学園・ライトノベル

『オーダーメイド殺人クラブ』辻村深月【あらすじと感想】悲劇の末に・・・

悲劇の末に・・・。

辻村深月さん『オーダーメイド殺人クラブ』
成長期である少年少女の苦い青春が描かれていました。自分の殺人を依頼する―。頭をガツンと殴られたような衝撃を受けました。

『オーダーメイド殺人クラブ』あらすじ

少年少女の苦い青春

『オーダーメイド殺人クラブ』
おすすめ
かんどう
いがいさ
サクサク

【あらすじ】
「リア充」な生活を送る中学生・小林アンは、自分の環境に苛立ちを感じていた。そんな中、同級生の徳川に自分の殺害を依頼するのだが・・・。

『オーダーメイド殺人クラブ』感想

辻村さんならではの痛切な心理描写に心が乱されます。正直、主人公の気持ちにはあまり共感することが出来なかったです。途中で読むのを止めてしまおうかと思いつつも最後まで読んだのは、2人の結末が気になったからです。

軽視される命

最も悩まされたのが「軽視される命」についてでした。

主人公である中学生の小林アンは、冴えない昆虫系、徳川に自分の殺人を依頼します。アンは自殺願望が強い女の子でした。

読んでいて悲しくなりました。死にたい―と思ったことは私にもあります。たぶん誰しも一度くらいはあるのではないでしょうか。

でも今は生きていて良かったなと思う。

最近、三重県で起こった悲しいニュースを思い出しました。
女子高生に頼まれて18歳男の子が殺人を犯してしまったという事件です。自殺願望があった少女。この物語を読んでいて、なんとなくその事件を連想してしまいました。

中学生や高校生の時って見えている世界はまだほんの少し。これから人生経験を積んでいくことによって視界も広まります。彼女たちにとっては、その小さな世界が全てだということは分かりますが、あえて言いたい。死なないでと。

アンバランスな心

理解に苦しんだ箇所があります。アンが抱く死への憧れです。

徳川と二人で起す事件の内容を話しあっていました。「新しいパターン」にこだわり、世間を騒がしたい、自分は他の人とは違うんだという気持ち・・・。

中学生というと、中二病という言葉があるように思春期で難しい年頃。

自己愛など自由な発想をしてしまいがちな時期。「自分は他人とは違う特別な存在」という意識は、中学生であるアンも抱いています。

辻村さんは、そんな少女の自己愛に満ちた心理描写が上手いなと思います。中学生だからこそ抱いてしまうアンバランスな心。

でも殺人で話題になることを望むなんて馬鹿げてる。

誰も尊敬なんてしない。どんな事件を起こしても語り継がれることなんてありません。一線を超えることと超えないことでは大きな違いがあります。

自分の居場所

なぜ主人公はそんなに自殺願望がつよいのか?

周りからはリア充のように見える彼女。でも本当は自分の居場所がなくて苦しんでいました。女子って、グループを作って行動します。トイレに行くのも一緒。私の中学時代を振り返ってみても確かにそうでした。群れていないと不安なんですよね。

アンは仲間はずれにされてしまいます。現実から逃れたいがために死への憧れは強まる。

ふと『ゲド戦記』の翻訳者、清水真砂子さんの言葉が思い浮かびました。

「給食を一人で食べてかわいそうと新聞は言うが、そうなのか。一人だからこそ豊かな時間を過ごせるという価値観があることを 周りの大人が知らせていたら、あの子どもは苦しまずにすんだのに」

初めて読んだ時、グッときたのを覚えています。大人になった今だからこそわかる一人の豊かな時間。アンにも伝えてあげたくなりました。

悲劇の果てに

この小説は中学生が過ごす狭い世界で繰り広げられるお話です。あまり共感ができなかったのは、私が大人だからかもしれません。途中まで読むのが苦しかったです。でも読み終わってみると意外にも読後感が良いことに気づきました。結末は好きです。

当事者である中学生に読んでもらいたいかと聞かれると悩みます。良い方向に考えてくれればいいけど、逆だったら少し怖い。

ABOUT ME
ひだまりさん。
ゆるりと本をよんでいます。ミステリー、ホラー、SF、ファンタジー、何でもよみます。ほとんど小説、ときどき絵本。→ 詳しいプロフィールはこちら

POSTED COMMENT

  1. lime より:

    清水真砂子さんの言葉、本当にそうだと感じました。
    「一人でいるから、あの子は孤独でかわいそうだ」という風潮が、子供たちを一番苦しめているのかもしれませんよね。
    1人でいる自由、1人の豊かな時間を楽しむ幸せを、与えてあげられたらきっと、心を病む子は少なくなると思います。

    このお話は読んだことがありませんが、やはり三重県のあの事件を思い出しますね。あの少年はきっと辛い日々を送っているだろうな……。
    この物語が読後感のいいもので良かったです。
    中学生。ほんとうに一番繊細で変化の激しい年頃ですよね。

  2. ひだまりさん。 より:

    おはようございます。
    ありがとうございます (*^_^*)
    清水さんの言葉には、子供たちを思う優しさがありますね。
    学生時代は群れていないと不安でしたが、今は一人の時間が凄く貴重なものになりました。
    自分が成長して初めてわかることかもしれないですが、「ひとりは可哀想」という風潮で苦しんでいる子がいるかもしれない。
    そう思うと胸が痛みます。

    この本を読んで、三重の事件を連想してしまった人たちが多くいたようです。
    本のラストは大きく違いますが。
    唯一、読後感が良いのは救いでした。
    でも、繊細な中学生には読んで欲しくない本かも・・・と思います。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA