ヒューマン・ラブストーリー

『恋のゴンドラ』東野圭吾【あらすじと感想】ゲレンデのラブコメと面白すぎる結末

この恋の行方は―。

東野圭吾さん『恋のゴンドラ』。東野さんのラブコメです。どうなの?と思いながら読み始めたのですが、面白くて一気読みしちゃいました!!

今月はあと1冊、東野さんの新刊が出ますね。『雪煙チェイス』。『疾風ロンド』に続き3年ぶりの文庫書き下ろし長編ミステリー!です。1ヶ月に2冊も新刊が読めるなんて・・・と感激しています。

そうそう、本作には前の2作に出てきた根津さんも登場しちゃいます!今日はまず『恋のゴンドラ』のレビューです。

『恋のゴンドラ』あらすじ

東野圭吾が描く恋愛ミステリー!!

『恋のゴンドラ』
おすすめ
かんどう
いがいさ
サクサク

【あらすじ】
東野圭吾が描く恋愛ミステリー。真冬のゲレンデで繰り広げられる男女8人の運命は?

『恋のゴンドラ』感想

『恋のゴンドラ』は 軽い感じでサクサク読めちゃいます。でもさすが東野さん、どんでん返し(?)があったりして、おっ!!っと感心。・・・上手いんですよね、物語のつなげ方が。

「恋」と「笑い」のラブコメ

タイトルからも想像できるように、冬のゲレンデを舞台に繰り広げられる「恋」のお話です。

コメディタッチで描かれているので全く重くなく、途中途中でクスクスと笑ってしまうような展開でした。面白いんです。

東野さんの本はどちらかと言うと少し重めの物語が好きなのですが、たまにはこういうのも良いですね。

短編かなと思って読んでいると、ちゃんと繋がりがあって長編を読んでいる感覚になります。(まぁ、1話ずつの恋のお話なので短編と言えばそうですが)

本書で描かれている恋は どれもが「覚悟」と「度胸」がぴったりのものばかりです。この本を読み終わって恋も大変だなと人ごとのように思いました。

  • 浮気をして絶望的な状況に追い込まれる男。
  • プロポーズを演出しようとする男。
  • 恋に悩む女。

8、9人の登場人物の恋愛模様が描かれています。恋愛の形も様々ですね。えー、こんな展開になっちゃう!?・・・と良い意味で裏切られました。でもリアル感があり楽しめます。

この恋は天国か地獄か!?

1話目から、うわー・・・とヒヤリ。

そしてクスクス笑ってしまいました。広太と美雪、桃実の三角関係です。スキー場のゴンドラに乗り合わせたのは・・・、

同棲相手と浮気相手!!

恐ろしい図ですね。・・・自業自得と私は美雪と桃実の肩を持ってしまいますが。広太の心の叫びに思わずクスリ。

ちょっぴり可哀想になりますが、浮気するから悪いんです。

・・・にしても面白い。ゴンドラが終点につくまで彼にとって地獄の時間になったわけです。同棲している彼女は広太と浮気相手に気づいているのか、いないのか。波乱の予感です。

この後の展開どうなると思いますか?
神さまは広太に味方してくれなかったようです。でもこのあと2話、3話・・・と読んでいくと、意外なところで意外な展開が待っているんです。

繋がる物語たち

東野さんは物語のつなげ方がとても上手いなと思いました。短編のようですが1話完結ではないんですよね。物語が進んでいくにつれて時間も経過していく。次のお話に前の登場人物がでてきたり、その中で新たな展開があったりと時間の経過を感じました。

目次を見ると全部で7つの構成ですが、まるまる1話の長編にも思えてしまう。東野さんの技量を感じます。そして恋愛事情も今どきの感じがして、すんなり受け入れられるんです。

1話目「ゴンドラ」の広太、美雪、桃実に始まり、他にも水城、秋菜、月村、麻穂、日田・・・が登場します。

舞台が雪山なのも東野さんらしい。

スノーボードなどのウィンタースポーツがとても好きなんだなと、キャラクターを通して伝わってきました。

私はスキーもスノボも全然ダメなんです。でも楽しさが伝わってきました。これは『白銀ジャック』や『疾風ロンド』を読んだ時にもです。

一生懸命、子供の頃に滑ったスキーの感覚を思い出そうとしましたがダメでした。たぶんウィンタースポーツをやる人は、この感覚が分かるんだろうなと思うと羨ましくなっちゃいます。・・・ゲレンデの恋って良いですね。

『恋のゴンドラ』面白い結末

最後の結末にはビックリしました。その前に・・・

ひとこと感想です。

「ゴンドラ」・・・浮気がバレるかバレないか、展開が気になりドキドキです。
「リフト」・・・水城みたいな男、いるいる!!
「プロポーズ大作戦」・・・これが1番ビックリの展開でした。
「ゲレコン」・・・私もギャップに弱いかも。
「スキー一家」・・・根津さん、ナイス!!
「プロポーズ大作戦 リベンジ」・・・友情を感じました。
「ゴンドラ リプレイ」・・・このラストの続きが物凄く読みたいです。

どの物語も良かったですが、2つの「プロポーズ大作戦」は どんでん返し風のラストにビックリです。さすがだなと思いました。

でももっとビックリなのが本当に最後の結末です。

この結末って、あり!?面白すぎるでしょ。

続きがあれば読みたいと思ってしまうラストでした。

ABOUT ME
ひだまりさん。
ゆるりと本をよんでいます。ミステリー、ホラー、SF、ファンタジー、何でもよみます。ほとんど小説、ときどき絵本。→ 詳しいプロフィールはこちら

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA