SF・ファンタジー

『宇宙百貨活劇 (ペンシルロケット・オペラ)』長野まゆみ【あらすじと感想】双子の絆

ファンタジックな短編集。

長野まゆみさん『宇宙百貨活劇 ペンシルロケット・オペラ』。双子 (ツイン) を主人公とした短編集+長野まゆみさんの言葉辞典も掲載されています。

『宇宙百貨活劇 』あらすじ

不思議で幻想的な世界。

『宇宙百貨活劇』
おすすめ
かんどう
いがいさ
サクサク

【あらすじ】
双子のミケシュとロビンが織り成す、愛おしく美しい物語。ファンタジックな短編集。

『宇宙百貨活劇』感想

とても私好みでした。ジャンルはファンタジーなのかな。・・・とにかく不思議で幻想的。

ワクワクする幻想世界

1話ずつ完結しているので、目次のどこから読んでも楽しめる物語です。

宮沢賢治さんの『銀河鉄道の夜』(アニメ映画版) を連想しました!

大好きなアニメなんですが、あの幻想的な雰囲気に少しだけ似ているんですよね。リアルにありそうな “不思議” を感じてワクワクしてしまう。しかも本の中では、それが現実で。ふしぎな事が起きているのに、登場人物たちが平然としているから私も自然と受け入れられる。

15話の短編 +「ことばのブリキ罐」が掲載されています。特にひだまりさん。が好きなのは、「バターカップ教授」 と 「パペットの謝肉祭」、「サン・スゥシ通り」 でした。

仲良しライバルな双子

主人公は 双子の男の子、ミケシュとロビンです。

主にミケシュの視点で進んでいきます。彼らはどちらが兄でどちらが弟かということでもめる。可愛くて微笑ましいです。

どちらが兄で、どちらが弟か?

どっちでもいいじゃん・・・と思いますが、2人にとっては大問題。収拾はつくのでしょうか? この1話の結末が可愛くて好きです。

いつも一緒にいる2人。自分と同じ顔がもう1人いるのだから、双子って特別な感じがします。ミケシュもロビンもお互いをライバル視していますが、本当は仲良しでかけがえのない存在。二人は強い絆で結ばれているんです。

ムーンドロップとマシュマロ入りショコラ

美味しそうな食べ物がたくさんでてきます。

“卵色のシフォン”、”蜂蜜を溶かしたムーンケーキ”、”ムーンドロップ”、”マシュマロ入りショコラ” など。

ムーンドロップが飲みたい。

子供のころ買ってもらったラムネを思い出しました。あれに似ているのかな?ガラス壜の中にビー玉が入っていて、飲むたびにカランと音がして。ビー玉、どうやって入れたんだろうと不思議でした。

そして “マシュマロ入りショコラ” が美味しそう。

これだったら作れるかも。
前に読んだ長野まゆみさんの『月の船でゆく』にも、ココレットというショコラと珈琲と牛乳を三等分にして温めた飲みものが描かれていて、心惹かれるものがありました。こういうのに、ひだまりさん。は ときめいてしまいます。

漢字とカタカナの日本語の美しさ

長野まゆみさんの本を読むと、いつも感じるのが日本語の美しさです。

ふだん見ない漢字や、カタカナ使いが素敵なんです。

それが不思議な世界観を生み出しているのかもしれません。

長野さん自家製のことば辞典。

最後の方に掲載されている「ことばのブリキ罐」も読むのが楽しかったです。

そこには数々の素敵なことばが並んでいて、思わず私も真似したくなってしまいます。こういう、なんか気になる単語を集めたノートというのも面白いですね。

ABOUT ME
ひだまりさん。
ゆるりと本をよんでいます。ミステリー、ホラー、SF、ファンタジー、何でもよみます。ほとんど小説、ときどき絵本。→ 詳しいプロフィールはこちら

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA