SF・ファンタジー

『月の船でゆく』長野まゆみ【あらすじと感想】回転木馬の思い出とココレット

パパを探しに月から来たティコ。

長野まゆみさん『月の船でゆく』
もうすぐ父の日・・・。何を贈ろうかとソワソワし始めた ひだまりさん。ですが、そんな時ふいに思い出した本です。

『月の船でゆく』あらすじ

月からきたティコ。

『月の船でゆく』
おすすめ
かんどう
いがいさ
サクサク

【あらすじ】
ジャスが、出会った不思議な少年・ティコ。彼は父親を探しに月から来たという。

『月の船でゆく』感想

初めて読んだのは学生の頃でした。不思議な少年・ティコが家を出てしまった父親にプレゼントを渡そうとするお話。心温まるファンタジーです。

不思議なファンタジー

主人公・ジャスは、カフェ「夜猫」(イット) でティコに出会います。

父親を探しに月から来た少年・ティコ。

ジャスの彼女・パロマが貰い受ける猫の特徴と一致する少年でした。長野まゆみさんが描く言葉の表現は、キレイで不思議な感じがします。この雰囲気が好きなんですよね。

『月の船でゆく』は 人間と猫が出てきます。

人間であるかのように描かれている猫たち。所々に描かれている挿絵も素敵です。共存している感じが良いんです。そして、この物語の重要なポイントは不思議な少年・ティコです。

ティコは何者? ・・・パロマの猫??

答えが書いていないのが また想像を掻き立てられる。・・・こういう雰囲気、好きです。

ティコの願い

冒頭に書かれている下りが素敵でした。

最後まで読むとちょっぴり切ないんですよね。子供が父親に感じる愛情が切なくまっすぐに描かれていて。

ティコはジャスに、昔パパがしてくれたように回転木馬に乗って手をふって欲しいと頼むんです。・・・キュンとしてしまいました。

回転木馬。遊園地に行くとたまにありますよね。メリーゴーランドではなく、回転木馬が私も好きです。

ココレット

「ココレット」という飲みものがあります。

ショコラと珈琲と牛乳を三等分にして温めた飲みもの。

牛乳をショコラと珈琲の上へうまく浮かせれば、深緋と乳白のまじりあわない二層になるようです。

美味しそう。ティコが好きな「ココレット」。実は私も作ろうとためしてみたことがあるんです。・・・でも上手くいかず。二層にはならなかったです。また作ってみようかな。

最後にシルビィという女性によって、ある程度ティコの正体に行き着きます。ちょっぴり切ない。正体なんてどうでも良くなってしまうほど心が温まりました。やっぱり不思議な少年でした。

ABOUT ME
ひだまりさん。
ゆるりと本をよんでいます。ミステリー、ホラー、SF、ファンタジー、何でもよみます。ほとんど小説、ときどき絵本。→ 詳しいプロフィールはこちら

POSTED COMMENT

  1. lime より:

    長野まゆみさんの描く少年は、どれも優しげで不思議な魅力がありますね。
    このお話も、どこか童話のような、そんな温かなやさしさがあるのでしょうね。
    子供と母親、という題材はよくありますが、父親に向ける想いというのも、またどこかせつないですよね。
    一冊だけ、とても怖くて残酷な短編集があるのですが、それもまた長野まゆみさんの真髄なような気がして、とても好きです。
    いずれにしても、あの流れるような繊細で優しい文体は、憧れます。

  2. ひだまりさん。 より:

    おはようございます♪
    長野まゆみさんが描く、繊細で綺麗な文章には憧れてしまいますね。
    学生の頃に一冊読んだきりでしたが、『月の船でゆく』を再読して改めてその文章の魅力に気づきました。
    長野さんが描く少年も優しくて好きです。

    一冊だけとても怖くて残酷な短編集・・・・・。
    とても気になります。
    そのうち、『少年アリス』は読んでみようと思ってますが、オススメありましたら教えて頂けると嬉しいです。
    その短編集も読んでみたいです(*^_^*)

  3. lime より:

    何度もお邪魔してすみません。
    短編集が気になるとおっしゃってくださったので、書き込みに来ました。
    『雪花草子』(きらぞうし)という、怪しげで残酷で、でもなんとも美しい物語です。
    冷酷なお伽噺の中のキラリとした繊細な、切ない美学、私はどうしようもなく好きなんです^^

  4. ひだまりさん。 より:

    『雪花草子』というのですね。
    ありがとうございます (*^_^*)
    読んでみたいと思います。
    少し日にちがかかるかもしれませんが、読んだらまたレビューを書きますね。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA