おすすめ本特集

スキマ時間におすすめ短編集|サクッと読めて面白い小説を厳選

面白い短編集

おすすめ短編集

ひだまりさん。
ひだまりさん。
サクッと読めて面白かった短編集を集めました。
  1. ほっこりする短編小説
  2. SF短編小説&ショートショート
  3. ミステリー短編小説
  4. ホラー短編小説

ジャンルごとにわけて紹介します。スキマ時間にもおすすめです。

ほっこりする短編小説|疲れたときにおすすめ

ほっこりする短編小説

まずは 読みやすくてほっこりする短編小説をご紹介します。

『つめたいよるに』江國香織

珠玉の21編

あらすじ

デュークが死んだ。たまご料理と梨と落語が好きで、キスのうまい犬のデュークが死んだ翌日乗った電車で、わたしはハンサムな男の子に巡り合った・・・。出会いと分れの不思議な一日を綴った「デューク」を含む珠玉の21編

短編集『つめたいよるに』の中の 「デューク」 と 「ねぎを刻む」 がイチオシです。江國さんの言葉は あっさりしているようで深い。ほんの少しの孤独と温かさが心に染みました。

ひだまりさん。
ひだまりさん。
「デューク」 泣ける。
『デューク』江國香織【小説のあらすじ&感想・考察】犬が伝えたかったこと。「つめたいよるに」より江國香織さんの小説『デューク』あらすじと感想です。ネタバレあります。犬(デューク)が伝えたかったことと、少年との共通点についても書いています。ペットロスに陥った女性が体験する不思議なお話でした。...
『ねぎを刻む』江國香織【あらすじと感想】孤独と向き合う方法江國香織さんの小説 「ねぎを刻む」 あらすじと感想です。『つめたいよるに』に収録されている短編。「ねぎを刻む」 を読むだけで孤独がどういうことかわかる教科書のような物語でした。一心不乱に何かをすること、テーマ・孤独についても書いています。...

『ジャイロスコープ』伊坂幸太郎

ユーモアあふれる伊坂ワールド

あらすじ

助言あります。スーパーの駐車場にて“相談屋”を営む稲垣さんの下で働くことになった浜田青年。人々のささいな相談事が、驚愕の結末に繋がる「浜田青年ホントスカ」。バスジャック事件の“もし、あの時…”を描く「if」。謎の生物が暴れる野心作「ギア」。独特のユーモアが詰まった七つの伊坂ワールド。

7つの短編集。おすすめは 「浜田青年ホントスカ」、「if」、「一人では無理がある」 です。個性豊かな伊坂ワールドを思う存分味わえました。読みやすいのでサクサク読めます。

ひだまりさん。
ひだまりさん。
「本当っすか」 が口癖の浜田青年、良い味だしてた。
『ジャイロスコープ』あらすじ・ネタバレ感想|ユーモア溢れる伊坂ワールド|伊坂幸太郎伊坂幸太郎さんの小説『ジャイロスコープ』あらすじと感想です。少しだけネタバレあります。「浜田青年ホントスカ」、「if」、「一人では無理がある」 のレビューも書いています。...

『ジヴェルニーの食卓』原田マハ

時代を切り開いた画家たちの物語

あらすじ

マティス、ピカソ、ドガ、セザンヌ、ゴッホ、モネ。新しい美を求め、時代を切り拓いた巨匠たちの人生が色鮮やかに蘇る。『楽園のカンヴァス』で注目を集める著者が贈る、“読む美術館”。

モネ、マティス、ドガ、セザンヌ・・・。画家たちを描いた4つの短編集。原田さんのアート小説は、読むだけで絵画鑑賞した気になれます。時代を切り開いた画家たちの半生を描いた小説。画家たちの視線が熱くて心に染みました。

ひだまりさん。
ひだまりさん。
4つどれも好き。

レビューはこちら

ジヴェルニーの食卓



『100万分の1回のねこ』

トリビュート短編集

あらすじ

佐野洋子の名作絵本『100万回生きたねこ』に捧げる短編集。人気作家13人、江國香織、岩瀬成子、くどうなおこ、井上荒野、角田光代、町田康、今江祥智、唯野未歩子、山田詠美、綿矢りさ、川上弘美、広瀬弦、谷川俊太郎による短編や詩のアンソロジー。

佐野洋子さんの絵本『100万回生きたねこ』に捧げるトリビュート短編集です。13人の作家さんが描く13の物語。それぞれの作家さんの短編を1冊で楽しめます。

ひだまりさん。
ひだまりさん。
ドラクエを元にした川上弘美さんの 「幕間」 が新鮮で面白かった。

読後は佐野洋子さんの絵本『100万回生きたねこ』を読みたくなりました。

レビューはこちら

「100万分の1回のねこ」

童話集『風と木の歌』安房直子

8つの童話集

あらすじ

ききょう畑のそめもの屋で、指をそめてもらったぼく。こぎつねのいうとおりに、指で窓をつくるともう二度とあえないと思っていた女の子の姿が見えたのです。教科書でおなじみの「きつねの窓」ほか「さんしょっ子」「鳥」「空色のゆりいす」「夕日の国」など珠玉の短編8編。

安房直子さんの童話集です。「きつねの窓」 「さんしょっ子」 「鳥」 「空色のゆりいす」 「夕日の国」 など8つの物語。安房さんが描く不思議な世界が魅力です。

ひだまりさん。
ひだまりさん。
安房さん好きにはおすすめ。

桔梗の花で指を染めてもらう 「きつねの窓」 は 今でも大好きなお話です。「夕日の国」 も憧れます。

『きつねの窓』安房直子【教科書のあらすじと感想】桔梗の花と窓に映った愛安房直子さん『きつねの窓』あらすじと感想です。小学校の教科書に掲載されていた物語。絵本も出版されています。桔梗の花言葉「永遠の愛」についても書いています。...
『夕日の国』安房直子【あらすじと感想】縄跳びとオレンジ色の世界安房直子さん『夕日の国』あらすじと感想です。縄跳びと夕日の国、孤独なラクダについても書いています。...

SF短編小説&ショートショート|スキマ時間におすすめ

続いて紹介するのは、上田早夕里さんのハイレベルなSF短編小説、星新一さんのショートショートです。

ひつじくん。
ひつじくん。
ショートショートはスキマ時間にも良いね。

『夢みる葦笛』上田早夕里

SF10編の短編集

あらすじ

妖しくも宝石のごとく魅力を放つ珠玉の傑作短編集。人工知性、地下都市、パラレルワールド、人の夢―。想像を超える全10編を収録。

1冊でSF、ホラー、ファンタジー、パラレルワールドの全てが味わえる10編の短編集。全ての世界観が完璧で圧倒されました。どれもクォリティー高いです。中でも本の表紙で描かれている世界の1話 「プテロス」 が絶品。

ひだまりさん。
ひだまりさん。
『夢みる葦笛』を読んで 上田早夕里さんの小説が好きになったよ。
『夢みる葦笛』上田 早夕里【あらすじと感想】誰も見たことがない驚異に満ちた世界上田早夕里さんの小説『夢みる葦笛』あらすじと感想です。少しだけネタバレあります。謎の生物・イソア、異星生物・プテロス、人工知性、 「アステロイド・ツリーの彼方へ」 について書いています。...

『きまぐれロボット』星新一

ユーモア溢れるショートショート

あらすじ

裕福なエヌ氏は 便利なロボットを連れて別荘にでかけた。でもそのうちロボットは おかしな行動をし始めて・・・。

教科書にも掲載された 「きまぐれロボット」 を含むショートショート短編集です。ユーモアいっぱいでクスッと笑ってしまう面白い話ばかりでした。スキマ時間におすすめ。

ひだまりさん。
ひだまりさん。
しっかりオチがあるのが良いんだよね。

星新一さんが描く近未来は、リアリティがあってじっくり読んでしまいます。

ショートショート集『きまぐれロボット』星新一【あらすじと感想】素敵な発明品星新一さんのショートショート『きまぐれロボット』読書感想文です。教科書の作品。ネタバレ (オチも) あります。表題作 「きまぐれロボット」 と 「ネコ」 のあらすじと感想を書いています。...

『ノックの音が』星新一

15編のショート・ショート

あらすじ

「ノックの音がした。」で始まる15編のショート・ショート。ドアの向こうに待っているのは・・・?

同じく星新一さんのショートショート、15編の短編集です。濃縮された面白さがぎっしり詰まっていました。全て「ノックの音がした。」で始まるのが新鮮です。次は誰がドアの向こうに現れるのかと、ワクワクしました。

ひだまりさん。
ひだまりさん。
ドアの向こうにあるのは・・・?
『ノックの音が』 星新一【あらすじと感想】面白さが詰まったショート・ショート星新一さん『ノックの音が』あらすじと感想です。オチが面白いショートショートでした。特に好きな「しなやかな手」と「華やかな室」のレビューを書いています。...

『なめらかな世界と、その敵』伴名練

斬新なSF世界観

あらすじ

いくつもの並行世界を行き来する少女たちの1度きりの青春を描いた表題作。未曾有の災害に巻き込まれた新幹線の乗客たちをめぐる書き下ろし「ひかりより速く、ゆるやかに」など全6篇。

6つのSF短編集。表題作 「なめらかな世界と、その敵」 と 「ひかりより速く、ゆるやかに」 が良かったです。どちらも青春ストーリーで読みやすい。そして世界観に圧倒されました。

ひだまりさん。
ひだまりさん。
斬新で面白かったです。
『なめらかな世界と、その敵』あらすじ・ネタバレ感想、解説|平行世界を移動!?|伴名練伴名練さんのSF小説『なめらかな世界と、その敵』あらすじと感想・解説です。ネタバレあります。タイトルの意味と無限の平行世界、乗覚障害者・マコト、逃げ続けた先にあるもの、葉月の決断について書いています。...
「ひかりより速く、ゆるやかに」 あらすじ・ネタバレ感想|伴名練が描く二千六百万分の一の世界伴名練さんの小説 「ひかりより速く、ゆるやかに」 あらすじとネタバレ感想です。二千六百万分の一の速さで進む新幹線、事故の原因についても書いています。「なめらかな世界と、その敵」 も面白かったけど、こちらも良かったです。...

ミステリー短編小説|ドキドキしたい時におすすめ

ミステリーからは、恩田陸さん、辻村深月さん、東野圭吾さん、柚月裕子さんの小説を1冊ずつ選びました。どれもオススメです。

『三月は深き紅の淵を』恩田陸

幻の本をめぐるミステリー

あらすじ

鮫島巧一は趣味が読書という理由で、会社の会長の別宅に二泊三日の招待を受けた。彼を待ち受けていた好事家たちから聞かされたのは、その屋敷内にあるはずだが、十年以上探しても見つからない稀覯本『三月は深き紅の淵を』の話・・・。

幻の本『三月は深き紅の淵を』をめぐるミステリー、4つの短編集です。たった一人にたった一晩だけ貸すことが許された本。それを読んでみたくなる魅力がありました。本好きという空気感も良いです。

ひだまりさん。
ひだまりさん。
読書好きにおすすめの1冊。
『三月は深き紅の淵を』あらすじ・ネタバレ感想 「待っている人々」と読書について|恩田陸恩田陸さん『三月は深き紅の淵を』あらすじと感想です。第1章 「待っている人々」 がとても面白かったです。本を読むことの楽しさを実感した小説でした。...

『鍵のない夢を見る』辻村深月

転落していく女たち

あらすじ

どこにでもある町に住む、盗癖のあるよそ者の女、婚期を逃した女の焦り、育児に悩む若い母親・・・。彼女たちの疲れた心を待つ落とし穴。私たちの心の奥底を静かに覗く傑作集。

直木賞受賞作、5つの短編集です。夢を叶えるために、魔がさしてしまう瞬間を描いた物語。全てにおいて後味が悪いけど 最後まで読まずにはいられない。不思議な魅力がありました。女性心理が上手くて共感してしまいます。

ひだまりさん。
ひだまりさん。
リアル感があって、心に刺さる。さすが辻村さんです。
『鍵のない夢を見る』あらすじ・ネタバレ感想|転落していく女たち|辻村深月辻村深月さんの小説『鍵のない夢を見る』あらすじと感想です。少しだけネタバレあります。日常に潜む落とし穴、ザワザワの理由、「石蕗南地区の放火」自意識過剰な女・笙子、「芹葉大学の夢と殺人」未玖の彼氏・雄大の転落人生について書いています。...

『怪笑小説』東野圭吾

東野圭吾、9つの短編集

あらすじ

年金暮らしの老女が芸能人の“おっかけ”にハマり、乏しい財産を使い果たしていく「おつかけバアさん」、“タヌキには超能力がある、UFOの正体は文福茶釜である”という説に命を賭ける男の「超たぬき理論」・・・。9つの傑作短篇集。

9つの短編集。ちょっとブラックで、怖くて、何ともおかしい人間たちが満載でした。おすすめは 「超たぬき理論」。くだらないけど笑えます。「あるジーサンに線香を」 も切なくて面白かったです。

ひだまりさん。
ひだまりさん。
これは読む価値あり。
『超たぬき理論』(怪笑小説) 東野圭吾【あらすじと感想】タヌキに情熱を捧げた男東野圭吾さんの短編『超たぬき理論』(怪笑小説より) あらすじと感想です。少しだけネタバレあります。くだらないけど笑える『超たぬき理論』、超能力説と文福茶釜、UFO説、常識が覆される瞬間、バカに出来ない理論について書いています。...
『あるジーサンに線香を』(怪笑小説) 東野圭吾【あらすじと感想】若返りの実験東野圭吾さんの短編『あるジーサンに線香を』(怪笑小説より) あらすじと感想です。少しだけネタバレあります。夢のような若返り、楽しい時間が終わる時、後に残ったものについて書いています。...

『検事の信義』柚月裕子

佐方貞人シリーズ4

あらすじ

佐方貞人、検事時代の4つの短編集。認知症の母親を殺害して逮捕された息子・昌平の裁判を担当することになった検事・佐方貞人。遺体発見から逮捕まで「空白の2時間」があることに疑問を抱く。(「信義を守る」 より)

佐方貞人、検事時代の4つの短編集です。一事不再理、内部告発、裏取引・・・。内容が濃くて短編だけど読み応えがありました。このシリーズの魅力は主人公の佐方貞人にあります。

ひだまりさん。
ひだまりさん。
とことん、真実を追求する彼がカッコ良いんだよね。

上川隆也さんが演じているドラマも好きです。イメージ、ぴったりでした。

『検事の信義』あらすじ&感想|佐方貞人シリーズ4・裁きを望む|柚月裕子柚月裕子さんの小説『検事の信義』あらすじと感想です。少しだけネタバレあります。読むときのポイントをまとめました。検事・佐方貞人の魅力も書いています。...

ホラー短編小説|ヒヤリとしたい時におすすめ

最後にホラー小説。美しい世界観が魅力、恒川光太郎さんの短編集から3冊、めちゃくちゃ怖かった米澤穂信さんの小説をご紹介します。

『白昼夢の森の少女』恒川光太郎

ダークファンタジー短編集

あらすじ

人間の身体を侵食していく植物が町を覆い尽くしたその先とは―。(表題作「白昼夢の森の少女」より) ダークファンタジー10の短編集。

ダークファンタジー10の短編集。表題作 「白昼夢の森の少女」 をはじめ、「銀の船」 「布団窟」 「夕闇地蔵」 は異世界感が強かったです。恒川ワールドを存分に楽しめた1冊でした。

ひだまりさん。
ひだまりさん。
「銀の船」、めちゃくちゃ好き。

大人になって信じなくなったことや目に見えないものが、もしかしたら存在しているのではないかと思えてしまいます。

『白昼夢の森の少女』恒川光太郎【あらすじ&感想】ダークファンタジー世界へ恒川光太郎さんの小説『白昼夢の森の少女』あらすじと感想です。少しだけネタバレあります。本の目次をまとめました。それぞれの短編のレビューを簡単に書いています。...

『秋の牢獄』恒川光太郎

この日に終わりはあるのか―?

あらすじ

11月7日水曜日。女子大生の藍は秋のその日を何度もくり返している。何をしても、どこに行っても、朝になれば全てがリセットされ、再び11月7日が始まるのだった。このくり返しに終わりは来るのか。

3つの短編集。表題作 「秋の牢獄」 は 時間がループするSFでした。他に 「神家没落」、「幻は夜に成長する」 があります。3つどれも牢獄がテーマのお話。ちょっぴり怖いけど行ってみたくなる世界観が心地よかったです。

ひだまりさん。
ひだまりさん。
美しくて残酷な世界にハマる。
『秋の牢獄』恒川光太郎【あらすじ&感想】ラストを考察!時間ループに終わりはあるのか恒川光太郎さん『秋の牢獄』あらすじと感想です。少しだけネタバレもあります。哀愁がある美しい世界観とループする時間について、小説のテーマ「牢獄」について、そしてラストの考察も書いています。...

『夜市』恒川光太郎

今宵、どこかで 「夜市」 が開かれる―

あらすじ

裕司から「夜市にいかないか」と誘われた大学生のいずみ。小学生のころに夜市を訪れた裕司は、弟と引き換えに「野球の才能」を買ったのだという。そのことをずっと後悔していた。そして今夜、弟を買い戻すために夜市を訪れたのだった―。

表題作 「夜市」 と 「風の古道」 の2編。切なくて美しい世界観に魅了されます。ホラーだけどファンタジーのような不思議なお話でした。宮崎駿さんのジブリ映画に似た雰囲気を味わえます。

ひだまりさん。
ひだまりさん。
『千と千尋の神隠し』や『となりのトトロ』を連想したよ。

「夜市」 も 「風の古道」 も絶品です。まだ読んでなければ、ぜひ読んでほしい1冊。

『夜市』恒川光太郎【あらすじと感想】美しくも哀しいラスト/ホラーファンタジー恒川光太郎さん『夜市』あらすじと感想です。少しだけネタバレあります。ラストは深い哀しみに包まれました。切なくも美しいホラーファンタジー小説です。...

『儚い羊たちの祝宴』米澤穂信

米澤流暗黒ミステリー

あらすじ

夢想家のお嬢様たちが集う読書サークル「バベルの会」。夏合宿の2日前、丹山吹子の屋敷で惨劇が起こる。翌年も翌々年も同日に吹子の近親者が殺害され、4年目にはさらに凄惨な事件が。優雅な「バベルの会」をめぐる邪悪な5つの事件。

5つの短編集です。ミステリーというよりホラーでした。・・・怖くて震えました。5つの物語すべてにリンクしているのが、「バベルの会」 という大学の読書サークル。

ひだまりさん。
ひだまりさん。
読書サークルなんて素敵!と思っていたら、最後に衝撃が・・・。
『儚い羊たちの祝宴』あらすじ・ネタバレ感想|背筋がヒヤリ!すべてが覆る結末|米澤穂信米澤穂信さんの小説『儚い羊たちの祝宴』あらすじと感想です。ランキングにしました。少しだけネタバレあります。バベルの会、アミルスタン羊についても書いています。...

おすすめ短編集まとめ

スキマ時間におすすめ短編集でした。

紹介した本
  • 『つめたいよるに』江國香織
  • 『ジャイロスコープ』伊坂幸太郎
  • 『ジヴェルニーの食卓』原田マハ
  • 『100万分の1回のねこ』
  • 『風と木の歌』安房直子
  • 『夢みる葦笛』上田早夕里
  • 『きまぐれロボット』星新一
  • 『ノックの音が』星新一
  • 『なめらかな世界と、その敵』伴名練
  • 『三月は深き紅の淵を』恩田陸
  • 『鍵のない夢を見る』辻村深月
  • 『怪笑小説』東野圭吾
  • 『検事の信義』柚月裕子
  • 『白昼夢の森の少女』恒川光太郎
  • 『秋の牢獄』恒川光太郎
  • 『夜市』恒川光太郎
  • 『儚い羊たちの祝宴』米澤穂信

サクッと読める、おすすめの短編集でした。

ひつじくん。
ひつじくん。
どれも面白かったよ。

こんな記事もあります