経済・警察小説

『セイレーンの懺悔』中山七里【あらすじと感想】マスコミと裁かれない罪

少女は誰に殺されたのか―?

中山七里さん『セイレーンの懺悔』
面白かったです。中山七里さんはタイトルのつけ方が抜群にうまいと思いました。最後まで読むとこのタイトルにしっくりきます。事件を刑事目線ではなくて報道目線で描いたものです。

『セイレーンの懺悔』あらすじ

マスコミと裁かれない罪。

『セイレーンの懺悔』
おすすめ
かんどう
いがいさ
サクサク

【あらすじ】
帝都テレビの記者、里谷太一と朝倉多香美は、スクープを狙っていた。そこに事件がおこり・・・。

『セイレーンの懺悔』感想

新鮮でした。スクープを狙って被害者や加害者を追いかけるマスコミ。事件の犯人を追う警察とマスコミは目的が同じようでいて全然違う。いくつもの言葉が心に刺さりました。

テーマは「マスコミ」

どんでん返しの帝王

どんでん返しの帝王・・・とよく帯に書かれている中山七里さん。彼の作品は全て読んだわけではありませんが、そう言われているだけあってビックリする結末が多いです。

少女を本当に殺したのは誰なのか―?

帯に書かれていた文章を読んで興味を覚えて買いました。確かにどんでん返しがありました! ・・・何となく犯人や展開が読めてしまいましたが。

でも、それだけではないんですよね、七里さんの本は。私が今まで読んだもので特に好きなのは、御子柴礼司シリーズです。少年犯罪、そして贖罪について深く追求している作品。どんでん返しも楽しめるけど考えても容易に答えが出ないテーマを扱っていて、それが良いんですよね。

『セイレーンの懺悔』で扱っているテーマは、マスコミの在り方です。

主人公の朝倉多香美を通して、胸に重しをつけられたような痛みを感じました。

女子高生誘拐事件 発生!!

「アフタヌーンJAPAN」の里谷太一&朝倉多香美のペアの目的はただ一つ、スクープをとること。

そんな時、女子高生誘拐事件が発生します。さっそく取材に乗り出す2人ですが、まず刑事さんを尾行し始めます。その刑事さんというのは宮藤刑事です。(この宮藤さんがまた素敵でファンになってしまいました。)とてもキレ者で彼が行くところに犯人あり!!・・・とスクープにありつける可能性が高くなるからです。・・・賢い2人。

でも「アフタヌーンJAPAN」は未だかつて無いほどの大惨事を起こしてしまうんです・・・。報道では決してあってはならない大誤報。

メディアの影響はとても大きいですね。

無条件に信じてしまう民衆も悪いけど、それによって誤報された当事者たちの人生が狂ってしまう時があります。テレビを通して伝えることは、とてつもない責任感が伴うことなんだなと思いました。

そう言えば「アフタヌーンJAPAN」って、他の中山さんの著作にも出てくるんですよね。

『切り裂きジャックの告白』です。
あのお話で犯人を煽る報道をしてしまった帝都テレビは、それを挽回しようとスクープを狙っている・・・というワケです。こういうリンクも読んでいると楽しいですね。

「知ること」と「伝えること」

ここで問われているのはマスコミの在り方です。

報道側の多香美と、刑事の宮藤のやり取りに心を奪われました。警察とマスコミは同じ犯人を追っているけれど目的は全然違う。厳しく言い放つ宮藤刑事。多香美目線で読んでいた私までグサっときました。

中山さんは、彼女ら報道の人間をあるものに喩えています。「セイレーン」です。

・・・セイレーンって、怪物?

酷い言われようですね。
でも被害者や加害者、その周辺の人たちに付きまとい煽るように報道する「アフタヌーンJAPAN」を見ていると、それも頷けてしまいます。傷つく多香美。言い返す言葉がなくて、自分の仕事に迷いが生まれ苦しむ姿には胸が痛みました。・・・マスコミの仕事って何なんだろうと思ってしまいます。

真実の追求でも被害者の救済でもない。当事者たちの哀しみを娯楽にして届けているだけだ

この部分を読んだ時に、米澤さんの『王とサーカス』が頭に浮かびました。ジャーナリストである万智を通して、「知ること」と「伝えること」について深く追求している作品です。その中にも同じく「娯楽」という言葉がでてくるんです。

伝えることと、知ること。「報道の自由」「知る権利」なんてあるけれど、哀しみのどん底にいる人たちを救ってはあげられない。

伝える報道人はそれを娯楽にして届け、それを見る私は心が痛むけど時間が経つと何もなかったかのように普段の生活に溶けていく。「娯楽」という言葉がこの本でまた心に刺さりました。

裁けない罪

犯人は無事、逮捕されたのですが、そこにはもう一つの罪がありました。裁判で裁けない悲しい罪です。

こういうのって やり切れなくなりますが、絶対いつかは罪の大きさに気づく時が来るのだと思います。そして重い十字架を背負って生きていかねばならない。・・・ひょっとしたら裁かれるよりも過酷なのかもしれません。

懺悔

最後はとても良かったです。まさに「セイレーンの懺悔」。多香美によって本来のマスコミの在り方を教わった気分になりました。

ABOUT ME
ひだまりさん。
ゆるりと本をよんでいます。ミステリー、ホラー、SF、ファンタジー、何でもよみます。ほとんど小説、ときどき絵本。→ 詳しいプロフィールはこちら

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA