ヒューマン・ラブストーリー

『なかなか暮れない夏の夕暮れ』江國香織【あらすじと感想】ページをめくる官能と幸せなひととき

本の世界へ―。

江國香織さん『なかなか暮れない夏の夕暮れ』感想。

江國さんの本を読むと、無意識のうちに「華子」を探している自分がいます。『落下する夕方』の華子です。特に自由奔放な女の人がでてくると、華子みたいだ!と思い つい嬉しくなってしまう。

たとえば本書のゾーヤや雀。気づくと華子と照らし合わせて読んでいました。・・私だけでしょうね、そんな読み方してるの。

『なかなか暮れない夏の夕暮れ』あらすじ

ページをめくる官能。

『なかなか暮れない夏の夕暮れ』
おすすめ
かんどう
いがいさ
サクサク

【あらすじ】
3つの物語が混ざり合う、幸せな日常を描いた物語。

『なかなか暮れない夏の夕暮れ』感想

江國香織さんの本を久々に読みました。本の帯に書かれていた「頁をめくる官能」という言葉にひかれた、ひだまりさん。です。正直 そこまで深くハマれた小説ではありませんが、本を読むことの幸せを感じました。

ページをめくる官能

この小説は3つの世界観が楽しめます。

ひとつは『なかなか暮れない夏の夕暮れ』の日常。稔や雀、波十、大竹、茜などがでてきます。そして登場人物の稔や茜が読んでいる本の世界。ゾーヤやラースがでてくる北欧ミステリーと、ナタリアやラウラがでてくる物語。

主人公の稔は本の中で本を読んでいるんです。本の世界にひたる彼が本を読んでいる私とダブって見える。それはとても幸せなひとときです。まさにページをめくる官能と言っても過言ではありません。

本の世界に没頭する稔を見て、その気持ちに共感してしまうんですよね。普通に生活していても本の続きが気になったり、早くあの世界に戻りたい・・・と思うことはよくあります。

ひだまりさん。
ひだまりさん。
心ここに在らず・・・状態。

物語のようで、現実のような

初めは稔が読んでいる北欧ミステリーの世界から始まります。ラースの愛人・ゾーヤが行方不明になってしまう。でも物語は唐突に途切れるんです。

・・・最初に読んだ時は、えっ、ミスプリ!?と思いました。でもミスプリではないんです。

本を読んでいた稔が、本から顔をあげた (本の世界から今いる世界に戻ってきた) 瞬間を描いていました。

ラースやゾーヤがいる世界は唐突に途切れます。小説を読みながら物語の世界からふいに現実に引き戻された感覚。まぁ、その現実も私が読んでいる物語なわけですが。

稔の世界とラースの世界が同時に描かれているから、読んでいくうちに不思議な感覚になるんです。両方とも物語のようで現実のような。私にとっては両方とも本の世界なんですが、稔にとっては現実と本の世界なわけで。でも両方とも現実のような感覚になります。

ひだまりさん。
ひだまりさん。
本を読んでいるときって、その世界が現実のような気になりますよね?

その感覚にひたっている稔を私は読んでいくんですが、私も本を読んでいるときって彼のような感じになってるんだろうなぁ・・・と自分を分析していました。本当に幸福なときです。

江國さんの北欧ミステリーと愛

稔の世界よりも、ラースやゾーヤがでてくる北欧ミステリー (稔が読んでいる本の世界) の方が気になってしかたがなかったです。やっぱり私はミステリーが好きなんだなと実感しました。

ひだまりさん。
ひだまりさん。
江國さんが描くミステリーというものを初めて読んだ気がします。

読みながら、とても江國さんらしいなと思いました。妻がいながらゾーヤにひかれてしまうラース。殺されてしまったエリック。登場人物の関係もそうですが、ミステリーでも男女の「愛」を描いているところが江國さんっぽいなと思います。

そしてゾーヤが可愛らしい。

「飲みましょう」でも「飲ませて」でも「飲みたい」でもなく「飲まなきゃ」というゾーヤ。

こういう何気ないことなのに、言葉にするとそれがゾーヤの魅力である気がして。そしてラースのゾーヤを愛している気持ちが伝わってくる。江國さん独特の描き方だなと思います。

ほんの少しの孤独とたくさんの愛情

たまにですが 何もかもがイヤになる瞬間があります。そんなとき全部なげだして逃げたくなります。華子のように (落下する夕方の)、逃げだしてしまえれば楽なのになと思うのですが・・・。逃げ出したら最後、全て終わってしまうような気がするから、そんな勇気はないんですけどね。

主婦・渚の気持ちに共感しました。

江國さんが描く ほんの少しの孤独が心に染みるんです。

『落下する夕方』の華子も、『きらきらひかる』の笑子も、『ホリー・ガーデン』の静枝や果歩も、『ねぎを刻む』の彼女も・・・。そして本書の渚も何かしら孤独を抱えています。

ひだまりさん。
ひだまりさん。
幸せであるはずなのに、ときどき逃げだしたくなる。人の気持ちって不思議だなと思います。

でもほんの少しの孤独と同時にたくさんの愛情が描かれているから、最後は温かな気持ちになりました。江國さんならではですね。

なにより本を読むということを愛している稔がいちばん好きです。稔の世界は何気ない日常が描かれていて、特にこれといったストーリーはないのだけれど現実に近い感じがして。

・・・だからですかね。ラースの世界が唐突に途切れると、気にはなるものの ほっとする気持ちになるのは。

こちらもオススメ

『デューク』江國香織【小説のあらすじ&感想】犬が伝えたかったこと。「つめたいよるに」より江國香織さんの小説『デューク』あらすじと感想です。ネタバレあります。犬(デューク)が伝えたかったことと、少年との共通点についても書いています。ペットロスに陥った女性が体験する不思議なお話でした。...
『きらきらひかる』江國香織【あらすじと感想】銀のライオンと純度100%の愛江國香織さんの小説『きらきらひかる』あらすじと感想です。少しだけネタバレあります。危うい結婚生活と純粋な愛、銀のライオンについても書いています。...
『落下する夕方』江國香織【あらすじと感想】誰もが好きになる華子の魅力江國香織さんの小説『落下する夕方』あらすじと感想です。自由奔放で憎めない華子の魅力についても書いています。...
ABOUT ME
ひだまりさん。
ゆるりと本をよんでいます。ミステリー、ホラー、SF、ファンタジー、何でもよみます。ほとんど小説、ときどき絵本。→ 詳しいプロフィールはこちら

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA