ヒューマン・ラブ・ラノベ

『恋のゴンドラ』あらすじと感想 / 東野圭吾が描くゲレンデのラブコメと面白すぎる結末

この記事に書かれていること
  • 東野圭吾さんの小説『恋のゴンドラ』あらすじと感想
  • 「恋」 と 「笑い」 のラブコメ
  • 広太と美雪、桃実の三角関係
  • ひとこと感想
  • 結末について

少しだけネタバレあります



この恋の行方は―。

東野圭吾さんの小説『恋のゴンドラ』あらすじと感想です。東野さんのラブコメ。どうなの?と思いながら読み始めたのですが、面白くて一気読みしちゃいました。

本作には『疾風ロンド』の 根津さんも登場しちゃいます。

ひだまりさん。
ひだまりさん。
楽しい。

『恋のゴンドラ』あらすじ

東野圭吾が描く恋愛ミステリー!!

本の評価

おすすめ
かんどう
いがいさ
サクサク

【あらすじ】
合コンで知り合った桃美とスノボ旅行を楽しむ広太。ところが ゴンドラに同乗してきた女性グループの1人は、なんと同棲中の婚約者だった・・・。真冬のゲレンデを舞台に衝撃の愛憎劇へと発展していく。この恋は天国か地獄か? 東野圭吾が描く恋愛ミステリー。真冬のゲレンデで繰り広げられる男女8人の運命は?

『恋のゴンドラ』感想・レビュー

『恋のゴンドラ』は 軽い感じでサクサク読めちゃいます。でもさすが東野さん、どんでん返し (?) があって感心。

ひだまりさん。
ひだまりさん。
物語のつなげ方が 上手いんですよね。

「恋」 と 「笑い」 のラブコメ

『恋のゴンドラ』は 冬のゲレンデを舞台に繰り広げられる「恋」のお話です。

コメディタッチで描かれているので全く重くなく、途中途中でクスクスと笑ってしまいました。面白いんです。

ひだまりさん。
ひだまりさん。
東野さんの本は重めの物語が好きなのですが、たまにはこういうのも良いですね。

短編かなと思って読んでいると、ちゃんと繋がりがあって長編を読んでいる感覚になります。(1話ずつの恋のお話なので短編ですが)

本書で描かれている恋は どれもが「覚悟」と「度胸」がぴったりのものばかりでした。8、9人の登場人物の恋愛模様が描かれています。

  • 浮気をして絶望的な状況に追い込まれる男。
  • プロポーズを演出しようとする男。
  • 恋に悩む女。

恋愛の形も様々ですね。えー、こんな展開になっちゃう!?・・・と良い意味で裏切られました。リアル感があります。

ひつじくん。
ひつじくん。
恋をするのも大変だ。

この恋は天国か地獄か!?

1話目からヒヤリ。クスクス笑ってしまいました。広太と美雪、桃実の三角関係です。

スキー場のゴンドラに乗り合わせたのは・・・、同棲相手と浮気相手!!

恐ろしい図ですね。自業自得・・・と美雪と桃実の肩を持ってしまいますが。広太の心の叫びに思わずクスリ。

ひだまりさん。
ひだまりさん。
可哀想になりますが、浮気するから悪いんです。

ゴンドラが終点につくまで彼にとって地獄の時間になったわけです。同棲している彼女は広太と浮気相手に気づいているのか、いないのか。波乱の予感です。

この後の展開は 神さまは広太に味方してくれなかったようです。でもあと2話、3話・・・と読んでいくと 意外な展開が待っていました。

繋がる物語

東野さんは物語のつなげ方がとても上手いです。短編ですが1話完結ではないんですよね。物語が進んでいくにつれて時間も経過していく。

次のお話に前の登場人物がでてきたり、その中で新たな展開があったりと時間の経過を感じました。

目次を見ると全部で7つの構成ですが、まるまる1話の長編にも思えました。東野さんの技量を感じます。恋愛事情も今どきの感じがして、すんなり受け入れられます。

1話目「ゴンドラ」の広太、美雪、桃実に始まり、他にも水城、秋菜、月村、麻穂、日田・・・が登場します。

ひつじくん。
ひつじくん。
舞台が雪山なのも東野さんらしい。

スノーボードなどのウィンタースポーツがとても好きなんだなと、キャラクターを通して伝わってきました。

私はスキーもスノボも全然ダメなんです。でも楽しそう。『白銀ジャック』や『疾風ロンド』を読んだ時にも感じました。

子供の頃に滑ったスキーの感覚を思い出そうとしましたがダメでした。ウィンタースポーツをやる人は、この感覚が分かるんだろうなと羨ましくなっちゃいます。

・・・ゲレンデの恋って良いですね。

『恋のゴンドラ』面白い衝撃の結末

結末にはビックリしました。その前に・・・

ひとこと感想
  • 「ゴンドラ」・・・浮気がバレるかバレないか、展開が気になりドキドキです。
  • 「リフト」・・・水城みたいな男、いるいる!!
  • 「プロポーズ大作戦」・・・これが1番ビックリの展開でした。
  • 「ゲレコン」・・・私もギャップに弱いかも。
  • 「スキー一家」・・・根津さん、ナイス!!
  • 「プロポーズ大作戦 リベンジ」・・・友情を感じました。
  • 「ゴンドラ リプレイ」・・・このラストの続きがもの凄く読みたい。

どの物語も良かったですが、2つの「プロポーズ大作戦」は どんでん返し風のラストにビックリです。さすがでした。

でももっとビックリなのが本当に最後の結末です。続きがあれば読みたいと思ってしまうラストでした。

ひだまりさん。
ひだまりさん。
この結末って、あり!?面白すぎるでしょ。

こちらもオススメ

最高に面白い 東野圭吾 おすすめ小説
読むならコレ!【東野圭吾おすすめ小説】ミステリーからラブストーリーまで読むならコレ、最高に面白い!東野圭吾おすすめ小説を厳選して紹介します。東野圭吾さんの小説の魅力も書いています。...
『祈りの幕が下りる時』東野圭吾【原作小説 あらすじと感想】加賀恭一郎シリーズ東野圭吾さんの原作小説『祈りの幕が下りる時』あらすじと感想です。少しだけネタバレあります。加賀刑事の過去、関連する2つの事件、偶然と必然、テーマ・親子の絆について書いています。...
『沈黙のパレード』東野圭吾【あらすじと感想】ガリレオシリーズ9の魅力東野圭吾さん『沈黙のパレード』のあらすじと感想です。少しだけネタバレあります。ガリレオシリーズの魅力も書いています。どんでん返しあり、清々しい結末でした。...
ジェンダーを描いた『片想い』東野圭吾【あらすじと感想】悲しき結末とメビウスの帯東野圭吾さんの小説『片想い』あらすじと感想です。少しだけネタバレあります。ジェンダー、美月の告白と苦しみ、メビウスの帯、『片想い』に込められた意味について書いています。...

もっと見てみる

ABOUT ME
ひだまりさん。
ゆるりと本をよんでいます。ミステリー、ホラー、SF、ファンタジー、何でもよみます。ほとんど小説、ときどき絵本。→ 詳しいプロフィールはこちら

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA