スキマ時間に・・・

『春が来た』向田邦子【あらすじと感想】つかの間の春/「隣の女」より

切ない恋と、家族の再生の物語。

向田さんの短編集『隣の女』に収められているひとつ、「春が来た」です。これ、切ないけど面白い。1人の男によって変わっていく家族の物語です。

少しだけネタバレあります。

『春が来た』あらすじ

恋したくなる。・・・ちょっぴり切ないけど心が温まる物語。

『春が来た』
おすすめ
かんどう
いがいさ
サクサク

【あらすじ】
冴えないOL、直子の前に現れた1人の男、風見隆一。彼の存在により、直子を取り巻く家族の生活が変わっていく・・・。切ない恋と、家族の再生を描いた珠玉の短編。

『春が来た』感想

『春が来た』は、家族の再生を描いた物語でした。

再生の物語

この小説、面白いなと思ったのは、恋人ができた直子だけでなく彼女の家族も変わっていくのが興味深かったです。それも良い方向に。

直子は綺麗になり、妹は社交的になり、父は男らしくなり、母は女らしくなる。・・・それも全て1人の男の影響で。

人って人と関わることで成長していくんですね。

自分を良く見せたいから見栄もはるけど、そのために頑張ったりもする。元気な人といると自分も元気を貰えるような気もするし。この崩壊しかかった家族をみていると、微笑ましくなります。

女の見栄と器の広い男

直子は、風見に対して大きな見栄をはっていました。父は広告会社の重役、母はお花の心得がある。本当は違うのに・・・。でもその気持ちも理解できなくはないです。

自分に自信がないくせに、魅力的にみせようとしてしまうのは誰にでもあることなんじゃないかな。

大事なのは、今のこの瞬間。それは分かるけど・・・。

あとさき考えない、すぐにバレてしまう嘘をつくと、後々それがバレたときに自分が惨めになります。

だから ひだまりさん。は あまり見栄ははらないようにしています。でも仕事では、ちょびっと見栄をはることもあって・・・。男より女の方が、見栄ってはるものなのかなと思います。

嘘をついても、それが本当になるのならすごいけど、なかなかそうはいきません。直子の嘘は結局すぐバレてしまうんです。でも風見は、嘘がバレたのに、それからも直子と彼女の家族に関わる。

なんて器の広い男!

つかの間の春

風見が直子の家にご飯をたべに来るようになって、彼女と彼女の家族に変化がおとずれます。

  • 直子 → キレイになった。
  • 母 → 女になった。
  • 父 → 男らしくなった。

いいことづくしですね。直子の家に、やっと春が来た!!風見という新しい風が入ったことにより、壊れかけていた家族がまたひとつにまとまっていく。父は男らしく、母は女らしくなったのには少し笑ってしまいましたが。それまでは何だったんだろう?

・・・でも春は短いもの。直子の春は、つかの間だったんです。

甘く切ない恋のゆくえ

この恋のゆくえには、あ然としてしまいました。・・・切ない。そう書くと展開がバレてしまいますが、破局します。その理由が・・・。

風見さんのエネルギー、すべて家族にすいとられちゃったのかな。

直子にとっては可哀想だけど、でもつかの間の春をもたらしてくれた彼は、やっぱり素敵な人なんでしょうね。

『春が来た』清々しい結末

彼と別れてから急展開をみせます。

なんと元気だった母が他界する・・・。この展開には息を飲みました。でも結末は重くなく清々しいもので。最後まで読んで、直子が好きになりました。母や風見に対する気づかいに、心が温まります。

ABOUT ME
ひだまりさん。
ゆるりと本をよんでいます。ミステリー、ホラー、SF、ファンタジー、何でもよみます。ほとんど小説、ときどき絵本。→ 詳しいプロフィールはこちら
こちらは読んだ?

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA