ミステリー・サスペンス

『白夜行』あらすじ・ネタバレ感想文|亮司と雪穂の心情|東野圭吾

2人の行く末は―。

東野圭吾さん『白夜行』感想です。大好きな小説を再読しました。

『白夜行』は、東野さんの小説の中でも逸品。一度は読んでおきたい物語です。

ドラマや映画化されている作品だから、内容を知っている人は多そうですね。ストーリーも面白いことながら、原作小説ならではのドキドキ感が味わえます。

ひだまりさん。
ひだまりさん。
小説、めちゃめちゃおすすめだよ。

『白夜行』あらすじ

切なく悲しい物語

あらすじ

1973年、大阪の廃墟ビルで一人の質屋が殺された。容疑者は次々に浮かぶが、結局、事件は迷宮入りする。被害者の息子・桐原亮司と、「容疑者」の娘・西本雪穂―暗い眼をした少年と、並外れて美しい少女は、その後、全く別々の道を歩んで行く。二人の周囲に見え隠れする、幾つもの恐るべき犯罪。だが、何も「証拠」はない。そして十九年…。

『白夜行』ネタバレ感想文|雪穂と亮司の心情を想像したくなる小説

『白夜行』がすごいのは、雪穂と亮司の心情が全く描かれていないところです。

2人が会っている場面も全くなく、接点もないように見える。・・・だからちょっぴり不気味さも感じるんです。ほとんど第三者の視点で描かれていました。

ひだまりさん。
ひだまりさん。
でも、雪穂と亮司は確実に共存しながら生きているんだよね。

こんなに登場人物たちの心情を理解したいと、切実に感じた小説は他にないかもしれません。想像力がかき立てられます。

ちなみに

堀北真希さんが出ている映画は、小説に近い雰囲気でした。逆にドラマは小説と違い、2人の心情がたくさん描かれた作品になっている印象です。

ひつじくん。
ひつじくん。
映画やドラマも良かったよ。

亮司は、警察にバレることがあったなら全てをひとりで被る覚悟があったのでしょうね。それは雪穂に対しての償いか、彼女を愛するゆえのものなのか。

雪穂のお店「R&Y」は、亮司&雪穂ですね。

初めて読んだ時は、そのショップ名を見てほっとした記憶があります。雪穂にとっての亮司の存在がそれに表れているんだなと感じて。それなのに・・・、

最後に亮司を全然知らない人と言った雪穂の心情はどういったものだったんだろう。

背筋がヒヤリとしました。でもそういう彼女だからこそ魅力を感じたりもするんですよね。

Kindle本を読むなら

Kindle Unlimited(キンドルアンリミテッド)もおすすめ。Amazonが提供している書籍読み放題サービスです。

  • 200万冊以上が読み放題(小説やビジネス書、雑誌、コミックなどいろんなジャンルが対象)
  • お好きな端末で読める
  • 30日間の無料体験あり(初めてご利用の方。期間終了後は月額980円)

公式ページ

私も愛用しているKindle端末はこちら→Kindle Paperwhiteレビュー・メリットとデメリット|読書が快適になるアイテム

最高に面白い 東野圭吾 おすすめ小説
【東野圭吾】読むならコレ!おすすめ・面白い小説|ミステリーからラブストーリーまで読むならコレ、最高に面白い!東野圭吾おすすめ小説を厳選して紹介します。東野圭吾さんの小説の魅力も書いています。...
希望の糸
『希望の糸』あらすじ・ネタバレ感想文、解説|加賀恭一郎シリーズ|東野圭吾東野圭吾さんの小説『希望の糸』あらすじと感想・解説です。少しだけネタバレあります。テーマ 「家族」、萌奈と行伸の苦しみ、松宮刑事の葛藤、タイトルの意味、家族が再生される結末について書いています。...
『幻夜』あらすじ・ネタバレ感想文|一人の女性に翻弄される男たち|東野圭吾東野圭吾さんの小説『幻夜』あらすじと感想です。雅也の心情、続編と囁かれている『白夜行』についても書いています。...
『虚ろな十字架』あらすじ・ネタバレ感想文|テーマは死刑制度|東野圭吾東野圭吾さんの小説『虚ろな十字架』あらすじと感想です。ネタバレはありませんが内容にふれています。被害者、加害者、弁護士から見た死刑制度について書いています。...

もっと見てみる

こちらは読んだ?