スキマ時間に・・・

『あるジーサンに線香を』(怪笑小説) 東野圭吾【あらすじと感想】若返りの実験

もしも、若返れるとしたら・・・?

東野圭吾さん『あるジーサンに線香を』(怪笑小説より)東野さんの怪笑小説。ブラック・ユーモアな9編からなる短編集です。クスリと笑わずにはいられない。とても面白く傑作です。

その中で私が気になったものを紹介したいと思います。『あるジーサンに線香を』です。

ネタバレあります。

『あるジーサンに線香を』あらすじ

東野圭吾さん、短編集!!

『怪笑小説』
おすすめ
かんどう
いがいさ
サクサク

『あるジーサンに線香を』【あらすじ】
新島先生に「若返りの実験」に協力して欲しいと頼まれたジーサン。実験は成功し、楽しい時を過ごす。でも幸せの時は長く続かなかった・・・。

『あるジーサンに線香を』感想

ジーサンって・・・・・。独特なタイトルですよね。

この物語が好きな理由は、心に響くものがあったからです。それが何なのか考えながらレビューを書きたいと思います。

夢のような若返り

もしも、時を戻すことができたら?

誰でも飛びついてしまいそうな夢のような話ですね。

主人公は 孤独なお爺さん。

二十代の青春時代は戦争の真っ只中。毎日が生きるか死ぬかの瀬戸際でした。そんな時代を生き抜いてきたお爺さんが、実験により若返っていきます。40代、さらには20代にまで・・・・・。そして恋をして楽しい時を過ごす。

この物語を読んでいる時に、私は誕生日を迎えました。

30代も後半に差しかかると、嬉しいんだか悲しいんだか微妙です。そんな時に読んだ本なので余計に心に響いたのかもしれません。私がおばあさんになった時、若返れるとしたら素敵だなと思いつつも、また一つ年齢が増えた・・・・と思いながら。

私がこのジーサンと同じ年齢になった時には、もっと便利な世の中になっているのでしょうね。

楽しい時間が終わる時

楽しい時はいつまでも続かないものです。それは、たったの二ヶ月間でした。

その後にあるのは老化です。ジーサンはもとのお爺さんに戻っていきます。

一時でも楽しい時を過ごし、自分が知りえなかった世界を体験できたジーサン。良かったのではないかと思うのですが、戻る過程が切ない。

どんな楽しい時にも必ず終わりが訪れるものです。そう思うと悲しい気持ちになります。

このお話は彼がつけている日記調で進んでいきます。気持ちが素直に表現されていて、クスリと笑ってしまう場面もありますが切なく心に響きます。

後に残ったもの

逆戻りしてしまったジーサンが最後に思い描くものは死です。

楽しい時を過ごした後では残酷ですね。

実験をしない方が良かったのかと問われると、分からなくなってしまいます。でももし私だったら、やはり若返りを選んでしまうだろうな。たとえ二ヶ月間でも。

切なくほろ苦く

読んだ後に感じたことは、切なくほろ苦く・・・。読み終わった時に深いため息をついてしまいました。

東野さんは『アルジャーノンに花束を』をモチーフにしてこの物語を書いたようです。楽しい時を過ごした後の残酷さという意味で、私は前に読んだ道尾秀介さんの『緑色のうさぎの話』を思い出しました。

絵本『緑色のうさぎの話』道尾秀介【あらすじと感想】それでも生きてゆくみんなと違ううさぎのはなし。道尾秀介さん × 半崎信朗さん 『緑色のうさぎの話』絵本。17歳の時に書いたお話で、『プロムナード』に掲載さ...

目を閉じて、しばらくの間ボーッとお爺さんの気持ちを考えてみます。ジーサンが死んだら私がお線香をあげたい。

怪笑小説より、こちらのレビューもどうぞ。

『超たぬき理論』

ABOUT ME
ひだまりさん。
ゆるりと本をよんでいます。ミステリー、ホラー、SF、ファンタジー、何でもよみます。ほとんど小説、ときどき絵本。→ 詳しいプロフィールはこちら

POSTED COMMENT

  1. igaiga より:

    わたし、この話好きなんですよねー。
    「アルジャーノン」をベースにして、まぁ殆どそのまんまなのですが(笑)
    主役をジーサンにすることによってより悲しさが倍増しました。
    怪笑はこの話しか印象に残ってないんですよね(^^;)

  2. ひだまりさん。 より:

    ありがとうございます (*^_^*)
    私もこのお話好きです。
    切なくて、少しの間、ぼーとしてしまいました。

    東野さんは引き出しがたくさんありますね。
    あと『怪笑小説』から2つ紹介する予定です。
    私の好きな3つを選んでのレビューですが、そうそう! と思い出しながら読んで下さると嬉しいです。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA