ふしぎな世界

『ライラック通りのぼうし屋』安房直子【あらすじと感想】いなくなった羊の国

いなくなった羊の国へ

安房直子さん『ライラック通りのぼうし屋』
とても素敵なお話でした。私、この物語好きです (*^_^*)

ネタバレあります。

『ライラック通りのぼうし屋』あらすじ

「いなくなった羊の国」へ

『ライラック通りのぼうし屋』
おすすめ
かんどう
ほっこり
せつなさ

【あらすじ】
ある日、ぼうし屋の元にやってきた一匹のひつじ。そのひつじから、トルコ帽を作って欲しいと頼まれ・・・。

『ライラック通りのぼうし屋』感想

安房さんの描く幻想世界は、どうしてこんなに優しいんだろう。それは誰もが憧れる世界でした。

永遠の国

羊の毛のトルコ帽には不思議な力がありました。

ある日、帽子屋に一匹の羊が訪ねてきました。自分の毛でトルコ帽を作って欲しいと頼みます。それをかぶると「いなくなった羊の国」へ行けるんです。

まさに永遠の国。

時間は限りなくあり、好きなことを好きなだけできる。私がそこに行ったら、のんびりと好きなだけ本を読んで眠たくなったら寝て過ごしそう。・・・幸せだなぁ。

ぼうし屋の主人は現実逃避からそのトルコ帽をかぶります。そして夢の国で時間も忘れてひたすらライラックの帽子を作り続けるのです。

にじのかけら

羊の国には一足早くトルコ帽を注文した羊がいて、お店を開いていました。メニューがまた不思議。

にじのかけら
ゆうやけぐも
ごがつのかぜ
そのほかいろいろ

ぼうし屋の主人は「にじのかけら」を食べます。まるでシャーベットのような七色の食べもの。ライラックの花の香りがして、あまくて、さっくりしていて美味しそう。

安房さんが描く異世界は夢がありますよね。

幻想的な世界に魅入られた私。この物語はその主人の体験を通してある大切なことを教えてくれます。

安房さんのメッセージ

ぼうし屋が夢の世界で好きなことをしている間、奥さんと二人の娘は旦那さんの帰りを待っていました。なかなか戻ってきませんでしたが、やがて不意に現実世界に現れます。

ライラックの帽子をたくさん作った旦那さん。でも、その帽子をかぶれる人はいませんでした。いくら素敵な帽子を作っても、みんなかぶる前に消えてしまうから・・・。

安房さんが伝えたかったことがわかったような気がします。

いちばんの大切なもの。いちばんの幸せ。それは誰かがいることに他ならない。帽子をかぶってくれる誰か。

好き勝手していた主人の仕事場を変わらず綺麗にしてくれていた奥さんや娘たちの存在。結局、人は一人では生きていけないんだなと思いました。安房さんの物語は人生の教科書のようですね。家族の温かさを感じる物語でした。

ABOUT ME
ひだまりさん。
ゆるりと本をよんでいます。ミステリー、ホラー、SF、ファンタジー、何でもよみます。ほとんど小説、ときどき絵本。→ 詳しいプロフィールはこちら

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA