SF・ファンタジー

『過ぎ去りし王国の城』宮部みゆき【あらすじと感想】虜になるファンタジー世界

この記事に書かれていること
  • 宮部みゆきさんの小説『過ぎ去りし王国の城』あらすじと感想
  • 憧れの異世界
  • 塔の中の少女
  • 物語を体験できるのが読書の醍醐味
  • それぞれの居場所

少しだけネタバレあります。

虜になるファンタジー世界

宮部みゆきさんの小説『過ぎ去りし王国の城』感想です。宮部さんのファンタジーは初めて読みました。今までミステリーものしか読んだことなかったので とても新鮮です。素敵な表紙は 当時女子高生だった「れなれな」さんの作品。

ひだまりさん。
ひだまりさん。
『過ぎ去りし王国の城』の世界観にぴったりです。

Twitterにアナ雪の黒板アートを載せたところ大反響で、宮部さんの本の表紙の依頼がきたようですね。黒板に描いているんですよね。すごすぎる。

『過ぎ去りし王国の城』あらすじ

宮部みゆきが描くファンタジー

『過ぎ去りし王国の城』
おすすめ
かんどう
いがいさ
サクサク

【あらすじ】
あるとき、古城のデッサンを拾った尾垣真は、不思議な体験をする。絵の中にアバターを書くと、その絵の世界に入ることができるのだった。

『過ぎ去りし王国の城』感想

ファンタジーを読むと必ずその世界を想像します。そして憧れを抱く。

ひだまりさん。
ひだまりさん。
宮部さんが描くこの世界観が好きです。

表紙の絵のようなお城があるところ。過ぎ去りし・・・という言葉から連想できるのは、廃墟のような少し寂れた場所です。人の匂いがしなくて、ひっそりと佇んでいる。そこに恐れ多いような気持ちを抱きました。

憧れの異世界

物語の主人公・真は ひょんなことから王国が描かれている絵を拾います。そしてデッサンの上に指を置いてみると、思いもかけないことが起こりました。

絵の中に入れること

真は美術部員である同級生の城田珠美に、デッサンの中にアバター (自分の分身) を書き込んでもらいます。そうするとその絵の中に入れるんです。

絵の中の世界。私も感じてみたくなります。異世界というのは 現実世界と時間の流れが違うもの。ミステリー作家の宮部さんが描く異世界は、時間の流れはもちろんその他に怖い部分がありました。

体に不可がかかってしまうこと。だから長く異世界に居られないのです。こういうところは さすが宮部さんだぁ・・・と思いました。憧れる場所ですがゾッとします。

塔の中の少女

真と珠美は冒険するうちに異世界でパクさんという仲間に出会います。プロの絵描き・漫画家のアシスタントをしているパクさん。そして3人で冒険することになります。

忘れさられた王国で 真は塔の中に少女がいるのを発見するのです。その少女を見たパクさんは言います。

あの女の子は、十年前の八月に、この現実世界で行方不明になってるんだ

突然、行方不明になった女の子。彼女は秋吉伊音といいました。塔の中の少女は伊音ちゃんなのでしょうか?

物語を体験できるのが読書の醍醐味

本に書かれている文章を読んだ時、私はあることに気づきました。読書をすることは異世界へ冒険することと似ているということです。

この物語には絵描きさんが出てきます。パクさんに、珠美、そして・・・。その中で珠美が言った言葉が印象に残りました。何かに打ち込んでいる時には気持ちはそっちに行っちゃいますよね。ここでは絵を描いている時ですが、それは読書も一緒です。

本を読んでる時って、そのまま本のストーリーを追体験しているような感覚になります。

私も過ぎ去りし王国にいて一緒に冒険してました。それが楽しくて。読書の醍醐味ですね。分かってはいたけれど、それを改めて認識させてくれたのがこの一冊でした。

それぞれの居場所

珠美とパクさんは 複雑な悩みを抱えていました。

  • 珠美はクラスメイトからハブられ独り孤立している女の子。学校ではイジメられ家にいても居場所がない
  • パクさんは母の死によって精神的に追い詰められ、自分を見失ってしまう。そして仕事を続けられなくなって休業状態

彼らが出会い一緒に冒険して立ち直っていく。人間が持つ強さを感じました。弱っている時には何にでもすがりたくなりますが、結局、道を切り開くのは自分自身です。居場所は自分で作るもの。

ひつじくん。
ひつじくん。
ラストは ほっこりしたよ。

こちらもオススメ

『楽園 』(上) 宮部みゆき【あらすじと感想】ライター前畑滋子ふたたび!「模倣犯」続編宮部みゆきさんの小説『楽園 』(上) あらすじと感想です。少しだけネタバレあります。等が描いた不思議な絵と気になるポイント、よみがえる『模倣犯』山荘の記憶、思わず泣いたところ、他人の記憶を「見る」力についても書いています。...
『楽園 』(下) 宮部みゆき【小説 あらすじと感想】土井崎家の悲劇、そして結末は・・・宮部みゆきさんの小説『楽園 』(下) あらすじと感想です。少しだけネタバレあります。土井崎夫妻の動機、苦しむ家族たち、「楽園」と「代償」についても書いています。結末はほっとしました。...
ABOUT ME
ひだまりさん。
ゆるりと本をよんでいます。ミステリー、ホラー、SF、ファンタジー、何でもよみます。ほとんど小説、ときどき絵本。→ 詳しいプロフィールはこちら

POSTED COMMENT

  1. 雨降りさん より:

    こんにちは。

    絵の中に入れるというのは、魅力的な設定ですね。
    私もどきどきするような絵本や童話を読んで、何度そう思ったかしれません。
    古いお城に塔の中の女の子……。
    そこで、色々な冒険が繰り広げられるのですから、面白くないわけがないですよね(^_-)-☆
    私もいずれこんな物語を書いてみたいです。

    早速、今『過ぎ去りし王国の城』を図書館で探しています。
    いつも素敵な本のご紹介、ありがとうございます。

  2. ひだまりさん。 より:

    こんにちは。
    コメントありがとうございます(*^_^*)

    私もお話の中に入りたいと、よく思います。
    童話やファンタジーを読んだ時なんかは特に。
    ドラえもんの道具に、確かそんなものがありましたよね。
    憧れてしまいます( ^^ )
    この物語にでてくる古城が、また素敵なんです。
    宮部さんの文章で伝わってくるくらいに。
    少しミステリーのような、SFのような物語ですが、面白かったです。

    陰ながら、雨降りさんを応援しています(*´︶`*)

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA