ヒューマン・ラブストーリー

『命売ります』三島由紀夫 / 三島が描く命と皮肉

三島が描く命と皮肉―。

三島由紀夫さん『命売ります』。
インパクトあるタイトルですね。三島由紀夫さんの小説を初めて読みました。

少しだけネタバレあります。

『命売ります』あらすじ

ユーモアあり、驚きあり!? 三島の皮肉を存分に感じた1冊。

『命売ります』三島由紀夫
おすすめ
かんどう
いがいさ
サクサク

【あらすじ】
「命売ります」 新聞の広告を見た人たちが、羽仁男の元を訪れる。彼らは羽仁男の命を買おうとするのだが・・・。三島の皮肉とユーモア溢れた物語。

面白かったです。最後にガツンときました。これはオススメ (*^^*)

『命売ります』感想

ひだまりさん。三島由紀夫さんの著作を読んだことあったかな?・・・ひょっとしたら教科書とかで読んでいるのかもしれませんが、(覚えがないので とりあえず) 初めてです。

読みやすい!! しかも面白い!!

なんかもっと難しくて読みにくいのかと思いきや、スラスラと読めてしまいました。

三島由紀夫が描く命と皮肉。

それについて羽仁男を通して見えてくるものがありました。

死に損なった男

ある日、新聞の活字がゴキブリに見えてしまった羽仁男。生きていても仕方がないと思い、自殺を試みます。

活字がゴキブリ・・・なんて、想像したくないけどユニークな発想。

でもそれは未遂に終わり、死ねなかった羽仁男にとって “何だかカラッポな、すばらしい自由な世界” がひらけました。
そして、命売ります。・・・と、新聞に広告を出し、自室のドアに 「ライフ・フォア・セイル 山田羽仁男」 とレタリングした紙を貼る。

命売ります!?
・・・軽い (笑) コメディのような面白さがあります。

最初に読んだとき、なぜ 彼は死にたくなったのか、そして “何だかカラッポな、すばらしい自由な世界” がどんななのか、よく分かりませんでした。でもその部分を何回か読むうちに、なんとなくですが彼の気持ちが理解できたような気になりました。

何だかカラッポな、すばらしい自由な世界

自殺も自殺未遂もしたことがない ひだまりさん。には、羽仁男の気持ちは分かりません。

でも、頑張っていたけど糸が切れたような、どうにでもなれ!!・・・というような気持ちなら分かる。

心が “カラッポ” 状態で、自分が無敵になったような妙な錯覚に陥ります。「なんでも来い!」 「どうとでもなれ!」・・・という感じで、根拠なく強気になる ^_^;
これが “すばらしい自由な世界” でしょうか。(つまりは自暴自棄?) ・・・そんなときに、彼は死に取りつかれてしまいます。

ありますよね?頑張りすぎちゃって、なんだか疲れてしまうこと。この小説を読んで、そういうときって 死が隣にいるのかな・・・と、少しだけ怖くなりました。

なかなか売れない命

主人公の元には、命を買いに 様々なお客が来ます。でも、なかなか命は売れません。彼は死にたいのに死ねないんです。運よく (?) 生き延びてしまう。ちょっと苦笑い。・・・三島の皮肉を感じます。

この小説は 様々なストーリーが詰まっている連作短編集のような感じです。

その一つ一つのストーリーが面白かったです。るり子の話、治験の話、吸血鬼の話、にんじんの話、ACS (アジア・コンフィデンシャル・サーヴィス) という秘密組織・・・。

ひだまりさん。が 好きなのは、吸血鬼のストーリーと、にんじんのストーリーです。吸血鬼の女と一緒に暮らし始める羽仁男は彼女を愛し、にんじんで暗号を解読するシーンは頭が良い。命を買おうとするお客と接するうちに、彼の心は少しづつ変化していきます。

羽仁男の命と死生観

羽仁男の命と死生観。
本書のテーマというか、全体を通してそれが描かれていました。様々なお客と出会ううちに、彼は命に執着するようになります。

突然 死ぬのが怖くなるんです。あれだけ命を粗末にした彼が・・・。ちょっと不思議な気持ちになりましたが、その心の変化が面白いなと思いました。

ふと、以前に実家に帰ったときに 父が言ったひとことを思い出しました。

「朝、目が覚めて自分が生きていることが嬉しい」

・・・確かそのようなことを言っていました。そのときは そんなものかな・・・と聞き流していたのですが、この小説を読んでいたら そう言えばと頭をかすめました。生きている喜びは、私よりも父の方が何倍も強いのかもしれません。

人生は終わりがあるから輝かしい。・・・とはよく言いますが、父の言葉や、この小説の主人公を見ていると全くその通りだなと思います。終わりを考えたとき、生きていることが幸せに思える。そうやって1日1日を楽しく生きていきたいですね。

どんでん返しと皮肉な結末

ラストはどんでん返し的なものがありました。スピーディな展開にギョっとします。羽仁男を狙うのは・・・!?

そして最後にキツイひとことが待っています。ぜひ本を読んでみてください (*^^*)

著者である三島由紀夫の皮肉を存分に感じました。死にたいと思う時には死ねず、生きたいと思った時には命を狙われる。なんとまぁ、羽仁男がかわいそうになります。

命を粗末にした彼が生きたいと願うも、時すでに遅し・・・ということ?

皮肉な結末でした。

ABOUT ME
ひだまりさん。
ゆるりと本をよんでいます。ミステリー、ホラー、SF、ファンタジー、何でもよみます。ほとんど小説、ときどき絵本。→ 詳しいプロフィールはこちら
こちらは読んだ?

POSTED COMMENT

  1. より:

    こんにちわ!
    初めてお邪魔します。

    金と申します
    金も此の本読みました
    金は賢く無いから、作者の言いたい事があまり理解出来ませんでした

    只、読み終わって感じた事
    「三島由紀夫」さんて、こんな本も書いたんや・・・と思いました。

    金は、三島由紀夫さんの「金閣寺」が、とても好きです
    他には、読んだ記憶がありませんが「仮面の告白」を読んで見たい気がします

    三島さんって割腹自殺した御方ですよね
    金の子供の頃の大事件でしたが、アレだけ日本という国を愛して居る人が、
    今ドレ位居るのでしょうかね?

    何だか、話題が違う方向に行ってしまいましたね

    「命売ります」
    やはり、生きて居なければ 何も出来ません
    でも、生きて居ても 「甲斐の無い人生」でしたら淋しい物ですよね
    結局、「命乞い」状態に目覚めてしまいましたが
    生きて居て倖せなのか・生きて居ない方が幸せなのか
    何方が、幸せなのか
    今の世の中には、色々な人がおるのや思いますので 金には解りませんが
    でも 「命」って執っても大切な物なのではないかと思います

    初めてお邪魔して、長いコメントお許し下さいね。

    。。。。。。

    <蛇足>
    「芥川龍之介」さんの短編集も面白かったです
    とても、人間臭い短編小説でした

    お邪魔致しました・・・<m(__)m>

  2. ひだまりさん。 より:

    こんにちわ(*^_^*)
    はじめまして。コメントをありがとうございます。

    三島由紀夫さん初めて読みました。抱いていたイメージと違って、ユーモア溢れる小説だったのでビックリです。意外と読みやすいんですね (*^^*ゞ

    「金閣寺」「仮面の告白」どちらも読んだことないのですが、「命売ります」 が面白かったので、興味が湧きます。「芥川龍之介」さんの短編集も気になりました。芥川さんは国語の教科書でお目にかかったことがあります。・・・当時はよく分からなかったけど、今読んだら違う感動が味わえるかもしれません (*´`)

    三島さんの自殺。私はまだ生まれてなかった頃で、この本を読んだとき少しネットで調べてみました。金さんはリアルタイムの大事件だったのですね。・・・さぞ驚かれたことと思います。

    人によって命の価値観や幸せの価値観は違うけど、やはり命はとても大切だと私も思います。・・・ただ、何の幸せも感じることなく生きているのは辛いものなのかもしれません。小さなことでも幸せを感じることって、大切なのかなと思いました。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA