ヒューマン・ラブストーリー

『ホテル カクタス』江國香織【あらすじと感想】過ぎゆく時と切なくも楽しい日常

世の中に、不変なるものはない―。

江國香織さん『ホテル カクタス』。
ゆるりと時間が流れているような心地よさ。ホッとひと息つける小説です。

『ホテル カクタス』あらすじ

ひと味違った登場人物たちが織りなす日常。切なくも愛しい物語。

『ホテル カクタス』
おすすめ
かんどう
いがいさ
サクサク

【あらすじ】
街はずれに古びたアパートがありました。「ホテル カクタス」です。そこには、ちょっと変わった住人が住んでいます。

『ホテル カクタス』感想

ちょっぴり切なくて、でも日常の幸せが感じられました。意外な登場人物たちが目をひきます。彼らの日常を読んでいると不思議と安らぐ。切なさと愛しさがあとをひく物語でした。

「帽子」と「きゅうり」と 数字の「2」

『ホテル カクタス』は、ちょっと変わった登場人物たちが描かれています。

「帽子」と「きゅうり」と 数字の「2」です。

・・・人じゃないのね。彼らにはそれぞれ個性があって、読んでいるとなるほどと納得できてしまうんですよね。

【登場人物】
  • 「帽子」は、一匹狼というかんじで、無職で、かつて行商で貯めたお金でほそぼそと食いつないでいる。ウィスキーを飲む。・・・うん、なんか「帽子」って感じがします。
  • 「きゅうり」は、ガソリンスタンドに務めていて、おおらかな性格で、部屋にある運動器具で体を鍛えるのが趣味。飲むのはビール。・・・緑の瑞々しいきゅうりって元気なイメージがします。たぶん、きゅうりに性格をつけるとしたらこんな感じなんだろうな。
  • 数字の「2」は、役場に務めていて、優柔不断。綺麗好きで「割り切れないもの」はダメ。アルコールもダメ。飲むのは決まってグレープフルーツジュース。・・・うん、まさに数字の「2」。「割り切れないもの」がダメって (*^^*)

彼らが人のように思えて、ふとした瞬間に、あっ!人じゃないんだよねとか思う。江國さんの、こういうお話は初めてです。人じゃないけど人のような。不思議だけどモノに対する愛を感じました。

彼女自身が好きなんだろうなというモノが愛情いっぱいに描かれているんですよね。

それを読むと、世の中は素敵なモノであふれているんだなと思うんです。例えば風景だったり、匂いだったり、身近にあるアレコレ・・・。それらがとても愛おしくなります。

ここで描かれているモノたちに愛着がもてる。『ホテル カクタス』を読んだ後に帽子を見たら、この子はどんな性格なんだろうとか、きゅうり残さず食べようとか、そんなことばかり考えちゃいました。

いつでもある安心感と、憧れの無謀さ

帽子ときゅうりと、数字の2。彼らの中で、ひだまりさん。が1番 感情移入できたのが数字の「2」でした。

お酒がダメな彼がグレープフルーツジュースばかり飲んでいるのには、ある理由があったんです。確かに美味しいけど、なぜグレープフルーツジュース?

大切なのは「いつでもある」ことの安心感。

それがなくなるという心配をせずにすむからグレープフルーツジュース。これは食べ物だけではなくて、ちょっと大げさに言うと帰る家があるとか、働ける職場があるとか・・・。

数字の「2」と同じく、ひだまりさん。も普段から安心感を求めているような気がします。

そしてもうひとつ共感したことがあります。

彼らが競馬に出掛けたときのこと。3人とも、みごとにスってしまいました。帰りのバス代をちゃんととりわけておいたのは、数字の「2」だけだったんです。「帽子」と「きゅうり」は、あと先考えずに財布に入っていたお金をすべてつぎ込んでしまう。それを見た「2」が思った言葉が心にすとんと落ちてきました。

一体どうすればそんなふうに無謀になれるのか

少しの憧れ。私も彼と一緒で帰りのバス代はしっかり残しておく方です。競馬はやらないから想像なんですが ^_^; ・・・だから無謀さには憧れます。

あと先考えずに、やりたいようにできる無謀さ。

たぶん数字の「2」も、ひだまりさん。も臆病なのかなと思います。

不変なるもの

ゆったりと流れる時間の中で確実に物事は変化していきます。「ホテル カクタス」の取り壊しが決定してしまうんです・・・。住人たちは引越しを余儀なくされます。3人の反応は様々で、でも彼ららしいな・・・と思えました。

頭を切り替えるのが早い「帽子」と「きゅうり」、諦めきれず反対運動をしようとする「2」。帽子の言ったひとことが心に刺さりました。

「世の中に、不変なるものはないんだ」

世の中の道理ですが少し切ない気持ちになります。変わらぬものはない。形あるものはいつかは壊れ、身の回りの環境も時とともに変化します。

1日、1日を大切に過ごしたいなと思いました。不変なるものはないというけれど、3人の友情は生きている限りずっと続いていくんだろうな。

日常の楽しさと切なさと

何気ない日常を綴った『ホテル カクタス』。私は江國さんの文章が好きなんだなと実感する。愛情のなかに もの悲しさがあるんですよね。ひだまりさん。が学生の頃から読み続けている作家さんです。

ぼーっと過ごしていると幸せって実感が薄いけど、日常にこそたくさん転がっているんです。

楽しいこと、切ないこと、悩み・・・。この物語を読んでいると、そんな当たり前で でも貴重な時間が輝かしく見えました。そして面白おかしい彼らが微笑ましかったです。3人のうち、だれに似ているだろう?と想像しながら読むのも楽しいんですよね。

ABOUT ME
ひだまりさん。
ゆるりと本をよんでいます。ミステリー、ホラー、SF、ファンタジー、何でもよみます。ほとんど小説、ときどき絵本。→ 詳しいプロフィールはこちら

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA