・・。

結末は微妙でしたが、それ以外は文句なしに面白かったです。

こちらもオススメ

『不発弾』相場英雄【あらすじと感想】ブラック・マネーを操る男 / 巨額の粉飾決算と結末相場英雄さんの小説『不発弾』あらすじと感想です。少しだけネタバレあります。WOWOWでドラマ化されました。登場人物とブラック・マネーを操る男、古賀遼、巨額の粉飾決算とそのモデル、 「不発弾」 に込められた意味についても書いています。モヤモヤする結末でした。...
一気読み必須のおすすめ小説
面白くて一気読み!【徹夜本・おすすめ小説】2018年に読んだ本面白くて一気読み間違いなし、徹夜本オススメ小説&絵本を厳選しました。切なくて泣けるミステリー小説、アート小説、怖いけどクセになるホラー小説、大人にも読んでもらいたい学べる絵本などについて書いています。...
読み始めたら止まらない!面白い小説15選読み始めたら止まらない面白い小説を厳選しました。ミステリー&ホラー、ファンタジー、古典、SF・・・と、おすすめの15冊です。面白すぎて一気読み必須です。ぜひ読書の参考にして下さい。...

他にもあります

WOWOWドラマ原作本のレビュー

ABOUT ME
ひだまりさん。
ゆるりと本をよんでいます。ミステリー、ホラー、SF、ファンタジー、何でもよみます。ほとんど小説、ときどき絵本。→ 詳しいプロフィールはこちら

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA