懐かしの教科書・古典

『カレーライス』重松清【教科書作品】あらすじと感想 / 僕は悪くない 「はじめての文学」 より

この記事に書かれていること
  • 重松清『カレーライス』あらすじと感想
  • 『カレーライス』は子供の成長を描いた小説
  • 「ぼくは悪くない」 冒頭について
  • 【考察】ひろしくんはなぜ怒っているのか考えてみた
  • 「ピリッと辛くて ほんのり甘い」 に込められた気持ちを想像してみた

ぼくは悪くない。

重松清さん『カレーライス』の感想です。『はじめての文学 重松清』に収録されている1話。国語の教科書でおなじみですね。

ひだまりさん。
ひだまりさん。
大人になって読むとほっこりします。

小学校6年生の教科書に掲載されているということですが、ひろしくんと同じ学年になるのですね。今の6年生が読んだらどんな風に感じるのか聞いてみたくなりました。

  • 懐かしい
  • ほっこりする
  • カレーライスが食べたくなる

重松清『カレーライス』あらすじ

子どもの成長を感じる物語

『カレーライス』
おすすめ
かんどう
ほっこり
せつなさ

【あらすじ】
ぼくは悪くない。だから、絶対に 「ごめんなさい」 は言わない。言うもんか、お父さんなんかに。カレーライスを通じて子どもの成長を描いた、ピリッと辛くてほんのり甘い物語。「カレーライス」 より。

※『はじめての文学』の中には 「カレーライス」 を含めた8つの物語が収録されています。

収録作品
  • 卒業ホームラン
  • モッちん最後の一日
  • ウサギの日々
  • かたつむり疾走
  • カレーライス
  • タオル
  • あいつの年賀状
  • ライギョ

「カレーライス」 を通じて子どもの成長を感じる物語

重松清さんの『カレーライス』は 子どもの成長が感じられる1話になっています。

子どもだと思っていた主人公・ひろしくん (小学校6年生) が いつの間にか中辛カレーが食べれるようになっていた。それに気づいた父親が嬉しそうで和やかな気持ちになりました。

甘口の特製カレーから中辛の特製カレーへ。

ひだまりさん。
ひだまりさん。
まだ6年生。でももう6年生なんだよね。

大人になってから読むと、父親と ひろしくんの目線で読むことができます。子供が成長して嬉しい気持ちもわかるし、子ども扱いしないで!という反抗期のひろしくんの気持ちも理解できる。

なかなか楽しく読めました。

『カレーライス』感想

小学校6年生のぼく (ひろしくん) の一人称で語られています。気持ち分かるなぁ・・・と思いながら読んでいました。

ちょうど反抗期。子ども扱いされたくない気持ちもあるから自分が悪いのだけれど、なかなかあやまれない。

そういうもどかしい気持ちが伝わってきて懐かしくなりました。

「ぼくは悪くない」 冒頭が印象的

冒頭の 「ぼくは悪くない」 が印象的です。

ぼくは悪くない。だから、絶対に 「ごめんなさい」 は言わない。言うもんか、お父さんなんかに。

お父さんにゲームのコードを引っこ抜かれて怒っているぼく。でもその前に1日30分というゲーム時間を守らなかった彼も悪いから どっちもどっちかな。

ひろしくんのお家では お母さんも働いていて、帰りが遅くなると 「お父さんウィーク」 (代わりにお父さんが早めに帰ってくる週) になるようです。

「お父さんウィーク」 が始まるのに、ひろしくんは謝ろうとしません。なんだか気まずい雰囲気。お母さんはお父さんの味方です。

お母さんはいつだって、お父さんの味方だ。それがくやしかったから、何があっても絶対にあやまるもんか、と心に決めた。

ひつじくん。
ひつじくん。
ひろしくんは何でこんなに怒っているのかな。

お父さんがゲームのコードを抜いたから?・・・それだけではないような気がします。ひろしくんの気持ちを考えてみました。

ぼく (ひろしくん) はなぜ怒っているのか考えてみた

ひろしくんが怒っていたのは お父さんがいつまでも子供扱いするからです。

きっかけはゲームのコードを抜いたことですが それだけではありません。分かりやすいように 起こったことを時系列に沿ってまとめました。

起こったこと
  1. ひろしくんは 1日30分の約束を破ってゲームをやっていた。
  2. お父さんが いきなりゲーム機のコードを抜いた (セーブデータが消えた)
  3. お母さんはいつもお父さんの味方
  4. お父さんが甘口カレーライスをつくる

怒ったきっかけ

お父さんがゲーム機のコードを抜いたのがきっかけになったのは間違いないでしょうね。でもきっとそれだけではないんです。

お父さんがひろしくんに作るのは特製の甘口カレーライスでした。でもひろしくんは小学6年生。もうピリッとした中辛カレーの美味しさがわかる年頃になっていました。

いつまでも子供扱いされることに不満があった。

結論

ひろしくんが1番悔しかったのは お父さんが子供扱いするからです。

ひつじくん。
ひつじくん。
ぼくは甘口カレーが好きだけどな。
ひだまりさん。
ひだまりさん。
私は中辛が好きだよ。でも無性に甘口が食べたくなることもあるよ。

もう甘口じゃなくて中辛カレー。子供の成長を喜ぶ親心にも注目

お父さんが風邪をひいて、ひろしくんと一緒にカレーライスを作っているところを想像すると ほっこりしました。

ここでようやくお父さんは ひろしくんが中辛カレーを食べれることに気づきます。

「おまえ、もう『中辛』なのか?」

お父さん、なんだか嬉しそうでした。子供が成長するのを感じるのは 親にとって大きな喜びですね。

ピリッと辛くて、ほんのり甘い特製の中辛カレーに込められた気持ち

ラストの文章がまた良かったです。

ぼくたちの特製カレーは、ぴりっとからくて、でも、ほんのりあまかった。

ピリッと辛くて ほんのり甘いカレーライス。

ひろしくんはお父さんに謝らなかったけど、お父さんが嬉しそうにしていたから ひろしくんも嬉しくなったようです。

子ども扱いされたり、お父さんに反抗してモヤモヤしていたり (ピリッと辛くて) 。でも中辛カレーを食べれるようになったことで お父さんに 大人として認められて嬉しかったこと (ほんのり甘い) 。

そんなひろしくんの、ピリッと辛くて ほんのり甘い気持ちが想像できました。

ひだまりさん。
ひだまりさん。
ピリッと辛い方が 甘みが引き立つんだよね。
ひつじくん。
ひつじくん。
中辛カレーが食べたくなってきた。

重松清『カレーライス』感想まとめ

重松清さん『カレーライス』は

カレーライスを通じて子どもの成長を描いたお話です。子どもを育てる親の喜びも感じられました。

ひろしくんの一人称ですが、お父さんの嬉しい気持ちもうかがえます。子供と一緒に過ごす時間がお母さんに比べて少ないお父さん。ひろしくんとの時間は幸せですね。

何気ない日常の中にも発見があったり、幸せを感じたりして。・・・そういう時間が大切です。

もうすぐひろしくんは中学生になります。小学6年生のひろしくんを見れるのは今だけ。

ひだまりさん。
ひだまりさん。
子どもの成長を見つめる親は とても貴重な体験をしているんじゃないかと、最近 ひだまりさん。は思うのです。

・・・とは言え、子育ての最中は そんなこと考えるヒマもないくらい大変だと思います。でも子供が大きくなってひと息ついた時に かけがえのない思い出に変わるんですよね、きっと。

こちらもオススメ

『十字架』重松清【小説のあらすじと感想文】いじめの代償と命の重さ重松清さんの小説『十字架』あらすじと読書感想です。少しだけネタバレあります。『十字架』のテーマ 「いじめ」 について、ナイフの言葉と十字架の言葉、スコーグスシュルコゴーデン (森の墓地)、いじめの代償はあまりにも重いことについても書いています。...

他にもあります

教科書の名作
ABOUT ME
ひだまりさん。
ゆるりと本をよんでいます。ミステリー、ホラー、SF、ファンタジー、何でもよみます。ほとんど小説、ときどき絵本。→ 詳しいプロフィールはこちら

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA