ヒューマン・ラブ・ラノベ

『十字架』あらすじ・読書感想文|いじめの代償と命の重さ|重松清

この記事に書かれていること
  • 『十字架』あらすじと読書感想
  • 『十字架』のテーマ「いじめ」について
  • ナイフの言葉と十字架の言葉
  • スコーグスシュルコゴーデン(森の墓地)
  • いじめの代償はあまりにも重いこと

少しだけネタバレあります。

いじめの代償と命の重さ

重松清さん『十字架』感想文です。はじめて重松さんの本を読みました。この物語は深いですね。言葉が次々と胸に突きささりました。

『十字架』は、いじめを扱った小説。

「いじめ」により自殺してしまった中学生、のこされた家族とクラスメイトの生き方を描いた作品です。

ひだまりさん。
ひだまりさん。
命の重さをひしひしと感じたよ。

『十字架』あらすじ

いじめの代償

あらすじ

いじめを苦に自殺したあいつの遺書には、僕の名前が書かれていた。あいつは僕のことを「親友」と呼んでくれた。でも僕は、クラスのいじめをただ黙って見ていただけだったのだ。あいつはどんな思いで命を絶ったのだろう。そして、のこされた家族は、僕のことをゆるしてくれるだろうか。

『十字架』ネタバレ読書感想文|テーマはいじめ

『十字架』のテーマは「いじめ」です。

フィクションとして描かれているけど、現実味があり真剣に読んでいました。「いじめ」は、もはや学校だけでなくどこでも存在しうるものですよね。

ひだまりさん。
ひだまりさん。
でもその代償はあまりにも重いんだ。

いけにえ自殺

イジメが始まるきっかけというのは様々あるのかもしれません。それが、ただ選ばれてしまっただけでは回避のしようもないのだけど・・・。今や深刻な問題となっていますね。

ひつじくん。
ひつじくん。
不運というより、まるで「いけにえ」だね。

まわりの子も知っていながらだれも助けません。自分が次のターゲットにされるのが嫌だから見てみぬふりをする。気持ちはわからなくもないけど・・・。

それによって後に重い十字架を背負うことになるとしたら?

いじめを受けていた男の子・藤井俊介(フジシュン)が自殺をしてしまうのです。

真田祐と中川小百合が背負った十字架

いじめと一言 簡単に言うけれど、心に負った傷は深いものがあります。そして、いじめる側にも決して浅くない傷がのこる。

悲しいことに、いじめによる自殺は現実にも起きていることですね。・・・だから、ここで描かれていることは他人事のようには思えませんでした。

ひだまりさん。
ひだまりさん。
起こってから後悔しても、もう遅いよね。

主人公・真田祐と、同級生の中川小百合が背負ったものは、決して軽いものではありませんでした。フジシュンがのこした遺書には彼らの名前が書かれていたのです。

フジシュンの「親友」にされてしまった真田祐と、自分の誕生日が命日になってしまった中川小百合。

いい迷惑。もし彼らの立場になったら、そう思うでしょうか。親友でもないのに勝手にそうされてしまって。・・・でも見て見ぬふり、見殺しにした事実は消えないんです。

ひつじくん。
ひつじくん。
ある意味それもイジメなんだよね。

十字架の言葉

ひとを責める言葉には二種類あるそうです。ナイフの言葉十字架の言葉。私が気になったのは後者の方でした。

十字架の言葉とは、生きていくかぎり背負わないといけないもの。

ひだまりさん。
ひだまりさん。
ここで描かれているのはこれだね。

親友なのに見殺しにした祐と小百合。フジシュンの父親からは「ゆるさない」と言われ、重い十字架を背負うことになりました。

『十字架』は、主人公がそれを背負った14歳からの20年間が描かれています。中学生から大人になり、結婚して子どもが生まれて・・・。

苦い過去は歳を重ねるたびに重くなっていく。そうやって一生、十字架を背負い続けなければならないのです。

ひつじくん。
ひつじくん。
いじめ(見てみぬふり)の代償は、あまりにも重かった。

森の墓地・スコーグスシュルコゴーデン

スウェーデンにあるお墓がでてきて、目を引きました。

世界遺産に登録されているスコーグスシュルコゴーデン(森の墓地)

自殺したフジシュンが図書館で借りた「世界の旅 ヨーロッパ」に挟まっていた1枚のメモ〈世界一周ツアー〉の最後に書かれていたのが森の墓地でした。

ひだまりさん。
ひだまりさん。
日本のお墓とは全然違う。

検索して写真を見たのだけど、芝生の上に大きな十字架があって安らぎを感じます。暗い感じはなくて、むしろ開放感が感じられるんですよね。・・・森の中にあるからかな。

ひつじくん。
ひつじくん。
「人は死ぬと森に還る」・・・という、スウェーデンの人々の死生観が表れているようだ。

あのひととの約束と、いじめの代償

主人公が言う「あのひと」。

どこか、よそよそしく遠まわしのような呼び方です。最後まで祐の中では、あのひとはあのひと。せはれは、相容れない関係でありながら決して忘れることの許されないひとでした。

ひだまりさん。
ひだまりさん。
最後の方で祐とあのひとは約束をするのだけど、それが切なくてジーンとしたよ。

友達が自殺してから祐は何を感じてどんなふうに生きてきたのか。彼の気持ちがフラッシュバックしてきます。

目をとじて、しばらく祐が歩んできた人生を思い描きました。決して許されないものを背負いながら、悩んで、迷って、傷ついて。

1人の少年を見殺しにした彼が背負った十字架。いじめの代償はあまりにも重い。

ひつじくん。
ひつじくん。
誰だってそんな代償は背負いたくないよね。
Kindle本を読むなら

Kindle Unlimited(キンドルアンリミテッド)もおすすめ。Amazonが提供している書籍読み放題サービスです。

  • 200万冊以上が読み放題(小説やビジネス書、雑誌、コミックなどいろんなジャンルが対象)
  • お好きな端末で読める
  • 30日間の無料体験あり(初めてご利用の方。期間終了後は月額980円)

公式ページ

私も愛用しているKindle端末はこちら→Kindle Paperwhiteレビュー・メリットとデメリット|読書が快適になるアイテム

『カレーライス』重松清|あらすじと感想文 (教科書)|僕は悪くない 「はじめての文学」 より重松清さん『カレーライス』あらすじと読書感想文です。小学校6年生の国語の教科書に掲載されている作品。子供の成長を描いた小説でした。ひろしくんはなぜ怒っているのか考えてみました。...
読書感想文が書きやすい!中学生におすすめの本
【読書感想文が書きやすい】中学生におすすめの本|迷ったらコレ!読みやすい本を厳選読書感想文が書きやすい、中学生におすすめの本を紹介しています。ふだん本を読まない人や、感想文が苦手な人にも読みやすいものを集めました。森絵都さんの青春小説、深いテーマを扱った小説、ワクワクが止まらないファンタジー&SF小説など、本の世界にどっぷり浸れて読書が楽しくなる本ばかりです。...
読書感想文におすすめ!高校生向けの読みやすい本
【読書感想文におすすめ】高校生向けの読みやすい本を厳選|読書初心者にも!読書感想文が書きやすい、おすすめの本を紹介しています。高校生向け&読書初心者も読みやすい本です。心に響く感動作、アート・ピアノ小説、ファンタジー&SF小説を集めました。どれも心に刺さるものがありました。...
こちらは読んだ?