スキマ時間に短編集

『生きる気まんまんだった女の子の話』江國香織/100万分の1回のねこ

この記事に書かれていること
  • 江國香織さん『生きる気まんまんだった女の子の話』あらすじと感想
  • 温かさと切なさ
  • 女の子のコッコロ
  • 生きることの喜び
  • 夫を愛していた女の子

少しだけネタバレあります

第1話、江國香織さん『生きる気まんまんだった女の子の話』感想です。

佐野洋子さんの絵本『100万回生きたねこ』を読んだら、こちらの本も読んでみたくなりました。トリビュート短編集です。13人の作家さんが描く13の物語。

13話すべてのレビューを書いています。

ひだまりさん。
ひだまりさん。
まずは第1話、江國香織さんの短編です。

『生きる気まんまんだった女の子の話』あらすじ

誰も好きにならないと心に決めた女の子のお話

本の評価

おすすめ
かんどう
いがいさ
サクサク

【あらすじ】
両親を早くに亡くし、叔母さん夫妻にひきとられた女の子。生きていることが楽しくて、誰も好きにならないと心に決めるのだったが・・・。

『生きる気まんまんだった女の子の話』感想

もう1度『100万回生きたねこ』を読みたくなっちゃいました。さすがトリビュート作品ですね。江國さんの短編はトップバッターにぴったりです。

温かさと切なさ

この物語を読んで抱いた想い。それは佐野さんの絵本『100万回生きたねこ』を読んだ時とまったく同じでした。

温かさと切なさです。

あの絵本を読んだことがある人は、わかって頂けるかな?

他者を愛して生きる実感が持てたことの温かさと、愛する白ネコが死んでしまったことの切なさです。

あの猫のように100万回生きたいがために人を好きにならないと決意した主人公。けれどいつしかダメな夫を愛していた温かさと、夫を失った切なさ。

ひだまりさん。
ひだまりさん。
大切なことは失ってから気づくんですよね。ちょっぴり切ないけど、人を愛せて良かった。

女の子のコッコロ

主人公の女の子が可愛いんです。誰も好きにならないぞっ!と決意する気持ちには ある理由がありました。

だれも愛さなかったから何度も生きられた―。

『100万回生きたねこ』を読んで、そう信じて疑わない女の子。彼女は「生きる気まんまん」なのです。ちょっと思い違いをしているけれど微笑ましい。

気になった言葉があります。

「コッコロ」です。

不器用だけど一生懸命さを感じて「心」と書くよりも温かさが伝わってきました。可愛らしい表現ですね。主人公の女の子に似合う。

佐野洋子さんの小説で『コッコロから』というのがあるようです。恋愛ものらしい。読んでみたくなりました。

生きることの喜び

主人公から 強い「生」への執着が感じられました。

ひつじくん。
ひつじくん。
人を好きにはならないけれど、生きることへの喜びは人一倍あったんだね。

花屋の叔母さんの元でたくさんの植物の名前を覚えたり、長距離ドライバーの叔父と一緒に たくさんの土地を旅したり・・・。

ワクワクする気持ちが伝わってきて楽しくなりました。江國さんが抱く「好き」がたくさん書かれています。

ひだまりさん。
ひだまりさん。
江國さんの本を読むと毎回感じるのが「好き」が詰まった楽しさ。

この世界にはたくさんの素敵なモノがあるんだなと気づきます。風景だったり匂いだったり・・・。案外、身近にあるものなんですよね。

夫を愛していた女の子

女の子は絶対好きにならない人と結婚をします。彼はいわゆるダメ男でした。怠惰で卑屈で小心でいばり屋。おまけに無職です。

人を好きにならないモットーがある彼女には最高の人なんでしょうけど・・・。夫が亡くなってからあることに気づくんです。

彼女は夫を愛していた。

そっかぁ・・・、と切なくなりました。

ひだまりさん。
ひだまりさん。
愛せて良かったとも思う。もっと早くに気づけてれば良かったね。

その後は毎日 夫のお墓にお花を供えにいく。あの絵本の猫のように もう100万回生きることはできなくなってしまったけど、後悔なんて微塵も感じられません。

読後は穏やかな気分になりました。きっとこれからも彼女のコッコロは夫を想いながら一緒に生きていくんだろうな。

こちらもオススメ

『100万回生きたねこ』(絵本) 佐野洋子【あらすじと感想】生きるのをやめた理由佐野洋子さんの絵本『100万回生きたねこ』あらすじと感想です。猫が生きるのをやめた理由についても書いています。...
大人におすすめの絵本
【大人におすすめ絵本】ほっこりと学べて癒される大人向け絵本特集 プレゼントにも!大人におすすめ絵本を厳選して紹介しています。学べる絵本、幸せな気分になれる癒しの絵本、切ない絵本、教科書の名作など、プレゼントにもおすすめです。...

他のレビューはこちら

絵本『100万回生きたねこ』に捧げるトリビュート作品集 「100万分の1回のねこ」。

「100万分の1回のねこ」

江國香織さんの小説

『なかなか暮れない夏の夕暮れ』江國香織【あらすじと感想】ページをめくる官能と幸せなひととき江國香織さん『なかなか暮れない夏の夕暮れ』あらすじと感想です。この小説は3つの世界観が楽しめました。妻がいながらゾーヤにひかれてしまうラース。ミステリーでも男女の「愛」を描いているところが江國さんっぽいなと思いました。...
『きらきらひかる』江國香織【あらすじと感想】銀のライオンと純度100%の愛江國香織さんの小説『きらきらひかる』あらすじと感想です。少しだけネタバレあります。危うい結婚生活と純粋な愛、銀のライオンについても書いています。...
『ねぎを刻む』江國香織【あらすじと感想】孤独と向き合う方法江國香織さんの小説 「ねぎを刻む」 あらすじと感想です。『つめたいよるに』に収録されている短編。「ねぎを刻む」 を読むだけで孤独がどういうことかわかる教科書のような物語でした。一心不乱に何かをすること、テーマ・孤独についても書いています。...

もっと見てみる

ABOUT ME
ひだまりさん。
ゆるりと本をよんでいます。ミステリー、ホラー、SF、ファンタジー、何でもよみます。ほとんど小説、ときどき絵本。→ 詳しいプロフィールはこちら

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA