SF・ファンタジー

『カエルの楽園』百田尚樹【あらすじと感想】平和な楽園への警告

いちばん愚かなのは誰か。

百田尚樹さん『カエルの楽園』
百田さんの本は初めて読みました。代表作には『永遠の0』などがありますよね。本屋さんに行ったら、ででーんと前面に平積みしてあって、手に取ってみると面白そうだなと。 それで目的の本と『カエルの楽園』の2冊購入しちゃいました。

少しだけネタバレあります。

『カエルの楽園』あらすじ

アマガエルが訪れた国は・・・

『カエルの楽園』
おすすめ
かんどう
いがいさ
サクサク

【あらすじ】
アマガエルのソクラテスとロベルトが訪れたのは、平和なツチガエルの国「ナパージュ」だった。そこには奇妙な戒律があった。

『カエルの楽園』感想

とてもすごい本を読んでしまった・・・。

寓話のような物語で、カエルが安住の地を求めて旅に出るお話。でもその意図するところがかなり深い。これを物語として書いた百田さんも凄いなと思いました。この本は平和な世の中への警告そのものです。

豊かな楽園 ナパージュ

アマガエルのソクラテスとロベルトが苦難の末にたどり着いた楽園 ナパージュ。ツチガエルの国でした。

ナパージュには争いがない―。平和な国でした。

弱肉強食の世界をイヤというほど見て体験してきた主人公たちには、信じられません。

―ツチガエルは平和を愛するカエル。
ナパージュには、ある戒めがありました。「三戒」と呼ばれるものです。

「三戒」
  1. カエルを信じろ
  2. カエルと争うな
  3. 争うための力を持つな

この「三戒」があることによって、平和が保たれていると信じているツチガエルたち。まさしく、そこは楽園でした。ある時までは・・・。

ところで、この「三戒」。何かを連想しませんか?

・・・そうなんです。平和主義を元にした日本国憲法 第9条です。戦争をしない、戦力を持たない・・・という法律。なんか、それに似ていますね。

ウシガエルの侵略

戒律を信じきっているツチガエルたちに危機感を覚えます。

盲目的に三戒を信じる国民たち。彼らにとってそれは絶対的なものなのです。安心しきっているようすが、なんか危うい・・・。

平和な楽園 ナパージュ。そこにウシガエルたちがやってきます。彼らに「三戒」という教えはありません。徐々に侵略されてゆく楽園。でも国民たちは戒律があるから大丈夫だと思っている・・・。

どこまで平和主義なんだろう。

イライラ、ハラハラしました。本当に守ってくれているだろう存在は別にあるというのに・・・。

結末が気になる衝撃作

先ほど、とてもすごい本を読んでしまったと書きました。その理由は、この物語の意図することに気づいたからです。疎い私は読み終わってから気づいたのですが、頭をガツンと殴られたような衝撃を受けました。

この小説はフィクションですが、実は日本の現状を描いています。

ナパージュって「NAPAJ」。・・・そうか、日本のことか。三戒を信じて疑わない国民たちは、平和ボケしている日本人を匂わせます。政治に疎い私にも理解しやすく、危機感を持つ内容でした。

日本と中国とアメリカとの関係。
それは本書のナパージュとウシガエルとスチームボート (鷲) にあたります。そして過熱するマスメディア。演説をするデイブレイクです。

この物語が日本の現状を描いているならば、その結末は・・・?

愚かなのは誰か

衝撃的でした。
面白かったですが少し複雑です。そのまま私たちに当てはまるのでは・・・と思ってしまったからなのかもしれませんが。読後感は果てしなく悪い・・・。

愚かなのは誰か―

演説を繰り返したデイブレイク?戒律を破ろうとしていたカエルたち?それとも、それを信じていて疑わなかった国民たち?

何も知らずにただの小説として読んでいる限りでは、三戒を信じきっている国民にイライラしました。そしてデイブレイクに反感を持ちました。でもそれを今の日本に当てはめてみると・・・。私は安穏としている国民たちにあてはまるのか。ちょっと怖い感じがします。時代の風潮によって、法律も変えていかねばならないのかなと思いました。

一番愚かなのは、流される国民たちなのではないか?

・・・そんな考えが頭をよぎりました。もしあの時ああしていれば・・・、結末は違ったのかな。これからは少し政治も気にしよう。とても深いお話でした。

ABOUT ME
ひだまりさん。
ゆるりと本をよんでいます。ミステリー、ホラー、SF、ファンタジー、何でもよみます。ほとんど小説、ときどき絵本。→ 詳しいプロフィールはこちら

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA