SF・ファンタジー

『言葉屋 言箱と言珠のひみつ』久米絵美里【あらすじ&感想】大切なのは相手を思いやる気持ち

言葉を口にする勇気と、言葉を口にしない勇気。

久米絵美里さん『言葉屋 言箱と言珠のひみつ』のあらすじと感想です。言葉とコミュニケーションについて感じたことも書いています。

児童文学なので読みやすかったです。最後は ほんのりと心が温まりました。

ひだまりさん。
ひだまりさん。
言葉は救いにも武器にもなる。そのことを忘れずに心に刻もうと思います。
ひつじくん。
ひつじくん。
大切なのは 相手を思いやる気持ちなんだね。
この本を読むと・・・
  • 心が温まる
  • 言葉の向こう側にある気持ちを考えたくなる
  • 懐かしくなる

『言葉屋 言箱と言珠のひみつ』あらすじ

ほっこりしたい時に・・・

『言葉屋 言箱と言珠のひみつ』
おすすめ
かんどう
ほっこり
せつなさ

【あらすじ】
小学5年生・詠子のおばあちゃんが営む小さな雑貨屋さん。でも本業は、「言葉を口にする勇気」と「言葉を口にしない勇気」を提供するお店、言葉屋だった。詠子は 言珠職人となるべく、おばあちゃんに教わることに・・・。朝日学生新聞社児童文学賞第5回受賞作。

目次
  • 第一章 言葉屋工房入門
  • 第二章 「お世話になります」 のつめあわせ
  • 第三章 オシャレ戦争
  • 第四章 一言惚れにご用心

『言葉屋 言箱と言珠のひみつ』感想

心温まるお話でした。

小学5年生の詠子が 言葉屋工房に見習いとして入門します。第二章 「お世話になります」 のつめあわせは面白くて、第四章 一言惚れにご用心は ほんのりしました。

テーマは言葉なのかな。言葉にはコトバコ (言わない勇気) と コトダマ (言う勇気) があります。

ひだまりさん。
ひだまりさん。
なかなか深いですね。

ほのぼのとする小説でしたが、欲を言えば もう少し深く 「言葉」 について掘り下げて描いてくれたら良かったと思います。少し物足りなさも感じました。

言箱 (コトバコ) と言珠 (コトダマ)

印象に残った文章があります。

言葉屋があつかっているのはね、言葉を口にする勇気と、言葉を口にしない勇気だよ

コトバコ (言わない勇気) と コトダマ (言う勇気) 。

自分が言った言葉によって誰かを救うときと、傷つけてしまうときがあります。誰かを救うのなら言う勇気を、逆だったら言わない勇気を持つこと。

ひつじくん。
ひつじくん。
どちらも大切だね。

言葉の向こう側には人がいます。会話もそうだし、ブログに文章を書いていてもデバイスの向こうには読んでくれている人がいる。

ブログをつらつら書いていると、たまにそれを忘れてしまう時があるんです。本書を読んでハッとしました。

ひだまりさん。
ひだまりさん。
言葉が救いにも武器にもなるということを自覚しなきゃ・・・ですね。

コトダマに宿る魔法

ひだまりさん。は 言葉には不思議な力があると思っています。

例えばムリそうなことでも声に出して言ってみると実現できちゃうこともある。・・・そんなときには言葉の魔力を感じます。

言霊という漢字があるように、コトダマ (言珠) には 言葉を発する人の気持ちが詰まっているのでしょうね。

落ち込んだときにはプラスになる言葉を、何かを成し遂げたいときには 「絶対できる!!」 と声に出して言ってみると、案外できちゃうものです。

言葉ってふしぎです。

大切なのは 相手を思いやる気持ち

本書を読みながら、高田大介さんの『図書館の魔女』を思い出しました。言語学者である高田さんが描いた言葉のファンタジーです。

『図書館の魔女 上』高田大介【あらすじと感想】マツリカとキリヒトが奏でる指話の世界高田大介さん『図書館の魔女』1、2巻のあらすじと感想です。少しだけネタバレもあります。めちゃくちゃ面白くて止まりませんでした。マツリカとキリヒトが愛おしくてたまらなくなりました。...

コミュニケーションに言葉は欠かせないもの・・・ではないんだ! ということを実感した小説でした。

「言葉にすること」 も大切ですが、「相手を思いやる気持ち」 がないとコミュニケーションは成り立ちません。それがあれば言葉はなくとも気持ちは通じる。

言葉の向こう側には 見えないたくさんの気持ちが隠れています。それをちゃんと感じられる人間でいたいなと思いました。

ほのぼのした 「一言惚れにご用心」

第四章 「一言惚れにご用心」 に、ほのぼのしました。

初めてバレンタインにチョコレートを渡してドキドキしたこと。小学校のころの思い出がよみがえりました。

ひだまりさん。
ひだまりさん。
そういえば、私にもあったなぁ。

懐かしいです。そして主人公・詠子が一生懸命で可愛い。心が温まりました。

『言葉屋 言箱と言珠のひみつ』は大人にもオススメの児童文学

「言葉」 について様々な想像をめぐらせたくなる小説でした。児童文学ですが 大人が読んでも楽しめます。

ほっこりしたい時、ちょっと学びたい時にオススメの1冊です。

こちらもオススメ

『ことばのかたち』(絵本)おーなり由子/ことばの向こうの風景おーなり由子さん『ことばのかたち』あらすじと感想です。言葉の向こう側にある気持ちを想像できる絵本でした。見えて嬉しい形と、見たくない形について書いています。...
ABOUT ME
ひだまりさん。
ゆるりと本をよんでいます。ミステリー、ホラー、SF、ファンタジー、何でもよみます。ほとんど小説、ときどき絵本。→ 詳しいプロフィールはこちら

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA