スキマ時間に・・・

『秋の牢獄』恒川光太郎【あらすじ&感想】ラストを考察!時間ループに終わりはあるのか

この記事に書かれていること
  • 表題作 「秋の牢獄」 のあらすじと感想
  • この本のテーマ 「牢獄」 について
  • 時間ループの残酷さ
  • ラストの考察・・・というか願い

少しだけネタバレあります。

果たして この日に終わりはあるのか―?

恒川光太郎さんの小説『秋の牢獄』感想です。さすがでした。程よいホラー感とループする時間。

ひだまりさん。
ひだまりさん。
恒川さんの描く世界は美しいですね。

3つの短編の中から2つのレビューを書きたいと思います。まずは 表題作 「秋の牢獄」 です。

『秋の牢獄』あらすじ

果たして この日に終わりはあるのか―?

本の評価

おすすめ
かんどう
いがいさ
サクサク

【あらすじ】
11月7日水曜日。女子大生の藍は秋のその日を何度もくり返している。何をしても、どこに行っても、朝になれば全てがリセットされ、再び11月7日が始まるのだった。このくり返しに終わりは来るのか。

  • 美しくて残酷な世界にハマる
  • 時間のループについて考えてしまう
  • ラストの展開を想像したくなる

牢獄をテーマとした3つの短編集

本の目次
  • 「秋の牢獄」
  • 「神家没落」
  • 「幻は夜に成長する」

『秋の牢獄』3つの短編集は、どれも牢獄がテーマになっています。

「秋の牢獄」 は 時に、「神家没落」 は 家に閉じ込められます。「幻の夜に成長する」 は 不思議な力が牢獄のような感じがしました。

果たして 主人公たちは牢獄から出ることができるのか。

「幻の夜に成長する」 はホラー感が強かったけど、あとの2つは 美しく感じる世界観がありました。そしてどれもこの世ならぬものがでてきます。

ひつじくん。
ひつじくん。
美しく感じるホラーの感覚が 恒川さんの小説の魅力だよね。

『秋の牢獄』感想

表題作 「秋の牢獄」 のレビュー。

とても良かったです。時間を扱ったSF的なものですが、ジャンルはホラーでした。

北村薫さん『ターン』、乾くるみさん『リピート』に近くて でも全然ちがいます。恒川さんならではの空気感がありました。

『ターン』北村 薫【時と人3部作】あらすじと感想 / ずっと君を待っている北村薫さん『時と人』3部作「ターン」あらすじと感想です。少しだけネタバレもあります。時間ループするSF小説です。優しい結末にホッとしました。...
『リピート』乾くるみ【あらすじと感想】衝撃的な結末と運命を変えた10ヶ月乾くるみさんの小説『リピート』あらすじと感想です。少しだけネタバレもあります。登場人物とドラマのキャストをまとめました。ミステリー感があり面白かったです。結末はバッドエンドでした。...

もしも時間がループしたら?

主人公・藍は 11月7日をくり返してしまいます。何をしてもリセットされて、どこにいても必ず自分の部屋で目覚める。恐怖よりもまず 羨ましいと思ってしまいました。

ひつじくん。
ひつじくん。
完全にひとごとだ。
ひだまりさん。
ひだまりさん。
だって 時間って有限なものだから。

時間のループ。時間もお金も無限になるのは嬉しいけど ちょっと怖いかな。記憶は残るけど記録に残せないのは辛いですね。

藍はリプレイヤー (同じく時間をくり返す仲間)・隆一と出会います。11月7日に閉じ込められたリプレイヤーは他にもたくさんいました。

仲間と旅行に行ったりしている描写が楽しそうで、ループも悪くないかもと思いました。お金の心配もしなくて良いし、死んでも元に戻るから何でも出来ちゃいます。

仲間がいるってホッとする。でも時間は有限だから光り輝くものです。

無限に使えるかもしれない時間を楽しんでいるけれど、いつか明日が来てほしいと願う彼女たちに哀愁を感じました。

恒川さんは こういう描写が上手いですね。ホラーの中に楽しさや悲しさがあって、美しく思える世界観に憧れます。

ループが残酷だと思った瞬間

時間のループは 環境によってすごく残酷なことになる時があります。

11月7日、犬飼さんの妻は浮気相手と密会していました。その日を幾度となくリープしなければならない彼。

たぶんこれまでに、俺は妻とその相手を十回は殺したと思う。

残酷。また同じ日はやってくるんです。ループするなら 何事もない平和な日にしてくれと願いたいです。

異次元生物・北風伯爵

しっかりとホラー感がある『秋の牢獄』。異次元生物・北風伯爵 (キタカゼハクシャク) がでてきます。

薄く輝くひらひらとした白い布をかぶったお化け。ウエディングドレスの花嫁。巨大化したクリオネ。てるてる坊主。

ひだまりさん。
ひだまりさん。
てるてる坊主って、なんだか可愛い。

不気味な存在でした。得体の知れない生物。そして 北風伯爵と関係があるのかは不明ですが、リプレイヤー仲間が次々と消えていきます。

今までに、何人か行方不明になっているんだよ。北風伯爵にやられたって噂なんだ

行方不明になった人たちはどこへ行ったのか。

【結末の考察 (願い)】11月8日は来るのか

ラストは余韻を残した終わり方でした。

謎が深まったところで 考察 (願い) です。

深まる謎
  • 行方不明になった人たちはどこへ行ったのか
  • 果たして 11月8日は来るのか
ひだまりさん。
ひだまりさん。
時間のループは解けて 11月8日は来ると願いたい。消えた人たちも きっと明日を生きている!

時間のループが解けて、未来でリプレイヤー仲間と出会えて、また一緒に時間を過ごせたらステキです。

読後の余韻もよくて面白かったです。

追記。どうでもいい余談

読んでいて1つだけ違和感がありました。「秋の牢獄」 の季節は秋なのですが、11月と言われると 「冬だ!」 と思ってしまいました。

ひつじくん。
ひつじくん。
札幌住まいだからだよね。
ひだまりさん。
ひだまりさん。
そうなの。道民にとって11月は冬です。

神家没落のレビュー

『神家没落』恒川光太郎【あらすじ&感想】美しく儚いラスト!「秋の牢獄」 より恒川光太郎さんの小説『神家没落』あらすじと感想です。少しだけネタバレあります。ハウルの動く城を連想したこと、失ってから気づく幸せ、美しくて儚いラストについて書いています。...

こちらもオススメ

『滅びの園』恒川光太郎【あらすじと感想】滅びゆくラスト。もしもプー二ーが現れたら恒川光太郎さん『滅びの園』あらすじと感想です。少しだけネタバレあります。面白かったけどラストは残酷でした。憧れの想念の異界、未知の生物・プー二ー、生きる原動力についてレビューを書いています。...
『夜市』恒川光太郎【あらすじと感想】美しくも哀しいラスト/ホラーファンタジー恒川光太郎さん『夜市』あらすじと感想です。少しだけネタバレあります。ラストは深い哀しみに包まれました。切なくも美しいホラーファンタジー小説です。...
『白昼夢の森の少女』恒川光太郎【あらすじ&感想】ダークファンタジー世界へ恒川光太郎さんの小説『白昼夢の森の少女』あらすじと感想です。少しだけネタバレあります。本の目次をまとめました。それぞれの短編のレビューを簡単に書いています。...

もっと見てみる

ABOUT ME
ひだまりさん。
ゆるりと本をよんでいます。ミステリー、ホラー、SF、ファンタジー、何でもよみます。ほとんど小説、ときどき絵本。→ 詳しいプロフィールはこちら

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA