おすすめ本特集

何度読んでも面白い本|おすすめ!くり返し読みたくなる小説

何度読んでも面白い、くり返し読みたくなる小説

何度読んでも面白い小説

小説ばかり読んでいる私が、好きすぎて何度も読み返している本をご紹介します。

好きな本や、本の世界に浸るのが楽しすぎて、同じ本を何度も読み返してしまう・・・。そんな経験はありませんか?

新しく読む本は多数ありますが、そんな中で繰り返し何度も読んでいる小説があります。

  • SF&ファンタジー
  • ミステリー
  • 恋愛
  • ホラー
ひだまりさん。
ひだまりさん。
ジャンル別に紹介してるよ。読書の参考にどうぞ。

SF・ファンタジー小説|どっぷりハマる世界観

まずは SF・ファンタジー。世界観にどっぷりハマれる魅力がある小説です。

ひつじくん。
ひつじくん。
面白すぎた。

『新世界より』貴志祐介

長編SFミステリー

あらすじ

子供たちは、大人になるために「呪力」を手に入れなければならない。一見のどかに見える学校で、子供たちは徹底的に管理されていた。いつわりの共同体が隠しているものとは―。何も知らず育った子供たちに、悪夢が襲いかかる。

『新世界より』は 1000年後の日本を舞台とした物語。呪力という特殊な力を持った人々が登場します。サイコキネシスのような一種の超能力ですね。貴志祐介さんの小説の中ではダントツの面白さでした。

ひだまりさん。
ひだまりさん。
長編だけど、面白すぎて長さは気にならなかったよ。
貴志祐介『新世界より 上』あらすじと感想 / 消えゆく子供たち貴志祐介さん『新世界より』上巻のあらすじと感想です。世界観がすごくて、かなり面白かったです。おすすめのSFホラー小説。最後までドキドキ・ハラハラの展開でした。...

『夢みる葦笛』上田早夕里

10編のSF短編集

あらすじ

妖しくも宝石のごとく魅力を放つ珠玉の傑作短編集。人工知性、地下都市、パラレルワールド、人の夢―。想像を超える全10編を収録。

重厚な世界観が素晴らしい10編の物語。1冊で、SF、ホラー、ファンタジー、パラレルワールド、すべてが味わえるのも魅力でした。どちらかと言うとホラーよりのSF小説。

ひだまりさん。
ひだまりさん。
短編集なので読みやすかった。
『夢みる葦笛』上田 早夕里【あらすじと感想】誰も見たことがない驚異に満ちた世界上田早夕里さんの小説『夢みる葦笛』あらすじと感想です。少しだけネタバレあります。謎の生物・イソア、異星生物・プテロス、人工知性、 「アステロイド・ツリーの彼方へ」 について書いています。...

『図書館の魔女』高田大介

言葉のファンタジー

あらすじ

ある日キリヒトは 図書館の魔女・マツリカに仕えることになった。「ことば」 を操る彼女は 自分の声を持たない少女だった―。

『図書館の魔女』は「ことば」がテーマの物語ですが、主人公のマツリカは声を持ちません。「伝える」手段は手話と指話でした。でも彼女が紡ぐ言葉によって、世界の情勢が変わっていく・・・。重厚な雰囲気がたまらなく良いんですよね。

ひだまりさん。
ひだまりさん。
長編だけど、読むのが楽しくて何度も読んでる小説。
『図書館の魔女 上』高田大介【あらすじと感想】マツリカとキリヒトが奏でる指話の世界高田大介さん『図書館の魔女』1、2巻のあらすじと感想です。少しだけネタバレもあります。めちゃくちゃ面白くて止まりませんでした。マツリカとキリヒトが愛おしくてたまらなくなりました。...

『月の船でゆく』長野まゆみ

ファンタジー小説

あらすじ

ジャスが出会った不思議な少年・ティコ。彼は父親を探しに月から来たという。切なくも美しいファンタジー小説。

学生の頃に初めて読んだ長野まゆみさんの小説。不思議な雰囲気が好きで繰り返し読んでいます。人間であるかのように描かれた猫たちや、挿絵も素敵でした。共存している感じが良いんですよね。

ひだまりさん。
ひだまりさん。
ちょっぴり切ないけど、好きな物語。
『月の船でゆく』長野まゆみ【あらすじと感想】回転木馬の思い出とココレット長野まゆみさんの小説『月の船でゆく』あらすじと感想です。少しだけネタバレあります。猫と人間が共存する不思議なファンタジーでした。ティコの願いとココレットについても書いています。...

ミステリー小説|ドキドキの展開と魅力的な登場人物

続きましてミステリー小説。ドキドキする展開の面白さもありつつ、登場人物に魅力を感じる本ばかりです。

ひつじくん。
ひつじくん。
小説は、登場人物のキャラも大切だよね。

『三月は深き紅の淵を』恩田陸

読書好きにおすすめの1冊

あらすじ

鮫島巧一は趣味が読書という理由で、会社の会長の別宅に二泊三日の招待を受けた。彼を待ち受けていた好事家たちから聞かされたのは、その屋敷内にあるはずだが、十年以上探しても見つからない稀覯本『三月は深き紅の淵を』の話・・・。

恩田陸さん、4つの短編集です。「三月は深き紅の淵を」 という幻の本をめぐる物語。「本を読む」 ということが肯定されている雰囲気が、たまらなく好きで何回も読んでいます。

ひだまりさん。
ひだまりさん。
本の表紙の挿絵も素敵だよね。
『三月は深き紅の淵を』あらすじ・ネタバレ感想 「待っている人々」と読書について|恩田陸恩田陸さん『三月は深き紅の淵を』あらすじと感想です。第1章 「待っている人々」 がとても面白かったです。本を読むことの楽しさを実感した小説でした。...

『木曜組曲』恩田陸

重松時子は自殺か、それとも・・・

あらすじ

小説家・重松時子が薬物死を遂げてから4年。時子に縁の深い女たちが今年もうぐいす館に集まり、彼女を偲ぶ宴が催された。なごやかな会話は 謎のメッセージをきっかけに、いつしか告発と告白の嵐に飲み込まれて・・・。

一筋縄ではいかないキャラと独特の心理描写がツボにハマった小説。みんな物書きや編集者など、本に関係している仕事についているのが興味深くて空気感が好きです。同じ空間で、おのおの好きな本を読んでいるとか・・・。

ひだまりさん。
ひだまりさん。
しっかりミステリーだから楽しめるよ。

『模倣犯』宮部みゆき

長編ミステリー小説

あらすじ

公園のゴミ箱から発見された女性の右腕。それは「人間狩り」という快楽に憑かれた犯人からの宣戦布告だった。比類なき知能犯の狂気に立ち向かう第一発見者の少年と孫娘を殺された老人、2人を待ち受ける運命とは?

『模倣犯』は長編小説ですが、面白くて読むのを止められなくなります。犯人を追いつめる側、犯人側の心理描写が描かれていて面白いんですよね。

ひだまりさん。
ひだまりさん。
宮部みゆきさんの長編小説にハズレなし。

『幻夏』太田愛

シリーズ2作目

あらすじ

12歳の夏、少年は川辺の流木に奇妙な印を残して姿を消した。23年後、刑事となった相馬は、少女失踪事件の現場で同じ印を発見する。相馬の胸に消えた親友の言葉が蘇る。「俺の父親、ヒトゴロシなんだ」あの夏、本当は何が起こっていたのか。今、何が起ころうとしているのか。人が犯した罪は、正しく裁かれ、正しく償われるのか?

太田愛さん『幻夏』は、『犯罪者』に続く、鑓水、相馬、修司のトリオシリーズ2作目です。テーマは「冤罪」。切なさに号泣しました。苦味が残るけど面白さは抜群。太田愛さんはドラマ『相棒』の脚本を手掛けた人です。

ひだまりさん。
ひだまりさん。
どおりで、面白いわけだ。
『幻夏』あらすじ&ネタバレ感想・解説|「冤罪」 と司法の闇|太田愛太田愛さんの小説『幻夏』あらすじと感想です。少しだけネタバレあります。「冤罪」 に見る司法の闇、泣いたシーン、壊れた家族、タイトルの意味について書いています。結末は苦味が残りましたが、面白かったです。...

東野圭吾ミステリー|名作3作品

ミステリー小説と言えば、彼を忘れてはいけません。・・・そうです、東野圭吾さんです。

東野さんの小説は読みやすいのも魅力。繰り返し読んでも面白い。ストーリーを知っているのに面白い。

ひつじくん。
ひつじくん。
これを読まなきゃ東野圭吾は語れない!名作3つだよ。

『手紙』

犯罪加害者の家族を描いた小説

あらすじ

月に一度、強盗殺人の罪で服役中の兄・剛志から 弟・直貴のもとに手紙が届く。しかし、ことある事に「強盗殺人犯の弟」というレッテルをはられ・・・。

映画にもなりました『手紙』です。この物語を読んで、いろんなことを考えました。犯罪を犯すということはどういうことか。本人だけではなく被害者はもちろんのこと、加害者の周りの人の人生までも狂わせてしまうんですよね。

ひだまりさん。
ひだまりさん。
苦味があって深い・・・。
『手紙』東野圭吾【感想&あらすじ】深い絆と償い東野圭吾さんの小説『手紙』あらすじと感想です。ネタバレなしです。平野社長の言葉が印象的でした。キーワードになっている 「手紙」 についても書いています。...

『流星の絆』

涙があふれる衝撃の真相

あらすじ

両親を惨殺されてから、14年後。3兄妹は助け合いながら生きていた。そんなある時、妹・静奈は資格詐欺に引っかかり・・・。

東野圭吾さんの小説ではダントツ好きな物語です。繰り返し何度も読みました。『流星の絆』は 兄弟の絆と愛をテーマとしています。でもしっかりミステリーで、衝撃な展開でした。

ひだまりさん。
ひだまりさん。
東野さんが描く3兄妹が好き。
『流星の絆』東野圭吾【あらすじと感想】詐欺と兄弟の絆東野圭吾さんの小説『流星の絆』あらすじと感想です。少しだけネタバレあります。ドラマと小説の比較、柱のお話についても書いています。ラストは衝撃でした。...

『白夜行』

東野圭吾の名作

あらすじ

大阪にある廃墟ビルで発見された男は、質屋を営む桐原亮司の父親だった。やがて事件は迷宮入りする。

映画・ドラマにもなりました『白夜行』。東野圭吾さんの名作・・・と言っても過言ではないくらいの小説。この作品を抜きにして東野圭吾は語れません!小説では、雪穂と亮司の心情が全く描かれていないんですよね。

ひだまりさん。
ひだまりさん。
ここまで登場人物の心情を理解しようと思った小説は、他にはないかも。
『白夜行』東野圭吾【あらすじと感想】亮司と雪穂の心情東野圭吾さんの小説『白夜行』あらすじと感想です。雪穂のお店『R & Y』について、雪穂と亮司の心情が全く描かれていないことも書いています。ここまで登場人物の心情を理解しようと思った小説は他にはありません。...

恋愛小説の女王・江國香織の小説

恋愛小説・・・と言えば、江國香織さんです。学生の頃にハマって読み漁りました。その中で、今でも繰り返し読んでいる本はこちらです。

ひつじくん。
ひつじくん。
江國さんが紡ぐ言葉が好きだよ。

『きらきらひかる』

まじりけのない恋愛小説

あらすじ

私たちは10日前に結婚した。しかし、私たちの結婚について説明するのは、おそろしくやっかいである―。笑子はアル中、睦月はホモで恋人あり。そんな2人は全てを許し合って結婚した、筈だったのだが・・・。ちょっとかわった夫婦の日常を描いた物語。

『きらきらひかる』は人を愛するということを全力で描いた小説。感情をまっすぐ純粋に描いているから心に響くんですよね。主人公は、アル中の妻とホモの夫。・・・なかなか凄い設定ですが、痛々しいくらいに愛情を感じました。

ひだまりさん。
ひだまりさん。
ここに出てくる登場人物たちは、みんな純粋だ。
『きらきらひかる』あらすじ・ネタバレ感想|銀のライオンと純度100%の愛|江國香織江國香織さんの小説『きらきらひかる』あらすじと感想です。少しだけネタバレあります。危うい結婚生活と純粋な愛、銀のライオンについても書いています。...

『落下する夕方』

温かで切ない物語

あらすじ

同棲相手が家を出ていった。生気を失った抜け殻のような梨果の元に現れたのは、彼の新しい恋人・華子だった―。

『落下する夕方』を初めて読んだのは学生の頃でした。それ以降、ふとしたときに思い出す小説。江國さんが描く女性が可愛いんですよね。登場人物の華子の魅力に魅せられました。華子が好きすぎて、江國さんの他の小説でも彼女を考えながら読んでしまうくらいに。

ひだまりさん。
ひだまりさん。
自由奔放で魅力的な女性なんだ。
『落下する夕方』江國香織【あらすじと感想】誰もが好きになる華子の魅力江國香織さんの小説『落下する夕方』あらすじと感想です。自由奔放で憎めない華子の魅力についても書いています。...

『デューク』

飼い主とペットの温かな物語

あらすじ

愛犬・デュークが死んだ。悲しみにくれる主人公が出会ったのは・・・。『つめたいよるに』より。

短編集『つめたいよるに』の「デューク」は、何度読んでも泣いてしまう。センター試験に全文が掲載され、試験の最中なのに泣き出してしまった人たちがいたと話題になりましたね。・・・その気持ちがわかります。飼い主とデュークの深い愛情を感じました。

ひだまりさん。
ひだまりさん。
ほろ苦だけど、心温まる物語。
『デューク』江國香織【小説のあらすじ&感想・考察】犬が伝えたかったこと。「つめたいよるに」より江國香織さんの小説『デューク』あらすじと感想です。ネタバレあります。犬(デューク)が伝えたかったことと、少年との共通点についても書いています。ペットロスに陥った女性が体験する不思議なお話でした。...

ホラー小説|ピリッとした怖さにハマる

最後にホラー小説です。ファンタジーよりのホラーと、一度読んだら忘れられない衝撃・・・。2作品を繰り返し読んでいます。

ひつじくん。
ひつじくん。
ぼくも好きだー!!

『夜市』恒川光太郎

今宵、どこかで 「夜市」 が開かれる

あらすじ

裕司から「夜市にいかないか」と誘われた大学生のいずみ。小学生のころに夜市を訪れた裕司は、弟と引き換えに「野球の才能」を買ったのだという。そのことをずっと後悔していた。そして今夜、弟を買い戻すために夜市を訪れたのだった―。

ホラーだけどファンタジーよりの「夜市」と「風の古道」が収められた中編2つ。どちらも好きで、繰り返し読んでいます。恒川光太郎さんの不思議で美しい世界観が好き。哀愁を感じるんですよね。

ひだまりさん。
ひだまりさん。
宮崎駿さんのアニメに近い雰囲気だよ。
『夜市』恒川光太郎【あらすじと感想】美しくも哀しいラスト/ホラーファンタジー恒川光太郎さん『夜市』あらすじと感想です。少しだけネタバレあります。ラストは深い哀しみに包まれました。切なくも美しいホラーファンタジー小説です。...

『ひとめあなたに・・・』新井素子

地球最後の1週間!?

あらすじ

ある日、突然、恋人から別れを告げられた圭子。そして 「地球に隕石が衝突する」 という報道が流れた。圭子は彼に会いに 徒歩で練馬から鎌倉へ。道中、狂った様々な人たちと出会うのだった・・・。

新井素子さんの衝撃作。一度読んだら忘れられません。隕石が地球にぶつかって滅びるまでの1週間。SFですが、これはホラーです。「チャイニーズスープ」 の章がインパクト強すぎました。※シチューの日は読んではいけません。

ひだまりさん。
ひだまりさん。
面白くて何度読んだことか。・・・それでも和らがない怖さ。
『ひとめあなたに・・・』新井素子【あらすじと感想】チャイニーズスープに絶句!地球最後の1週間新井素子さんのホラー小説『ひとめあなたに・・・』あらすじと感想です。少しだけネタバレあります。あなたの為にチャイニーズスープ、走る女、生きる意味について書いています。本の目次と登場人物をまとめました。...

好きすぎて何度も読み返している本、まとめ

繰り返し読んでも面白い、おすすめ小説でした。紹介した本はこちらです。

紹介した本
  • 『新世界より』
  • 『夢みる葦笛』
  • 『図書館の魔女』
  • 『月の船でゆく』
  • 『三月は深き紅の淵を』
  • 『木曜組曲』
  • 『模倣犯』
  • 『幻夏』
  • 『手紙』
  • 『流星の絆』
  • 『白夜行』
  • 『きらきらひかる』
  • 『落下する夕方』
  • 『デューク』
  • 『夜市』
  • 『ひとめあなたに・・・』

Audibleで本を聴こう

Audible

読むのが疲れたら、本を聴くAudible(オーディブル)がおすすめです。

オーディブルは、Amazonが運営するオーディオブック。「読む」のも良いけど「聴く」読書も良い感じなんです♪

無料で本を聴いちゃお

  • プロの朗読だから聴きやすい(サンプルも聴ける)
  • 30日間の無料トライアルあり(月額1,500円、期間中に解約すれば無料)
  • 毎月1冊好きな本+月替りのボーナスタイトル→合計2冊聴ける
  • 購入した本は、Audible退会後も聴ける

特典を詳しくみる
Audible公式サイト

ひつじくん。
ひつじくん。
専用のアプリ、または Amazon Echoでも聴けるよ。

『夜市』と『幻夏』は Audibleでも聴いています。・・・本当は『図書館の魔女』も聴きたいのだけど、残念ながらAudibleにはありませんでした。聴く本は味わい深いものがあって楽しんでいます。

Audible
本を聴くAudible(オーディブル)メリット・デメリット|ボイスブックの特典と魅力ボイス(オーディオ)ブック本を聴くAudible会員特典、メリットとデメリット、休会、便利な使い方について書いています。...
どんでん返し・おすすめ小説
どんでん返しがクセになる!?ミステリー小説|必ず騙される衝撃のラストラストに驚愕のどんでん返しがある小説を紹介しています。どれも面白いものばかり。思いっきり騙されたいときにおすすめです。...
ファンタジー小説おすすめ
コレは読んでおきたい!ファンタジー小説おすすめ|ダークファンタジーから異世界までおすすめのファンタジー小説を厳選してご紹介します。長野まゆみさんの小説、冒険ものから面白かった本をピックアップしました。...
面白いおすすめSF小説
面白いから読んでみて!SF小説おすすめ|初心者にも読みやすい短編からハード長編まで面白いおすすめSF小説を厳選しました。初心者向け読みやすい日本のSF小説、ヒヤリとするホラーSF小説、ガッツリ読みたい海外ハードSF小説を紹介します。読書の参考に。...
ABOUT ME
ひだまりさん。
ゆるりと本をよんでいます。ミステリー、ホラー、SF、ファンタジー、何でもよみます。ほとんど小説、ときどき絵本。→ 詳しいプロフィールはこちら