SF・ファンタジー

『月の船でゆく』長野まゆみ【あらすじと感想】回転木馬の思い出とココレット

この記事に書かれていること
  • 長野まゆみさんの小説『月の船でゆく』あらすじと感想
  • 猫と人間が共存する不思議なファンタジー
  • ティコの願い
  • ココレット

パパを探しに月から来たティコ。

長野まゆみさん『月の船でゆく』感想です。父の日が近づくと思い出す物語。

ひだまりさん。
ひだまりさん。
長野さんの美しいファンタジーです。

『月の船でゆく』あらすじ

月からきたティコ。

本の評価

おすすめ
かんどう
いがいさ
サクサク

【あらすじ】
ジャスが出会った不思議な少年・ティコ。彼は父親を探しに月から来たという。切なくも美しいファンタジー小説。

『月の船でゆく』感想

初めて読んだのは学生の頃でした。不思議な少年・ティコが家を出てしまった父親にプレゼントを渡そうとするお話。心温まるファンタジーです。

猫と人間が共存する不思議なファンタジー

主人公・ジャスは カフェ「夜猫」(イット) でティコに出会います。

父親を探しに月から来た少年・ティコ。

ジャスの彼女・パロマが貰い受ける猫の特徴と一致する少年でした。長野まゆみさんが描く言葉の表現はキレイで不思議な感じがします。この雰囲気が好きなんですよね。

『月の船でゆく』は 人間と猫が出てきます。

人間であるかのように描かれている猫たち。所々に描かれている挿絵も素敵でした。共存している感じが良いんです。この物語の重要なポイントは不思議な少年・ティコです。

ひだまりさん。
ひだまりさん。
ティコは何者? ・・・パロマの猫??

答えが書いていないのが また想像をかき立てられる。・・・こういう雰囲気が好きです。

ティコの願い

冒頭に書かれている下りが素敵でした。

最後まで読むとちょっぴり切ないんですよね。子供が父親に感じる愛情が切なくまっすぐに描かれていて。

ティコはジャスに、昔パパがしてくれたように回転木馬に乗って手をふって欲しいと頼むんです。・・・キュンとしてしまいました。

ひだまりさん。
ひだまりさん。
回転木馬。遊園地に行くとたまにありますよね。メリーゴーランドではなく回転木馬が私も好きです。

ココレット

「ココレット」という飲みものがあります。

ショコラと珈琲と牛乳を三等分にして温めた飲みもの。

牛乳をショコラと珈琲の上へうまく浮かせれば、深緋と乳白のまじりあわない二層になるようです。

ひだまりさん。
ひだまりさん。
美味しそう。ティコが好きなココレット。

作ろうとためしてみたことがあるんです。・・・でも上手くいかず、二層にはならなかったです。また作ってみようかな。

最後にシルビィという女性によって、ある程度ティコの正体に行き着きます。ちょっぴり切ない。

正体なんてどうでも良くなってしまうほど心が温まりました。やっぱり不思議な少年でした。

こちらもオススメ

『耳猫風信社』長野まゆみ【あらすじと感想】気まぐれな となり町長野まゆみさんの小説『耳猫風信社』あらすじと感想です。少しだけネタバレあります。不思議な隣町、長野さんが描く少年、リキュール、取り壊されたはずのビルについて書いています。...
『少年アリス』(改造版) 長野まゆみ【あらすじと感想】美しい言葉に魅入られて長野まゆみさんのファンタジー小説『少年アリス』(改造版) あらすじと感想です。少しだけネタバレあります。夜の理科室と人の子ではない生徒たち、ブリキの月と貝の星、繊細で美しい言葉について書いています。...
『宇宙百貨活劇 (ペンシルロケット・オペラ)』長野まゆみ【あらすじと感想】双子の絆長野まゆみさんの小説『宇宙百貨活劇 ペンシルロケット・オペラ』あらすじと感想です。ワクワクする幻想世界、仲良しライバルな双子、ムーンドロップとマシュマロ入りショコラ、漢字とカタカナの日本語の美しさについて書いています。...
ABOUT ME
ひだまりさん。
ゆるりと本をよんでいます。ミステリー、ホラー、SF、ファンタジー、何でもよみます。ほとんど小説、ときどき絵本。→ 詳しいプロフィールはこちら

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA