SF・ファンタジー

『ノエル』道尾秀介【小説 あらすじと感想】つながる物語たち

この記事に書かれていること
  • 道尾秀介さんの小説『ノエル』あらすじと感想
  • 道尾さんが描く童話の世界
  • 生きる意味
  • 繋がる心地よさ

大事なのは、いま私がこうしていられること―

道尾秀介さんの小説『ノエル』感想です。表紙が藤城清治さんの影絵で、思わず手にとってしまいました。繊細でキレイ。

ひだまりさん。
ひだまりさん。
小説の雰囲気にマッチしてます。

『ノエル』あらすじ

3人が紡いだ自分だけの〈物語〉

本の評価

おすすめ
かんどう
いがいさ
サクサク

【あらすじ】
登場人物3人が奏でた自分だけの物語。連作短編集。

本の目次
  • 「光の箱」
  • 「暗がりの子供」
  • 「物語の夕暮れ」
  • 「四つのエピローグ」

『ノエル』感想

『ノエル』は3編+エピローグの構成です。短編!?と思いきや、全部つながった物語でした。

ダークさはなく 最後は心が温かくなり感動します。

道尾さんが描く童話の世界

『ノエル』にはいくつもの短編童話が出てきます。

登場人物に絵本作家さんがいて、その作家さんが描いた物語として埋め込まれていました。それがまた良いんです。

お気に入りは サンタさんのエピソードです。

サンタさんが配るもの。幸せ、愛、驚き、喜び、思い出と呼ぶものです。素敵なプレゼントですよね。心がホワホワします。

ひだまりさん。
ひだまりさん。
『ノエル』も道尾サンタさんからの素敵なプレゼントでした。

『ノエル』は 誰かが誰かを救う人の繋がりを描いた作品です。

確かに存在する生きる意味。誰かに影響を与えたり与えられたり・・・。そうやって人は生きていくんですね。

生きる意味とは

「物語の夕暮れ」の元教師は、自分の存在意義について深く追求する子供でした。歳をとり妻に先立たれ、生きる意味を見失ってしまう。

人に大きな影響を与えて救うことができたなら、とても素晴らしいことです。でもできなかったとしても自分の人生は自分のもの。

ひつじくん。
ひつじくん。
落ち込むこともあるけど、楽しいことや嬉しいことを実感して歩んでいくことに生きる意味はあるんだね。

繋がる心地よさと人の軌跡

3つの物語は 最後のエピローグで全て繋がります。心地よかったです。途中、道尾さんらしい引っ掛けやフセンも張り巡らされていて読んでは少し戻ったりでしたが。

「物語の夕暮れ」の元教師が見失っていたもの。確かにその教師が歩んできた軌跡がありました。

それが分かったとき目頭が熱くなりました。さすがです道尾さん。

文庫版の解説は 俳優の谷原章介さんが書いています。

なぜ人間は物語を必要とするのかということが書かれていました。その辺りも興味深く読ませてもらいました。

私はブログをやっているからか、以前よりもたくさんの本を読むようになりました。読む時間も増えました。私にとって本は精神的にも必要なもの。

素晴らしい物語に出会えたときや本から貰う感動の気持ち。一度味わうとやめられません。

ひだまりさん。
ひだまりさん。
本を読む人間で良かった。

こちらもオススメ

『鏡の花』道尾秀介 「もしも」 の世界を描いた連作短編集道尾秀介さんの小説『鏡の花』あらすじと感想です。少しだけネタバレあります。『もしも』の世界、後悔と深い哀しみ、今ある 「繋がり」、『シュタインズ・ゲート』について書いています。...
『スケルトン・キー』道尾秀介【あらすじと感想】切ないサイコパス道尾秀介さんの小説『スケルトン・キー』あらすじと感想です。少しだけネタバレあります。錠也の心情、サイコパスの要素、スケルトン・キーと鍵穴、小箱の中身について書いています。...
絵本『緑色のうさぎの話』道尾秀介【あらすじと感想】それでも生きてゆく道尾秀介さんの絵本『緑色のうさぎの話』あらすじと感想です。仲間はずれにされた緑色のうさぎのお話でした。大事なのは言葉にすること、読んだ後に残る切なさについて書いています。...
『向日葵の咲かない夏』道尾秀介【あらすじと感想】物語は終わらない道尾秀介さんの小説『向日葵の咲かない夏』あらすじと感想です。少しだけネタバレあります。S君が抱える心の闇、ミチオの世界観についても書いています。...
ABOUT ME
ひだまりさん。
ゆるりと本をよんでいます。ミステリー、ホラー、SF、ファンタジー、何でもよみます。ほとんど小説、ときどき絵本。→ 詳しいプロフィールはこちら

POSTED COMMENT

  1. ボオ より:

    お久しぶりです。そして、お疲れ様です。

    これも良い本ですね!人が持つ弱い部分の描写が多めにありますが、最後まで読むと驚きと充足感が得られると思います。
    逆境に置かれた登場人物には、ハラハラしました。小学生(登場人物その2)、元教師(その3)はどちらも際どかったですが、最後には「もう大丈夫だろう」と思えるようになりました。
    サンタさんのエピソード···落ち込むトナカイへのフォローが、多少強引でも心和むものだったのが印象的です。

    年末の雪かきはハードでしたが、ゆっくり出来る時に読めて良かったです。では。

  2. ボオさんへ。

    お久しぶりです。コメントをありがとうございます (^-^)
    ボオさんはお正月、ゆっくりできましたか。私は2日から初売りでバタバタしていました。こういうとき、サービス業が恨めしくなります・・・(´・_・`)
    雪かき、お疲れさまです m(_ _)m

    『ノエル』良い本ですよね。道尾さんにしては、あまりダークな感じではなくて心温まった記憶があります。私が読んだのは文庫版でしたが、表紙が藤城清治さんの影絵で思わず手にとりました。(←好きなんです)

    ボオさんのコメントを読んで、再読したくなりました (*´`)

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA