経済・警察小説

『不発弾』相場英雄 / ブラック・マネーを操る男 / 巨額の粉飾決算と結末

大手企業の1500億円の不適切会計!?

相場英雄さん『不発弾』
相場さんの本は初めて読みました。なかなか興味深かったです。ラストは鳥肌がたちました。

少しだけネタバレあります。

『不発弾』あらすじ

大手電機企業が発表した巨額の不適切会計!?

『不発弾』
おすすめ
かんどう
いがいさ
サクサク

【あらすじ】
大手の電機企業・三田電機は、巨額の「不適切会計」を公表した。警視庁捜査二課の小堀秀明は捜査を開始した。裏で手を引いていたのは、古賀遼という男、金融コンサルタントだった・・・。

『不発弾』感想

面白かったけど、ちょっと難しかったです。金融用語が出てくる出てくる。とばし、先物取引、デリバティブ・・・。金融に弱いひだまりさん。は、理解するのにひと苦労でした。

どこまでがフィクションで、どこまでがノンフィクションなのか?

それが1番気になりました。・・・ほとんどが実際に行われていた (いる) ことなの?と思うとヒヤリとします。

二課刑事 VS 飛ばし屋

『不発弾』は、二人の男が登場します。

二課刑事・小堀秀明と、飛ばし屋・古賀遼 (良樹) です。小堀刑事が表なら、影で三田電機を操る古賀は裏。表と裏で W主人公のような感じでした。

小堀刑事が調べる三田電機が発表した1500億円の「不適切会計」。そして古賀の幼少期からの生い立ちから飛ばし屋になるまでが交互に描かれています。

最後には、小堀刑事は古賀を追い詰めるのですが・・・。その闇を暴くことは叶いませんでした。ある人物が関わっていたからです。

巨額の粉飾決算!モデルは東芝

三田電機の粉飾を裏で操る男とは―。

粉飾の闇。
裏で操る男がいました。三田電機が発表した巨額の「不適切会計」。明らかな粉飾なのに、穏便な表現になったことに不信を抱いた小堀刑事は捜査を開始します。

ひだまりさん。
ひだまりさん。
三田電機は東芝をモデルにしているんですね。

ここでの重要なキーワードは 「とばし」 というものです。以前に読みました清武英利さん『しんがり 山一證券 最後の12人』で、それについては少し調べたことがあります。

『しんがり 山一證券 最後の12人』清武 英利 / 場末社員の聖戦と結末山一證券、破綻の裏には・・・。清武英利さん『しんがり 山一證券 最後の12人』1997年・・・、私がまだ学生だった頃のことですね。当時...

別の会社に 「飛ばし」 て、含み損を隠し表向きの決算報告をする。・・・粉飾決算ですね。損失を一時的に隠すわけです。

でもこういうのって、その場しのぎというか、いずれもっと負債額が大きくなって表面化してしまうんです。

粉飾しなければ、後々こんなに多くの負債額を抱え込まなくても良かったかもしれませんが、時すでに遅し。・・・古くからの隠蔽体質、それゆえにそこにつけ込む外資や古賀みたいな 「飛ばし屋」 が裏で手を引いています。

ひだまりさん。
ひだまりさん。
・・・なにやってるんだろうね、と呆れて悲しくなってきました。

古賀にかけられた疑惑

大牟田合同信用金庫の元理事長、新井が自殺します。

「不発弾を背負って死ぬ」 という謎のことばを残して。

新井は古賀の母親のお店の常連客 (愛人) でした。そして彼の妹を自殺に追いやった張本人。後に彼の母もまた、車に轢かれて亡くなるのですが、小堀刑事は疑惑の目を古賀に向けます。

飛ばし屋の古賀、魅力的な人物でした。

幼少期から描かれているからか、根は悪いやつとは思えなくて。・・・詐欺のようにも思えることをやっているので善人ではないですが、波に流されて飛ばし屋になってしまったというか・・・。

逮捕はされないけれど、独りになってしまった彼が、最後は可哀想に思えました。これが報いなのかなと思うと、仕方がないねとも思います。

不発弾に込められた意味

負債を抱えた会社ノアレに、外資の杉本が提案した仕組債。それと『不発弾』に込められた意味を理解したら怖くなりました。

三五億円の損失を五年間も表面化させない、裏返せば、五年後は株価が昨年末並みの史上最高値レベルに戻っているだろう、そんな見通しを前提に仕組債は作られています

ひだまりさん。
ひだまりさん。
35億円の損失を5年間も表面化させない!?

ひだまりさん。よく理解できなかったのですが、デリバティブ、先物取引、オプションなどを組み合わせて作られたのが仕組債です。5年後には株価が回復しているだろうとの元に。

会社の隠蔽体質を利用して、いろいろと思いつくものですね。でも株価が回復する保証なんてないわけです。

市場は生き物。
前に読んだ波多野聖さん『メガバンク絶滅戦争』を思い出しました。株市場の相場師を描いたお話です。

『メガバンク絶滅戦争』波多野聖 / メガバンク最終決戦の結末日本国債が暴落!?波多野 聖さん『メガバンク絶滅戦争』もし、日本国債が暴落してしまったら!?・・・この本はそんな想定で書かれたお話です。...

市場の値動きに絶対はなく、ほんの些細な刺激で爆発します。・・・不発弾のように。
この小説のタイトルから著者のそのような思いを感じました。

本書のタイトル 「不発弾」 は、不安定な金融商品を指しています。

一見安定しているかのように見える仕組債ですが、不発弾にもなり得る

上手い話はないんですよね。なんでもデメリットやリスクはあるわけで。そもそも粉飾などと隠蔽するからダメなんです。

全ては闇の中に・・・

なんとなく、モヤモヤっとする結末でした。結局、全ては闇の中・・・。でもこれだけは身にしみる思いがしました。

粉飾は いつか爆発する地雷を抱えるようなもの。

いつ爆発してもおかしくありません。そんな企業、今もどこかにいるのかもしれません・・・。ツケは必ず回ってきますよ。

ABOUT ME
ひだまりさん。
ゆるりと本をよんでいます。ミステリー、ホラー、SF、ファンタジー、何でもよみます。ほとんど小説、ときどき絵本。→ 詳しいプロフィールはこちら
こちらは読んだ?

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA