ミステリー・サスペンス

『幻夜』あらすじ・ネタバレ感想文|一人の女性に翻弄される男たち|東野圭吾

彼女と過ごした時間は幻?

東野圭吾さん『幻夜』感想です。彼女を愛してしまったがために翻弄される男たちを描いたお話でした。

ひだまりさん。
ひだまりさん。
『白夜行』を読んだら、『幻夜』も読みたくなるよね。

どちらとも、ひとりの女性に翻弄される物語。登場人物が魅力的でストーリーも逸品です。

『幻夜』あらすじ

彼女は何者なのか

あらすじ

1995年、阪神淡路大震災のまっただ中で、衝動的に殺人を犯してしまった男。それを目撃していた女。二人は手を組み、東京に出ていく。女は野心を実現するためには手段を選ばない。男は女を深く愛するがゆえに、彼女の指示のまま悪事に手を染めていく。やがて成功を極めた女の思いもかけない真の姿が浮かびあがってくる。彼女は何者なのか。

『幻夜』ネタバレ感想文

『幻夜』は、一人の女性に翻弄される男たちの物語です。

1番の被害者は雅也ですね。美冬に対する真摯な想いや信じきれずにいる姿、壊れていく人生が描かれていました。

望んだのは、美冬との幸せだけだった。

でもそれは、まるで幻のようでした・・・。愛してしまったがために雅也の人生は狂ってゆくんです。

ひつじくん。
ひつじくん。
切なくなる。

『幻夜』は『白夜行』の続編では?・・・とよく言われていますね。実際そう思わせる記述が度々でてきます。

  • 美冬が以前勤めていたお店が「ホワイト ナイト」(白夜)で、その前は違う店名だったこと
  • 経営者の女性が「風と共に去りぬ」のスカーレット・オハラのような人だったこと

東野さんは断定してないけど、そう思わせるのもこの本の魅力。『白夜行』を読むと必ず『幻夜』を読みたくなるんですよね。

『白夜行』は亮司と雪穂の心情が全く描かれていなかったけど、『幻夜』は雅也の心情がよく描かれていました。・・・だからか、美冬がとてつもなく悪女に思えるんです。

ひだまりさん。
ひだまりさん。
『白夜行』の雪穂も『幻夜』の美冬も、妖しい魅力あふれる人物。

『幻夜』ラストは衝撃の展開でした。

真実を知った雅也は自分で決着をつけようとするんですよね。でも最後は、加藤刑事を伴って自滅する道を選ぶ・・・。

最後の最後まで美冬を守った雅也と、妖しく微笑む美冬が印象的でした。

『白夜行』あらすじ・ネタバレ感想文|亮司と雪穂の心情|東野圭吾東野圭吾さんの小説『白夜行』あらすじと感想です。雪穂のお店『R & Y』について、雪穂と亮司の心情が全く描かれていないことも書いています。ここまで登場人物の心情を理解しようと思った小説は他にはありません。...
『恋のゴンドラ』あらすじ・ネタバレ感想文と結末|東野圭吾が描くゲレンデのラブコメ東野圭吾さんの小説『恋のゴンドラ』あらすじと感想です。少しだけネタバレあります。「恋」と「笑い」のラブコメ、広太と美雪と桃実の三角関係、ひとこと感想、結末について書いています。...
ジェンダーを描いた『片想い』あらすじ・ネタバレ感想文|悲しき結末とメビウスの帯|東野圭吾東野圭吾さんの小説『片想い』あらすじと感想です。少しだけネタバレあります。ジェンダー、美月の告白と苦しみ、メビウスの帯、『片想い』に込められた意味について書いています。...
『沈黙のパレード』あらすじ・ネタバレ感想&魅力|ガリレオシリーズ9|東野圭吾東野圭吾さん『沈黙のパレード』のあらすじと感想です。少しだけネタバレあります。ガリレオシリーズの魅力も書いています。どんでん返しあり、清々しい結末でした。...

もっと見てみる

こちらは読んだ?