アート・スポーツ小説

『雪煙チェイス』東野圭吾【あらすじと感想】予測不能な追跡劇

予測不能な追跡劇。

東野圭吾さん『雪煙チェイス』
『白銀ジャック』『疾風ロンド』に続き、ゲレンデを舞台にしたミステリーです。根津さん&千晶さんも登場して懐かしくなっちゃいました。登場人物が良いのが魅力ですね。

『雪煙チェイス』あらすじ

予測不能のチェイスが始まる!

『雪煙チェイス』
おすすめ
かんどう
いがいさ
サクサク

【あらすじ】
ひょんなことから殺人事件の容疑者となってしまった脇坂竜実。アリバイを証明できるのは、見ず知らずの美人スノーボーダーだった。彼は彼女を探してスキー場へと向かうのだが・・・。

『雪煙チェイス』感想

やはり東野さんは読ませますね。止められず一気に読んでしまい、おかげで寝不足です。・・・完全な夜型だわ。

小杉VS竜実!!里沢温泉スキー場で雪煙チェイス

予測不能な追跡劇

なんと言っても、この本の面白さは予測不能な追跡劇にあります。もうドキドキで全部読むまで止められませんでした。

ひょんなことから殺人事件の容疑者となってしまった脇坂竜実。親友の波川と一緒にアリバイを証明できる唯一の人物「女神」(←正体不明の美人スノーボーダー) を捜し求めて里沢温泉スキー場へと向かいます。彼女の特徴は「美人」「かなりの腕前」「赤と白のツートンウェア、ヘルメットは黒」。広いスキー場で、それだけを手がかりに捜索するのは難しそうですね。

一方、警察は脇坂を犯人と決めつけ、所轄が本庁を出し抜こうと画策します。このあたり利権の争いがすごい・・・。「本庁より先に捕らえろ」と命じられた小杉&白井刑事。脇坂の後を追い、里沢温泉に行くのですが・・・。

ゲレンデを舞台に、追うものと追われるもののチェイスが繰り広げられる。

これがとても面白い。交互に描かれているからドキドキします。

脇坂が犯人だと決めつけている警察は、もはや小杉にも止められない。事態は深刻です。でもここまでくると警察内部の手柄争いにさえ、どこか可笑しさを感じてしまうんですよね。

警察って、おバカ。果たして彼の無実は証明されるのでしょうか?

お馴染み、根津昇平と瀬利千晶のコンビ

このシリーズは今回で3作目なのですが、お馴染みの人物、里沢温泉スキー場のパトロール隊員の根津 昇平(ねづ しょうへい)と瀬利 千晶(せり ちあき)も登場します。彼らが好きでこのシリーズを読んでいるのですが、今回も大活躍!でも千晶の決断になんとなく寂しさを感じました。

二度とボードはやらない。

えー!?・・・そんなぁ。2人から目を離せません。

一寸の虫にも五分の魂

小杉と話をしていた「お食事処 きなし」の女将の言葉に、ぐっときました。

警察の手柄争いを読んでいると、何か一つ物申したくなってしまうんです。そのモヤモヤっとした気持ちを女将が言ってくれました。

上層部が間違った方向に進んでいくのに、所轄の小杉にはどうすることもできない。自分の気持ちを殺してただ従うだけです。途中から彼は疑問を感じるようになります。

竜実は犯人ではない?

・・・それなのに上層部を止められない。上に従わなくてはならない、宮仕えの悲しさが伝わってきました。でも小杉は、警察の本来の仕事をしようと動き出します。本書にも書かれていることわざで、一寸の虫にも五分の魂という言葉が心に残りました。

【一寸の虫にも五分の魂】

小さく弱い者にも、それ相当の意地や根性がある。だから、どんな相手でも侮ってはならないということ。

たとえ立場が弱くても、信念を持って物事に取り組むことが大事。小さき者でも大きな力を覆せるかもしれません。

小杉の意地を垣間見た気がします。彼がカッコよく思えました。

もしかして『恋のゴンドラ』の・・・

『雪煙チェイス』の前に『恋のゴンドラ』が刊行されました。私はそちらも読んだのですが、リンクしているところがあって、あっ!!と叫んでしまいました。

Mさんの緑色の・・・の話です。

どこかで聞いたような話。これは『恋のゴンドラ』のMさんですね。緑色の・・・にビックリしたMさん。その真相は、ぜひ『恋のゴンドラ』で (*^^)

素敵な結末

読後感はとても良かったです。小杉と女将も気になるし、なによりお馴染みの2人を祝福してあげたくなりました。・・・お幸せに (*´`)

ABOUT ME
ひだまりさん。
ゆるりと本をよんでいます。ミステリー、ホラー、SF、ファンタジー、何でもよみます。ほとんど小説、ときどき絵本。→ 詳しいプロフィールはこちら

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA