ヒューマン・ラブ・ラノベ

『ちょっと今から仕事やめてくる』北川恵海【あらすじと感想】ブラック企業とやめる勇気

この記事に書かれていること
  • 北川恵海さんの小説『ちょっと今から仕事やめてくる』あらすじと感想
  • 笑わなくなった主人公と陽気なヤマモト
  • 泣いたシーン
  • 決断する勇気

少しだけネタバレあります。

働く人は誰もが共感する!

北川恵海さんの小説『ちょっと今から仕事やめてくる』感想です。このタイトルにひかれる人、とても多いのではないかと思います。

本屋さんに行くたびに立ち止まり、今までスルーしてたんですけどやっぱり買ってしまいました。

ひだまりさん。
ひだまりさん。
感動しました!

『ちょっと今から仕事やめてくる』あらすじ

働く人なら誰もが共感!

本の評価

おすすめ
かんどう
いがいさ
サクサク

【あらすじ】
隆が入社した会社は まさかのブラック企業だった。身も心も疲れ果てた隆は 線路に飛び込もうとするが、1人の男に助けられる。彼は 同級生の 「ヤマモト」 と名乗ったのだが、実は、本物の同級生は日本にいないはずだった・・・。

『ちょっと今から仕事やめてくる』感想

私も言ってみたい。「ちょっと今から仕事やめてくる」 と。働く人だったら誰もが1度くらいは思うことかもしれませんね。

心がホカホカになる小説

タイトルを見るとエッセイか何かなのかな?と思いましたが小説なんですよね。ブラック企業に勤めて心身衰弱していく主人公が1人の青年に出会い、立ち直っていくお話です。

ひだまりさん。
ひだまりさん。
それにしても、ここで描かれている上司は最悪。

こんな環境だったら鬱になるのも頷けます。1日の大半は職場で過ごすので、ギスギスしてたらイヤですね。

最後まで読むとスカっとします。そして心がホカホカになるんです。主人公の前に現れた不思議な青年・ヤマモト。彼はいったい 何者?

笑わなくなった主人公

主人公の隆は鬱になりかけていました。

仕事が上手くいかず 上司には怒鳴られる毎日。いつしか笑顔が消えていました。これは危険な信号ですね。日曜日の夕方からテレビを見なくなる。

サザエさんシンドロームという言葉があります。

サザエさん症候群

日曜日の夕方から深夜にかけてうつ状態になる症状。翌日の月曜日から仕事・通学しなければならない・・・という現実に直面した時に体調不良や倦怠感がおこる。

サザエさんは日曜の夜の放送。もしかしたら、あの幸せな一家団欒の風景に孤独感を感じてしまう人もいるのかもしれませんね。

私は土日祝など関係ない仕事についているので、その呼び方に違和感があるんです。でも連休明けはやはり憂鬱になります。

陽気なヤマモト

心身衰弱していた隆が無意識に線路に飛び込もうとした時、青年に助けられます。同級生の「ヤマモト」と名乗る不思議な彼。陽気なヤマモトに隆の心はほぐれていきます。

ひつじくん。
ひつじくん。
ようは気の持ちようだよね。

ここら辺の記述は、ちょっと現実離れしているかなとも思いました。・・・そんなんで治るものでもないと思いますが。

主人公は気分も上がり仕事も上手くいきだします。

ですが人生そんなに甘くはありません。仕事にクレームが入り、また落ち込んでしまいます。上がったり下がったり。うまくはいかないものです。

すっかり打ち解けた様子の2人。実はヤマモトは同級生ではなかったんです。しかも、ほんとうの山本純は自殺していた!

ひだまりさん。
ひだまりさん。
彼は何者?

隆は幽霊だと信じ込んでしまいます。この主人公、どこまで純粋なんだろ。突っ込みどころ満載です。

泣いたシーン

泣いてしまった場面があります。隆が屋上から飛び降りようとしたところです。

人生は誰のためにあるのか。

ひだまりさん。
ひだまりさん。
もちろん自分のためです。でもそれだけではなくて、大切に思ってくれている人のためにもあるということ。

両親だったり兄弟だったり・・・。私は親の顔が浮かびました。

自殺をするのは勝手だけど 残された人たちの気持ちを思うと・・・。隆が実家の母親に電話をかけるところ、父と母の息子を思う気持ちが優しくて泣いてしまいました。号泣。

心がホカホカになります。

決断する勇気

死ぬか、辞めるか

死にたくなるくらいの辛い職場だったら辞めた方がマシ。

もし自分がブラック企業に勤めていて心身ともにボロボロになってしまっていたら・・・。1番大切なのは自分自身です。そして私ひとりの命ではないということ。

主人公は友達によって助けられましたが、自殺をしてしまっては元も子もありません。その前に「ちょっと今から仕事やめてくる」と決断する勇気も大切。

ひだまりさん。
ひだまりさん。
頑張りすぎないことです。

こちらもオススメ

一気読み必須のおすすめ小説
面白くて一気読み!【徹夜本・おすすめ小説】2018年に読んだ本面白くて一気読み間違いなし、徹夜本オススメ小説&絵本を厳選しました。切なくて泣けるミステリー小説、アート小説、怖いけどクセになるホラー小説、大人にも読んでもらいたい学べる絵本などについて書いています。...
本と言葉にまつわる小説と絵本
【本好きにオススメ】「本」 と 「ことば」 にまつわる小説&絵本本好きにオススメの「本」と「ことば」 にまつわる小説や絵本を厳選しました。『なかなか暮れない夏の夕暮れ』『本を守ろうとする猫の話』『三月は深き紅の淵を』『熱帯』『囀る魚』『星の民のクリスマス』『真昼の夢』『あるかしら書店』『舟を編む』『図書館の魔女』『ことばのかたち』『言葉屋 言箱と言珠のひみつ』などを紹介しています。...
【貴志祐介おすすめ小説】迷ったらコレを読むべき!間違いなく面白いホラー小説6選貴志祐介さんのホラー小説の中で特にオススメを厳選しました。怖すぎるサイコパスもの、切なくて泣ける小説、面白すぎた長編SFなどをご紹介。簡単なあらすじと感想も書いています。...
ABOUT ME
ひだまりさん。
ゆるりと本をよんでいます。ミステリー、ホラー、SF、ファンタジー、何でもよみます。ほとんど小説、ときどき絵本。→ 詳しいプロフィールはこちら

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA