スキマ時間に・・・

『百万円もらった男』町田康/才能と努力「100万分の1回のねこ」

「100万分の1回のねこ」6話目は、町田さんの短編『百万円もらった男』のレビューです。なんだか狐につままれたような不思議なお話でした。

少しだけネタバレあります。

『百万円もらった男』あらすじ

100万円で才能を売った男の話

『百万円もらった男』
おすすめ
かんどう
いがいさ
サクサク

【あらすじ】
ギター弾きの男は評判が良かったのですが、劇場のマネージャーに嫌われていたため、あまり仕事を貰えませんでした。ある時、電話で仕事の依頼がありました。彼は待ち合わせの喫茶店に行くと、「あなたの才能を買いたい」と1人の男に言われるのですが・・・。

『百万円もらった男』感想

佐野さんの絵本『100万回生きたねこ』のトリビュート作品集なのに、猫が出てこないじゃないか。・・・でももしかして猫!? と思う記述はあったので、それがそうなのかしら? 自由気ままな作品に、つい微笑んでしまいました。

町田さんの小説は初めて読むのですが、クスっと笑ってしまうようなユーモアを持ち合わせた作家さんです。よくわからない曖昧なところがまた良いんですよね。想像力が掻きたてられて、読めば読むほど深みにハマりそうです。

才能の値段

もしも自分に才能があったら

それに値段をつけるとしたら、いくらになるでしょうか? いくらだったら、それを手放せますか?

才能を売るだなんてとんでもない!! ・・・そんな声が聞こえてきそうです。

本書の主人公であるギター弾きの男は、ぐうたらとした生活を送っていました。そして、ある勘違いから才能を100万円で売ってしまうんです。八甲田 大八という男に。

ひだまりさん。
ひだまりさん。
もったいない。

彼はまさか本当に才能を売ってしまうことになるなんて気づきもしないんです。かなり能天気な主人公ですが、町田さんが描く彼はどうも憎めません。・・・でもそこから主人公の人生は狂い始めます。

百万円もらったら・・・

唯一の才能を売ってしまった彼。ちょっと胸に引っかかりを抱えながらも、楽しく読めました。もし百万円もらったら・・・と、考えながら読んでいたからかもしれません。

ひだまりさん。
ひだまりさん。
私もまず美味しいものをお腹いっぱい食べたいな。でもあっという間になくなっちゃいそうですね。

町田さんはそのお金が減っていく様子を細かく書いているんです。どんどん減っていくのは切なくなってきます。

宝のもちぐされ

本書を読んで感じたことは、才能って持っているだけではダメなんだということです。

主人公の男から才能を買った八甲田は、ミュージシャンとして成功します。音楽は大ヒットし、ダンサーとの結婚話も・・・。本当は彼が歩むべきだったはずの成功の人生です。

もし才能を売らなかったら、主人公の男は同じく成功していたでしょうか?

・・・していなかったのではないかしら。以前と同じような感じであったのなら。宝のもちぐされ、です。八甲田が成功した裏には「努力」があったはずです。

努力と信念

才能ってあれば嬉しいけど、努力しないと宝の持ち腐れになってしまうものなのかもしれません。たぶん成功している人は努力を怠らない人だと思うからです。

ぼったくりバーで出会った1人の男が、主人公に言った言葉が素敵でした。

どんなよい畑でも耕し、種を蒔き、水を撒かなければなにも稔らんよ。

「才能」を「畑」に例えています。畑を耕し、種を蒔き、水をやる。主人公の彼は、それを怠っていたから芽が出なかったんです。しかも100万円で売ってしまった・・・。もったいないことをしたものです。

才能を開花させるためには、諦めないことと自分を信じる信念のようなものも大切なんですね。トリビュート作品集の枠をこえて、自由気ままな作品なのに意外と深い町田さんの短編。・・・面白いです。

その後の主人公と猫

その後、彼は姿を消してしまいます。

「荒地に行って種を蒔いてきます」とひとこと言い残して。才能という良い畑を売ってしまったあとに残るのは、作物の育たぬ荒れた地。彼はそれでも種を蒔くという決心をして頑張ろうとしているんだなと思ったのですが・・・。

ひだまりさん。
ひだまりさん。
彼はどうしてしまったのでしょう?

実は3回くらいこの小説を読んだのですが、よくわからない。その曖昧さが良いのかな。最後にどこからかピアノの音と混ざって呻き声が聞こえてくるんです。呻き声?その言葉には、動物が威嚇するときに出す声との意味もあるようですね。・・・これって、ひょっとして猫?

こちらも一緒にどうぞ。
佐野洋子さんの絵本のレビューです。

『100万回生きたねこ』(絵本)佐野洋子【あらすじと感想】生きるのをやめた理由心温まる不思議な猫の物語佐野洋子さん『100万回生きたねこ』昔よんだことがあったのですが、また読みたくなって借りてきました。佐野洋子さん...

絵本『100万回生きたねこ』に捧げるトリビュート作品集。他のレビューはこちら。

ABOUT ME
ひだまりさん。
ゆるりと本をよんでいます。ミステリー、ホラー、SF、ファンタジー、何でもよみます。ほとんど小説、ときどき絵本。→ 詳しいプロフィールはこちら

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA