SF・ファンタジー

『耳猫風信社』あらすじ・ネタバレ感想文|気まぐれなとなり町|長野まゆみ

この記事に書かれていること
  • 『耳猫風信社』あらすじと感想文
  • なかなか行けないとなり町
  • 長野さんが描く少年
  • リキュールの飲み方
  • となり町は、夢か幻?

少しだけネタバレあります

ふとしたときに扉がひらく。

長野まゆみさんの小説『耳猫風信社』読書感想です。ファンタジックな空気感に懐かしい気持ちになりました。

『耳猫風信社』は、ちょっぴり不思議なファンタジー小説。

ひだまりさん。
ひだまりさん。
そういえば、小さい頃、訪れたことのない場所へ行くのが好きだった。

・・・と言っても、それはごく近所だったりします。近くなのにずいぶん遠くまで来たような不思議な感覚。

長野さんの『耳猫風信社』を読んでいたら、あの頃のことを思い出しました。それがとても心地よくて、ずっと浸っていたくなってしまうんです。

『耳猫風信社』あらすじ・評価

懐かしい気持ちになる物語

あらすじ

「ぼく」はきょうは絶対、日記帳を買うんだ、と決意してとなり町の方に歩き出した…。なかなか行きつけないとなり町、雨の日に出逢った眼帯の少年。きみを迷路に誘い込む、ぼくたちのファンタジー。

『耳猫風信社』ネタバレ感想文|幻想的なファンタジー小説

長野さんが描く不思議は、ホンワリと温かい気持ちになります。

ひだまりさん。
ひだまりさん。
それが心地よいんだ。

主人公・トアンが住んでいるところの隣町は、隣なのになかなか行けないところでした。・・・ちょっぴり不思議で幻想的な物語です。

なかなか行けない「となり町」

11歳になったぼく・トアンはある日、日記帳を買いにとなり町に迷いこみます。とても不思議な場所で、もう一度行こうとしても、なぜかたどり着けないところ。

『となりのトトロ』を連想しました。

メイとサツキはトトロに会いたいと願って秘密の抜け道を通るけど、たどり着けなかったりしますね。それに似た雰囲気です。

ひつじくん。
ひつじくん。
いつも行けるとは限らないんだね。

ここでは、不思議な少年と出会った十字路、日記帳を買った《山猫の店》、《耳猫風信社》などが描かれていました。

ネコが人として存在する町。

長野さんのファンタジーって猫がでてくるのが多いのかな?『月の船でゆく』も猫と人が共存していました。

となり町なのに、探すとたどり着けない。ふとした瞬間に迷いこんでいるんです。小さいころ、ご近所探検したことを考えました。

あの頃に感じたワクワク感はもう味わえない。

でも切ないとかそういうのでなくて、懐かしく微笑んでしまうようなことです。

長野さんが描く少年が好き

トアンは 日記帳を買いにいったときに十字路で不思議な少年と出会います。

睛がコンビネゾン。黒髪に嫌気がさして前髪をフラッシュピンクに染めたい少年・カシス。

ひだまりさん。
ひだまりさん。
長野さんが描く男の子が好き。

主人公のトアン、友達のソラ。みんな何かしら悩みを抱えていて、可愛くて微笑んでしまうんです。

大人の男も出てきました。キースという名前で、黒い服が似合う人。さらっと傘を差し出すところなんかはカッコイイ。

リキュールの飲み方が美味しそう

美味しそうな食べもの(飲みもの)リキュールがでてきました。

長野さんの小説では、これも楽しみのひとつなんです。食べ物が美味しそうで・・・。

気に入ったのはリキュールの飲み方です。

あまりお酒は飲まないのだけど、言葉で丁寧に書かれると、本当に不思議な感じがしてやってみたくなる・・・。

ひだまりさん。
ひだまりさん。
美味しそうだったよ。

不思議な「となり町」は、夢か幻?

不思議な「となり町」は、夢か幻?

トアンとソラが、むかし遊んだビルと似ている《耳猫風信社》。でも夏前に取り壊されて、今は空き地になっているはず・・・なんですよね。

ひつじくん。
ひつじくん。
彼らだけに見えたものなのかも。

『となりのトトロ』の物語の中でトトロが実在しているように、《耳猫風信社》も実在しているんですよ、きっと。十字路も《山猫の店》も・・・。

そこにはカシスやキースがいて、ふとしたときに扉がひらくんです。

ひだまりさん。
ひだまりさん。
気まぐれな猫みたいな物語だ・・・。
『宇宙百貨活劇 (ペンシルロケット・オペラ)』長野まゆみ【あらすじと感想】双子の絆長野まゆみさんの小説『宇宙百貨活劇 ペンシルロケット・オペラ』あらすじと感想です。ワクワクする幻想世界、仲良しライバルな双子、ムーンドロップとマシュマロ入りショコラ、漢字とカタカナの日本語の美しさについて書いています。...
『少年アリス(改造版)』あらすじ・ネタバレ感想文|美しい言葉に魅入られて|長野まゆみ長野まゆみさんのファンタジー小説『少年アリス』(改造版) あらすじと感想です。少しだけネタバレあります。夜の理科室と人の子ではない生徒たち、ブリキの月と貝の星、繊細で美しい言葉について書いています。...
『月の船でゆく』長野まゆみ【あらすじと感想】回転木馬の思い出とココレット長野まゆみさんの小説『月の船でゆく』あらすじと感想です。少しだけネタバレあります。猫と人間が共存する不思議なファンタジーでした。ティコの願いとココレットについても書いています。...
ファンタジー小説おすすめ
コレは読んでおきたい!ファンタジー小説おすすめ|ダークファンタジーから異世界までおすすめのファンタジー小説を厳選してご紹介します。長野まゆみさんの小説、冒険ものから面白かった本をピックアップしました。...
こちらは読んだ?