ミステリー小説

『まだ人を殺していません』ネタバレ感想文・あらすじ|号泣!切ないミステリー|小林由香

まだ人を殺していません
この記事に書かれていること
  • 『まだ人を殺していません』あらすじと感想文
  • 子が背負った親の罪
  • 「悪魔の子」良世
  • 切ない良世の言葉
  • 救いを感じた先生の言葉
  • タイトルが重く響いたラスト

ネタバレあります。ご注意ください。

悪いことをしていないのに逃げるの?

小林由香さんの小説『まだ人を殺していません』読書感想です。重めミステリーでいて読みやすい。切なくて、たまらず号泣しました。

ひだまりさん。
ひだまりさん。
小林さんの本はやっぱり泣けるよね。

登場人物に寄り添いたくなるんです。主人公の翔子、そして良世にも・・・。

『まだ人を殺していません』あらすじ・評価

切なくて号泣!

あらすじ

「悪魔」の子と噂される少年、良世。事故で娘を失った過去を持つ翔子は、亡くなった姉の形見である息子を預かり育てることになるが、良世は掴みどころがなく何を考えているかもわからない。不気味な行動も多いなか翔子は子供を育てることに自信が持てず不安は募るが…。

『まだ人を殺していません』ネタバレ感想文|親の罪を子が背負う悲しみ

『まだ人を殺していません』は、親の罪を背負う子どもが描かれています。

タイトルの主語は「悪魔の子」と噂される良世。殺人犯の子どもです。少し不気味なタイトルですよね。「まだ」という言葉にヒヤリとしました。

ひつじくん。
ひつじくん。
まだってことは、これからなの?

ミステリー好きの私はそんなことを思ってしまう・・・。読む前から不穏な雰囲気です。読後は不穏さがなくなり、「まだ」がとても切なく響きました。

「悪魔の子」良世

父親が殺人事件の被疑者として逮捕されてから、彼の息子・良世と一緒に暮らし始めた翔子。良世は亡くなった姉の忘れ形見です。

世の中を騒がせた残忍な殺人犯の子どもだから、良世を「悪魔の子」とする世間の風潮に切なくなりました。

ひだまりさん。
ひだまりさん。
親の罪を子が背負うのは悲しすぎる。

場面緘黙症で言葉を発しない良世は不気味な少年でした。何を考えているのかわからないからちょっと怖い。

親が親なら子も子?

・・・と、疑惑が湧きあがったり。不穏な雰囲気を醸し出しつつ、落ち着かなくて読むのを止められません。

自分は悪くないのに、自分に親しい人が罪を犯したら自分も非難をあびる。

世間の避ける気持ちは私にもわかるんですよね。誰だって殺人者の身内には近寄りたくないものです。良世にとってはこれほど理不尽極まりないことは他にないかもしれませんが・・・。

それもひっくるめて被告の罪としていた東野圭吾さんの小説『手紙』はシビアです。

ひつじくん。
ひつじくん。
だから罪を犯しちゃいけないということなんだけど。

小林由香さんの小説を読んで、子を持つ親の責任は重大だと感じました。道を踏み外すと子どもにまで影響がでてしまうんです。そんなの悲しすぎる。

切ない良世の言葉「悪いことをしていないのに逃げるの?」

良世の言葉が切なく響きました。

「悪いことをしていないのに逃げるの?」

彼の父親が「ホルマリン殺人事件」の犯人ということを周囲の人に知られてしまったときに翔子に言った言葉です。

今は情報化社会だから、SNSなどですぐ拡散されてしまう。良世の個人情報も・・・。

「殺人犯の息子、悪魔の子、お前も必ず人を殺すって言われながら、ずっと逃げ続けなきゃいけないのかな」

まだ小学生なのに、これから何度同じことが繰り返されるのかと愕然とします。結局、良世は転校することになりました。

救いを感じた先生の言葉|小林由香の救済

重く悲しい物語ですが、小林さんの小説は「救済」も描かれているから心が温まるんです。

良世の担任の先生の言葉が素敵でした。

人は誰しも様々な事情を抱えて生きています。この世界に不安や問題を抱えていない人間はいません。つまり、問題があってもいいんです

ひだまりさん。
ひだまりさん。
否定するのではなく、「問題があってもいい」と肯定してくれるのは気が楽になるね。

自分が問題を抱えているとき、否定されてばかりだと落ち込んでしまうから・・・。

完璧な人はいなくて、誰でも弱い部分を持ち合わせているものです。私も他人の弱さを否定せず、肯定して受け入れられるような人でありたいです。

『まだ人を殺していません』タイトルが重く響いたラスト

読み始める前はタイトルに不穏さを感じたものの、読後は重く響きます。

私の息子は、まだ人を殺していません。きっと、この先もずっと─

タイトルにもなっている翔子の言葉から感じたのは、切なさと良世への愛情です。

  • 「まだ」をつけなければならない切なさ
  • 殺人犯の息子だから、悪魔の子だから・・・と言い続ける世間への毅然とした態度
  • 「きっと、この先もずっと─」と良世を信じる母親としての愛情
ひつじくん。
ひつじくん。
良世と暮らし始めたときはたどたどしかったけど、今は本当の親子みたいだ。

気持ちをぶつけ合って、翔子と良世の間に絆が深まるのには心が温まりました。自分がどう思っているのか、相手に伝えるのは大切なことですね。

小林由香さんの小説はどれも心に深く刺さる。『まだ人を殺していません』おすすめです。

感動必須!絶対泣ける小説
感動必須!絶対泣ける小説|ファンタジー・SF&ミステリー感動間違いなし、絶対泣ける小説を集めました。切なくて号泣&ほっこりと心温まるファンタジー、SF、シリアスなミステリー小説。どれも面白くておすすめです。読みやすい本ばかりでした。...
一度は読むべき面白かったミステリー&ホラー小説
【本当に面白い】一度は読むべき本|ミステリー&ホラー小説おすすめ人生で一度は読むべき!本当に面白いミステリー&ホラー小説を厳選しました。私を読書沼に落とした名作本です。読みやすいから初心者にもおすすめ。...
小林由香おすすめ小説
小林由香おすすめ小説|切なくて号泣!読みやすいミステリー小林由香さんのオススメ小説を紹介しています。重めミステリーから感動作まで、切ないけど読みやすい本ばかりでした。...