ミステリー・サスペンス

『staph スタフ』道尾秀介【あらすじと感想】悲しく切ない不可逆性変化の罪

この記事に書かれていること
  • 道尾秀介さんの小説『staph スタフ』あらすじと感想
  • 登場人物について
  • 乳酸菌でおにぎりが美味しくなる!?
  • スタフの意味
  • 不可逆性変化の罪と黄色ブドウ球菌

少しだけネタバレあります。

この罪を救えますか?

道尾秀介さん『staph スタフ』感想です。赤い表紙に楽しそうな料理風景が目を惹きますね。ランチワゴンで料理を売る女性が主人公のお話です。とても心にグッときました。

ひだまりさん。
ひだまりさん。
道尾さんは、どうしてこんなに人間味のある登場人物が描けるんだろう。

『staph スタフ』あらすじ

この罪を救えますか?

本の評価

おすすめ
かんどう
いがいさ
サクサク

【あらすじ】
夏都は、ランチワゴンで生計をたてていた。ある日ひょんなことから中学生アイドル・カグヤと出会い、力になるのだが・・・。

『staph スタフ』感想

一緒にいたいのに素直になれない子供心と彼らが背負ってしまった罪。

そんなつもりじゃなかったのに、どんどんドツボにはまっていく。最後まで読むとなんだか切なくなってしまいました。ミステリーというよりも家族に重点を置いた小説のように感じます。

深みのあるキャラクター

キャラクターに深みがありました。

主な登場人物
  • 道尾さん初の女性主・掛川夏都。彼女は離婚後、ランチワゴンで料理を販売して生計を立てていました。どこかヌケ感のある彼女が可愛く愛着がわきます。
  • 彼女と生活を共にする掛川智弥。苗字は同じですが 彼は海外で働く夏都の姉・冬花の息子です。かなり大人びた中学生の男の子。パソコンやネットに詳しく、夏都の話し相手になったり支えあっています。
  • 智弥が通う塾の数学講師・菅沼先生。彼のキャラがまた面白いんです。どうやら夏都のことが好きらしく・・・。

他にも個性的な登場人物がたくさん出てきます。一見冷めてるように見えるアイドル・カグヤ。彼女のファンのオブ、オブラージ、タカミー、プーなど。

道尾さんの描く人物は人間味があるんですよね。だから親しみやすく 本もサクサク読めちゃいます。

誘拐事件と一通のメール

主人公・夏都が間違えて誘拐されてされてしまいます。待っていたのはアイドルのカグヤ率いるファンの子たちでした。

カグヤの姉・女優の寺田桃李子が室井杏子に送った昔のメールを消してくれと頼むカグヤ。どうやら夏都は室井杏子と間違えて誘拐されたようです。

乗りかかった船ということで放っておけない主人公は彼女らを手伝うことにします。途中、病院のシーンではドキドキしました。

乳酸菌でおにぎりが美味しくなる!?

意外な乳酸菌効果

手で握ったおにぎりは時間が経つと美味しくなるようです。

乳酸菌効果で 時間が経つとうま味が増す。

ひだまりさん。
ひだまりさん。
乳酸菌のことは知らなかったけど、手で握った方が美味しものだとは思ってました。

これを伝えにわざわざランチワゴンにやってきた菅沼。ちょっと変わった人物ですが微笑ましいです。

このおにぎりの下りが面白くて好きです。特に菅沼のキャラが際立っていて。 面白い彼ですが、最後まで読むと子供の頃に背負ってしまった罪が明かされてキュンと切なくなりました。

この小説は、菅沼の子供時代を初め3つの罪が描かれています。不可逆性変化 (←再びもとの状態にはもどれないこと) の罪です。

スタフの意味、不可逆性変化の罪と黄色ブドウ球菌

「staph」の意味

「staph」とは黄色ブドウ球菌のことです。そして、ここでは不可逆性変化の罪が描かれています。

おにぎりを素手で握ると黄色ブドウ球菌が繁殖して食中毒を引き起こす可能性がある。

誰もが持っている菌ですが、それ自体に毒はなく菌の増殖過程で生産されるものに毒素があるようです。

乳酸菌で美味しくなったおにぎりですが、素手で握ることで黄色ブドウ球菌が繁殖するリスクもあるんですね。

ひとたび増殖してしまうと もう元通りにはならない。すなわち、不可逆性変化です。

この物語の子供たちは、それぞれが思い悩んでいる子ばかりでした。道尾さんが描く子供は どこか翳りがありますね。家族の愛に飢えています。

愛情を求めるあまり罪を犯してしまう―。それは人の人生を変えてしまうものかもしれなくて、一旦変わってしまえば、黄色ブドウ球菌が増殖したおにぎりのようにもう元の状態には戻れない。

「staph」というタイトルには、そのような意味があるのだと思いました。

3つの罪。彼らは救われるのでしょうか?・・・切なく子供たちを抱きしめてあげたくなりました。

一転する衝撃の結末

最後の最後に物語は一転しました!・・・さすが道尾さんですね。まさかこんな展開になるとは思いもよらなかったです。涙がとまりませんっ!!

あなたはこの罪を救えますか?

帯に書いてあった言葉が胸に刺さりました。・・・救えなかった罪。悲しかったけど、最後にあの子の胸のうちを知れて良かったと思いました。

こちらもオススメ

『スケルトン・キー』道尾秀介【あらすじと感想】切ないサイコパス道尾秀介さんの小説『スケルトン・キー』あらすじと感想です。少しだけネタバレあります。錠也の心情、サイコパスの要素、スケルトン・キーと鍵穴、小箱の中身について書いています。...
『鏡の花』道尾秀介 「もしも」 の世界を描いた連作短編集道尾秀介さんの小説『鏡の花』あらすじと感想です。少しだけネタバレあります。『もしも』の世界、後悔と深い哀しみ、今ある 「繋がり」、『シュタインズ・ゲート』について書いています。...
『笑うハーレキン』道尾秀介【あらすじと感想】偽りの顔と素の自分道尾秀介さんの小説『笑うハーレキン』あらすじと感想です。少しだけネタバレあります。全てを失ったホームレスたち、ピエロと道化師の違い、笑顔の裏にある哀しみ、アイツ (疫病神) の存在、意外なカラクリについて書いています。...

もっと見てみる

ABOUT ME
ひだまりさん。
ゆるりと本をよんでいます。ミステリー、ホラー、SF、ファンタジー、何でもよみます。ほとんど小説、ときどき絵本。→ 詳しいプロフィールはこちら

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA