SF・ファンタジー

『折れた竜骨』米澤 穂信【あらすじと感想】ソロンの戦いと散りばめられた謎

父を殺した犯人は、だれ?

米澤穂信さん『折れた竜骨』
米澤さん、面白いです!!私が読んだ米澤さん作品の中では一番好きかも。ファンタジーのようでいて、しっかり謎解きミステリーになっているのが素晴らしいです。

少しだけネタバレあります。

『折れた竜骨』あらすじ

謎解きあり、ミステリーありのファンタジー

『折れた竜骨』
おすすめ
かんどう
いがいさ
サクサク

【あらすじ】
魔法や呪いが存在する世界、ソロン諸島。そこで暮らすアミーナの父が、何者かによって殺された。いったい犯人はだれなのか?

『折れた竜骨』感想

読み始める前はその世界観にうまく溶け込めるか心配でしたが、杞憂に終わりました。「うん?これは面白いぞ!」と思い、最後まで一気に読めてしまいます。さすがだなぁ・・・。感嘆のため息。

この小説を読んで面白いと思った要素は2つあります。それをまじえてレビューを書いていきます。

魔術の世界と謎解き

時代は12世紀末のヨーロッパ。

ソロン諸島という架空の国が舞台となっています。魔法や呪いが存在する世界。でも、すんなりそこに入っていけました。暗殺騎士の魔術。呪われたデーン人。・・・ファンタジーやSFものって、その世界に入っていけないとそれだけでアウトですよね。

最大の謎はソロン諸島の領主、ローレント・エイルウィンを殺したのは誰か、です。

この物語は謎解きがメインになっているんです。米澤さんは小さな謎を散りばめるのが上手い作家さんです。そしてちゃんと全て解決されるからスッキリします。

父を殺したのは誰か?

面白い要素その1

ファルクとニコラが推理していく謎解き。

主人公アミーナの父、ローレントが何者かによって殺されてしまいます。その晩、父はデーン人の襲撃に備えて傭兵をソロンに招いていました。鋭い推理を繰り広げるのは、ファルク・フィッツジョン (聖アンブロジウス病院兄弟団の騎士) と、ニコラ・バゴ (ファルクの従士)。彼らは暗殺騎士を追って旅をしていました。

怪しいのは傭兵を含む8人。この中に暗殺騎士に操られ、父を殺した走狗 (←容疑者) はいるのか?

ファルクは、鋭い観察眼を披露します。そしてそれに基づく推理には引き込まれました。1人ずつ消去法で推理していきます。その過程がなんと言うか素晴らしいんです。

米澤さんの著作『氷菓』や『さよなら妖精』を読んだ時にも思ったのですが、やはり上手い。丁寧で鋭い言葉の数々にハッと息を飲みます。最後の展開には土肝をぬかれました。

呪われたデーン人

米澤さんが描く謎は犯人探しだけには留まりません。ここに登場する呪われたデーン人も面白い。館の西に立つ古びた塔に囚われているトーステン・ターカイルソン。彼は呪われたデーン人の捕虜でした。

以前に見たディズニー映画「パイレーツ・オブ・カリビアン」に出てくる海賊を思い出しました。

トーステンが密室状態の牢獄から消えてしまいます。それもローレントが殺された夜に。彼はいったいどこにいってしまったのか?

決戦!! 勝利は誰の手に・・・

面白い要素その2

戦いのシーン。

アミーナの父は、呪われたデーン人の襲撃に備えて傭兵を雇っていました。(その人たちもローレントを殺した容疑者ですが・・・)

【傭兵】
  • コンラート・ノイドルファー (遍歴騎士)
  • イテル・アプ・トマス (弓手)
  • ハール・エンマ (女戦士)
  • スワイド・ナズィール (魔術士)
戦士とか魔術士とか・・・。ドラクエやFFみたいで楽しい。

彼らとファルクやニコラも戦いに身を投じます。敵は呪われたデーン人の軍団です。まるで映画を見ているかのような戦いのシーンは目を離せませんでした。圧巻です。

この場面でもファルクやニコラの観察眼は鋭く、後に推理を披露するのだからすごい。米澤さんは至るところに伏線を張りめぐらせています。

スッキリと収まる結末

様々な謎が散りばめられた本作品。最後には伏線が全て回収され、スッキリしました。『折れた竜骨』というタイトルの意味もわかります。

あとがきに・・・

あとがきに、米澤さんがなぜ舞台を12世紀のヨーロッパにしたのかが書かれていました。

ブラザー・カドフェルというのは、エリス・ピーターズ作のミステリー小説の主人公なんですね。小説もちょっと気になります。『折れた竜骨』続編でないかな。 すごく読みたいです。

ABOUT ME
ひだまりさん。
ゆるりと本をよんでいます。ミステリー、ホラー、SF、ファンタジー、何でもよみます。ほとんど小説、ときどき絵本。→ 詳しいプロフィールはこちら

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA