SF・ファンタジー

『耳猫風信社』長野まゆみ【あらすじと感想】気まぐれな となり町

ふとしたときに扉がひらく。

長野まゆみさん『耳猫風信社』。

子供のころ、自分が訪れたことのない場所へ行くのが好きでした。

・・・と言っても、それはごく近所だったりします。ご近所探検です (*^^*) このあいだ実家に帰ったときに、そういえばこの通り道、家から目と鼻の先なのにあの頃は知らない場所にドキドキしてたなと思いました。近くなのにずいぶん遠くまで来たような不思議な感覚。

長野まゆみさんの『耳猫風信社』を読んでいたら、あの頃のことを思い出しました。それがとても心地よくて、ずっと浸っていたくなってしまうんです。

『耳猫風信社』あらすじ

どこか懐かしい気持ちになる物語。

『耳猫風信社』
おすすめ
かんどう
いがいさ
サクサク

【あらすじ】
日記帳を買いに、隣町を訪れたぼく。そこでふしぎな少年と出会う。隣町は何もかも、不思議であふれていた。

『耳猫風信社』感想

長野さんが描く不思議は、ホンワリと温かい気持ちになります。トアンが住んでいるところの隣町。そこは、隣町なのになかなか行けないところでした。

なかなか行けないとなり町

11歳になったぼく、トアンはある日、日記帳を買いにとなり町に迷いこみます。そこがとても不思議な場所で、もう一度行こうとしてもなぜかたどり着けないところ。

本書を読んでいて『となりのトトロ』を連想しました。

メイが出会ったトトロに会いたいと願って、サツキは秘密の抜け道を通りますがたどり着けない。いつも行けるとは限らないところです。

ここでは、不思議な少年と出会った十字路、日記帳を買った《山猫の店》、そして《耳猫風信社》などが描かれています。

ひとことで言うと、ネコが人として存在する町。

長野さんのファンタジーって猫がでてくるのが多いのかな?まだ数冊しか読んでないのですが『月の船でゆく』も猫と人が共存していました。

となり町なのに、探すとたどり着けない。でもふとした瞬間に迷いこんでいるんです。私の小さいころのご近所探検のことを考えます。

大人になって見回してみると、それは目と鼻の先の出来事で苦笑いしてしまうけど、あの頃に感じたワクワク感とかはもう味わえない。

でも切ないとかそういうんでなくて、懐かしく微笑んでしまうようなことです。

長野さんが描く少年

トアンは、日記帳を買いにいったときに十字路で不思議な少年と出会います。

睛がコンビネゾン。黒髪に嫌気がさして前髪をフラッシュピンクに染めたい少年、カシス。

長野さんが描く男の子が好きです。

主人公のトアン、友達のソラ。みんな何かしら悩みを抱えていて。それがなんだか可愛くて、ついつい微笑んでしまうんです。

大人の男も出てきます。キースという名前で、黒い服が似合う人。さらっと傘を差し出すところなんかはカッコイイ。

リキュール

今回も美味しそうな食べもの (飲みもの) が出てきました。

これも楽しみのひとつになっています。
気に入ったのはリキュールの飲み方。

言葉で丁寧に書かれると、本当に不思議な感じがしてやってみたくなる。ひだまりさん。は あまりお酒は飲まないのだけど。

取り壊されたはずのビル

不思議なとなり町。これは夢か幻?

トアンとソラが、むかし遊んだビルと似ている《耳猫風信社》。でも夏前に取り壊されて、今は空き地になっているはず・・・。それは、彼らだけに見えたものなのかもしれません。

『となりのトトロ』の物語の中でトトロが実在しているように、きっと《耳猫風信社》も実在しているんですよね。十字路も《山猫の店》も。そしてそこには カシスやキースがいて、ふとしたときに扉がひらく。

ほんとうに、気まぐれな猫みたい。
ABOUT ME
ひだまりさん。
ゆるりと本をよんでいます。ミステリー、ホラー、SF、ファンタジー、何でもよみます。ほとんど小説、ときどき絵本。→ 詳しいプロフィールはこちら

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA