ミステリー・サスペンス

『白夜行』東野圭吾【あらすじと感想】亮司と雪穂の心情

2人の行く末は―。

東野圭吾さん『白夜行』感想です。大好きな小説を再読しました。

『白夜行』あらすじ

東野圭吾さんイチオシ小説。

『白夜行』
おすすめ
かんどう
いがいさ
サクサク

【あらすじ】
大阪にある廃墟ビルで発見された男は、質屋を営む桐原亮司の父親だった。やがて事件は迷宮入りする。

『白夜行』感想

ドラマや映画にもなった『白夜行』

この前、堀北真希さんが出ている映画を見て、また本も読みたくなり再読しました。やはり心にズシっときます。何度読んでも悲しくやるせない気持ちが残る物語です。

『白夜行』は 東野圭吾さんが好きな方はもちろん、本を読まない人も知っているひとが多いですね。好き嫌いはあるかもしれませんが、この作品を抜きにして東野圭吾は語れないくらい心を打たれる小説です。

ひだまりさん。
ひだまりさん。
亮司の言葉に心がギュっと締め付けられました。

『白夜行』は雪穂と亮司の心情が全く描かれていません。

想像しながら読んでいきました。・・・そこも凄いところですね。2人が会っている場面も全くなく、接点もないように見える。でも確実に共存しながら生きている。ほとんど第三者の視点で描かれていました。亮司と雪穂の心情が描かれていない分、不気味な感じもありつつ物語は進行していきます。

雪穂のお店『R & Y』。亮司 & 雪穂 です。

初めて読んだ時は そのショップ名を見てほっとした記憶があります。雪穂にとっての亮司の存在がそれに表れているんだなと思って・・・。亮司は警察にバレることがあったなら全てを一人で被る覚悟があったのだと思います。

雪穂に対しての償い。そして愛するゆえのもの。

ひつじくん。
ひつじくん。
全然知らない人と言った雪穂の心情はどういったものだったんだろう。

背筋がゾクっとしました。亮司のことを理解し想っての言葉だと信じたいです。雪穂の人生もそうですが 亮司の人生を思うと心が沈みます。もっと違う生き方があったのではないか・・・と。

本当にこの小説はすごいです。すごいという言葉では足りないほど。ここまで登場人物の心情を理解しようと思った小説は他にはありません。ドラマにもなり映画にもなった理由がよくわかります。

こちらもオススメ

『幻夜』東野圭吾【あらすじと感想】一人の女性に翻弄される男たち東野圭吾さんの小説『幻夜』あらすじと感想です。雅也の心情、続編と囁かれている『白夜行』についても書いています。...
東野圭吾『ダイイング・アイ』あらすじと感想(ネタバレあり)瑠璃子の正体は!? 結末は怖くて衝撃だった東野圭吾さんのミステリー小説『ダイイング・アイ』のあらすじと感想です。ネタバレもあります。WOWOWのドラマで謎の女・瑠璃子を高橋メアリージュンさんが演じます。結末は怖かったけど面白い小説でした。...
『虚ろな十字架』東野圭吾【あらすじと感想】死刑制度をとりあげた物語死刑は無力?東野圭吾さん『虚ろな十字架』以前に読んでいたのですが、再読して大幅に記事をリライトしました。・・・けっこう重い。でもサクサク...
ABOUT ME
ひだまりさん。
ゆるりと本をよんでいます。ミステリー、ホラー、SF、ファンタジー、何でもよみます。ほとんど小説、ときどき絵本。→ 詳しいプロフィールはこちら

POSTED COMMENT

  1. pakira より:

    僕もこの作品は本当に印象に残っています。
    映画のキャッチフレーズ、「殺したのは心」、この言葉が頭から離れませんでした。

  2. ひだまりさん。 より:

    ありがとうございます(*˙╰╯˙*)

    「殺したのは心」。まさにぴったりなキャッチフレーズですね。
    映画では、亮司役の高良さんが屋上から飛び降りる前に一瞬見せる笑顔が印象的でした。
    本当に救いようのないくらい悲しい物語です。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA