おすすめ本特集

コレは読んでおきたい!ファンタジー小説おすすめ|ダークファンタジーから異世界まで

ファンタジー小説おすすめ

面白かったファンタジー小説をご紹介します。日常に疲れたとき、ここではない異世界を味わいたいときにオススメ。

  • 超おすすめファンタジー小説
  • 長野まゆみのファンタジー小説
  • 冒険ファンタジー小説
ひだまりさん。
ひだまりさん。
実際に読んで面白かった本を厳選しました。

超おすすめ!マジで面白かったファンタジー小説

まずは 超おすすめのファンタジー小説を5冊ご紹介します。めちゃめちゃハマりました。読んでなければ、今すぐ読みましょう。

『かがみの孤城』辻村深月|異世界ファンタジー

あらすじ

心に傷を負い、家に引きこもっていた中学生のこころ。ある日、突然部屋の鏡が光りだして・・・。

2018年 本屋大賞受賞作。面白くて夢中で読みました。舞台となる鏡のお城がとても素敵な場所です。何かしら心に傷を負った子どもたちが集まる孤城。

ひだまりさん。
ひだまりさん。
辻村さんは子ども心を描くのが上手いですね。

助け合うこと。この小説を読んでいると、その言葉の重みに気づきました。今苦しんでいる子どもにも、大人にも読んでもらいたい1冊です。

『かがみの孤城』あらすじ・読書感想文|感動の結末|辻村深月辻村深月さん『かがみの孤城』あらすじと読書感想文です。ネタバレと小説の評価もあります。登場人物と読む時のポイントについてまとめました。ラストは伏線が回収されて圧巻でした。...

『図書館の魔女』高田大介|言葉のファンタジー

あらすじ

ある日キリヒトは 図書館の魔女・マツリカに仕えることになった。「ことば」 を操る彼女は 自分の声を持たない少女だった―。

ファンタジーだけど魔法とかは出てこなくて、そこにあるのは濃密で重厚な 「ことば」 でした。この雰囲気がたまらなく好き。マイベスト小説と言いたいほどハマった本でした。

ひだまりさん。
ひだまりさん。
これから初めて読む人が羨ましい。

何度でも読みたくなるような、ずっと本の世界に浸っていたくなるような面白さです。文庫で4冊ですが、超おすすめ。

『図書館の魔女 上』高田大介【あらすじと感想】マツリカとキリヒトが奏でる指話の世界高田大介さん『図書館の魔女』1、2巻のあらすじと感想です。少しだけネタバレもあります。めちゃくちゃ面白くて止まりませんでした。マツリカとキリヒトが愛おしくてたまらなくなりました。...

『折れた竜骨』米澤穂信|異世界ファンタジー

あらすじ

魔法や呪いが存在する世界、ソロン諸島。そこで暮らすアミーナの父が何者かによって殺された。いったい犯人はだれなのか?

ミステリー+ファンタジー小説。謎解きも面白く、世界観も素晴らしい。文句無しにおすすめの1冊です。小さな謎が散りばめられていて、最後には伏線が全て回収されるのが爽快でした。

ひだまりさん。
ひだまりさん。
呪われたデーン人も面白かった。

ディズニー映画「パイレーツ・オブ・カリビアン」を連想しました。米澤さんはファンタジーも上手い作家さんです。

『折れた竜骨』米澤穂信【あらすじと感想】ソロンの戦いと散りばめられた謎米澤穂信さんの小説『折れた竜骨』あらすじと感想です。少しだけネタバレあります。魔術の世界と謎解き、父を殺したのは誰か、呪われたデーン人、迫力満点の戦闘シーンについて書いています。...

『夜市』恒川光太郎|ダークファンタジー

あらすじ

裕司から「夜市にいかないか」と誘われた大学生のいずみ。小学生のころに夜市を訪れた裕司は、弟と引き換えに「野球の才能」を買ったのだという。そして今夜、弟を買い戻すために夜市を訪れたのだった―。

表題作 「夜市」 と 書き下ろし 「風の古道」 が収められています。第12回日本ホラー小説大賞受賞作ですが、どちらかというとファンタジーよりの2篇。どちらも大好きです。

ひだまりさん。
ひだまりさん。
宮崎駿さんのアニメ 『となりのトトロ』や『千と千尋の神隠し』を連想したよ。

ラストは深い哀しみに包まれます。恒川さんが描く美しくも哀しい世界観が魅力。読後の余韻が良いんですよね。

『夜市』恒川光太郎【あらすじと感想】美しくも哀しいラスト/ホラーファンタジー恒川光太郎さん『夜市』あらすじと感想です。少しだけネタバレあります。ラストは深い哀しみに包まれました。切なくも美しいホラーファンタジー小説です。...
「風の古道」 恒川光太郎『夜市』より【あらすじと感想】レンに会いたい!美しく懐かしい異世界恒川光太郎さん『夜市』より 「風の古道」 あらすじと感想です。少しだけネタバレもあります。レンに会いたいなと思いました。ラストの哀しみの余韻が心地よかったです。...

『新世界より』貴志祐介|ダークファンタジー

あらすじ

子供たちは、大人になるために「呪力」を手に入れなければならない。一見のどかに見える学校で、子供たちは徹底的に管理されていた。いつわりの共同体が隠しているものとは―。何も知らず育った子供たちに、悪夢が襲いかかる。

SFよりのホラー・ファンタジー。ハマりました。貴志祐介さんの小説ではダントツの面白さです。ブキミで切なくて、ディストピアな世界観が魅力的。

ひだまりさん。
ひだまりさん。
社会の仕組みが明かされたとき衝撃だった。

文庫本で、上・中・下巻の3冊とボリュームがありますが、面白すぎて止まらなくなりました。おすすめです。

貴志祐介『新世界より 上』あらすじと感想 / 消えゆく子供たち貴志祐介さん『新世界より』上巻のあらすじと感想です。世界観がすごくて、かなり面白かったです。おすすめのSFホラー小説。最後までドキドキ・ハラハラの展開でした。...

長野まゆみのファンタジー|ほっこりしたいときに

ファンタジーと言えば、長野まゆみさんは外せません。美しい言葉と、ほっこり癒される小説を厳選しました。

『耳猫風信社』長野まゆみ|ほのぼのファンタジー

あらすじ

日記帳を買いに隣町を訪れたぼく。そこでふしぎな少年と出会う。隣町は何もかも不思議であふれていた。

11歳の少年・トアンが主人公の不思議な物語です。子どものころを思い出して懐かしい気持ちになりました。ほっこりと癒されたいときにおすすめのファンタジー。

ひだまりさん。
ひだまりさん。
『となりのトトロ』を連想したよ。

いつも行けるとは限らない場所。でも子どもにだけ、突然トビラはひらくんです。そんな不思議が心地よい小説でした。

『耳猫風信社』長野まゆみ【あらすじと感想】気まぐれな となり町長野まゆみさんの小説『耳猫風信社』あらすじと感想です。少しだけネタバレあります。不思議な隣町、長野さんが描く少年、リキュール、取り壊されたはずのビルについて書いています。...

『月の船でゆく』長野まゆみ|ほのぼのファンタジー

あらすじ

ジャスが出会った不思議な少年・ティコ。彼は父親を探しに月から来たという。切なくも美しいファンタジー小説。

ジャスが出会った不思議な少年・ティコ。彼は父親を探しに月から来たという・・・。心温まるファンタジー。人間と猫が共存している世界観が好きです。

ひだまりさん。
ひだまりさん。
「ココレット」という飲みものが気になりました。

ショコラと珈琲と牛乳を三等分にして温めた飲みもの。長野さんの小説には よく美味しそうな飲みものや食べものがでてくるんです。

『月の船でゆく』長野まゆみ【あらすじと感想】回転木馬の思い出とココレット長野まゆみさんの小説『月の船でゆく』あらすじと感想です。少しだけネタバレあります。猫と人間が共存する不思議なファンタジーでした。ティコの願いとココレットについても書いています。...

『少年アリス』長野まゆみ|異世界ファンタジー

あらすじ

蜜蜂が忘れてきた本を取りに行くために、一緒に学校に忍び込むアリス。そこで彼らはふしぎな光景を目にするのだった―。

不思議な世界観が素敵でした。夜の理科室で生徒たちが作ったもの。ブリキの月と貝がらの星です。読後に夜空を見上げると、もしかしたら あの月と星も生徒たちが作ったのかもしれないと思えます。

ひだまりさん。
ひだまりさん。
ほのぼのしました。

美しい言葉と独特の表現力。これぞ長野ワールドです。

『少年アリス』(改造版) 長野まゆみ【あらすじと感想】美しい言葉に魅入られて長野まゆみさんのファンタジー小説『少年アリス』(改造版) あらすじと感想です。少しだけネタバレあります。夜の理科室と人の子ではない生徒たち、ブリキの月と貝の星、繊細で美しい言葉について書いています。...

こちらもおすすめ!冒険 (異世界) ファンタジー

最後に主人公が冒険の旅にでるファンタジーを2冊ご紹介します。

『本を守ろうとする猫の話』夏川草介|異世界ファンタジー

あらすじ

高校生の夏木林太郎は 書店を経営する祖父と暮らしていた。その祖父が亡くなり、本の整理をしていたとき 1匹のふしぎなトラネコと出会う。本をめぐる冒険が始まった。

1匹のネコと本をめぐる旅をするファンタジー。夏川さんの 「本が好き」 という気持ちがたくさん詰まっている1冊でした。「本が好き」 という気持ちを実感できます。

ひだまりさん。
ひだまりさん。
夏川さんの言葉は優しいようで鋭い。

たくさんの心に刺さる言葉が描かれていました。時間をかけてゆっくり読みたくなる物語です。

『本を守ろうとする猫の話』夏川草介【あらすじと感想】本を愛する人々夏川草介さん『本を守ろうとする猫の話』あらすじと感想です。夏川さんの「本が好き」という気持ちがたくさん詰まっていました。本好きにおすすめの小説です。テーマである「本」について感じたことも書いています。...

『過ぎ去りし王国の城』宮部みゆき|異世界ファンタジー

あらすじ

あるとき、古城のデッサンを拾った尾垣真は、不思議な体験をする。絵の中にアバターを書くと、その絵の世界に入ることができるのだった。

宮部さんが描く世界観が素敵でした。表紙の絵のようなお城があるところ。過ぎ去りしという言葉から連想できるのは、廃墟のような少し寂れた場所です。絵の中に入って冒険をするファンタジー。

ひだまりさん。
ひだまりさん。
とても魅力的。

小説を読みながら、一緒に冒険している気分になりました。ピリッと怖くて、最後はほっこりします。

『過ぎ去りし王国の城』宮部みゆき【あらすじと感想】虜になるファンタジー世界宮部みゆきさんのファンタジー小説『過ぎ去りし王国の城』あらすじと感想です。少しだけネタバレあります。憧れの異世界、塔の中の少女、読書の醍醐味、それぞれの居場所について書いています。...

おすすめファンタジー小説まとめ

おすすめファンタジー小説でした。

紹介した本
  • 『かがみの孤城』辻村深月
  • 『図書館の魔女』高田大介
  • 『折れた竜骨』米澤穂信
  • 『夜市』恒川光太郎
  • 『新世界より』貴志祐介
  • 『耳猫風信社』長野まゆみ
  • 『月の船でゆく』長野まゆみ
  • 『少年アリス』長野まゆみ
  • 『本を守ろうとする猫の話』夏川草介
  • 『過ぎ去りし王国の城』宮部みゆき
ひつじくん。
ひつじくん。
気になる本、あった?

こんな記事もあります

読まなきゃ損!心に残った本
読まなきゃ損!心に残った本15選|2019年に読んだ面白かった小説読まなきゃ損!2019年に読んだ心に残った本を紹介しています。SF・ファンタジー、ミステリー、名作・ほっこり癒され小説から15冊を厳選しました。読書の参考にして下さい。...
最高に面白い 東野圭吾 おすすめ小説
【東野圭吾】読むならコレ!おすすめ・面白い小説|ミステリーからラブストーリーまで読むならコレ、最高に面白い!東野圭吾おすすめ小説を厳選して紹介します。東野圭吾さんの小説の魅力も書いています。...
癒されたい時におすすめの小説
癒されたいときに読みたい!ほっこり心温まる小説|日常に疲れたときにオススメほっこり・心温まる小説を厳選しました。癒されたい時、疲れた時におすすめです。読むと元気になれて心に染みる本を紹介。ほのぼのと心が温まります。読書の参考にして下さい。...
【貴志祐介おすすめ小説】迷ったらコレを読むべき!間違いなく面白いホラー小説6選貴志祐介さんのホラー小説の中で特にオススメを厳選しました。怖すぎるサイコパスもの、切なくて泣ける小説、面白すぎた長編SFなどをご紹介。簡単なあらすじと感想も書いています。...
ABOUT ME
ひだまりさん。
ゆるりと本をよんでいます。ミステリー、ホラー、SF、ファンタジー、何でもよみます。ほとんど小説、ときどき絵本。→ 詳しいプロフィールはこちら