ヒューマン・ラブ・ラノベ

『52ヘルツのクジラたち』あらすじ・ネタバレ・読書感想文|町田そのこ 泣ける小説

52ヘルツのクジラたち
この記事に書かれていること
  • 『52ヘルツのクジラたち』あらすじと読書感想文
  • 世界で最も孤独なクジラ
  • 伝えたくて 伝えられない言葉
  • キナコの壮絶な過去
  • いつか誰かに届く52ヘルツの声
  • 愛を感じたラスト

ネタバレあります。ご注意ください。

このクジラの声はね、誰にも届かないんだよ

町田そのこさんの小説『52ヘルツのクジラたち』感想です。素晴らしい本でした。切なくて苦しくて号泣。・・・涙、枯れるかと思った。

ひだまりさん。
ひだまりさん。
ラストは愛を感じて優しい気持ちになります。

届かない言葉、聞こえない声・・・。この世界には、52ヘルツのクジラのように 声をあげても気づいてもらえない叫びが あふれているかもしれないと、苦しくなりました。

ひつじくん。
ひつじくん。
読書感想文にもおすすめ。名言も集めたよ。
52ヘルツのクジラたち名言集
『52ヘルツのクジラたち』名言|世界で最も孤独なクジラと印象に残った言葉|町田そのこ町田そのこさんの小説『52ヘルツのクジラたち』。名言 (印象に残った言葉) を集めました。世界で最も孤独な 「52ヘルツのクジラ」 についても触れています。...

『52ヘルツのクジラたち』あらすじ・評価

届かない声に号泣!

本の評価

おすすめ
かんどう
いがいさ
サクサク

【あらすじ】
52ヘルツのクジラは、他の鯨が聞き取れない高い周波数で鳴く、世界で一頭だけのクジラ。たくさんの仲間がいるはずなのに何も届かない、何も届けられない。世界で一番孤独だと言われている。自分の人生を家族に搾取されてきた女性・貴瑚と、母に虐待され「ムシ」と呼ばれていた少年。孤独ゆえ愛を欲し、裏切られてきた彼らが出会い、新たな魂の物語が生まれる。

『52ヘルツのクジラたち』ネタバレ・読書感想文

『52ヘルツのクジラたち』は 虐待を扱っていて、切なく苦しいながらも心温まる物語です。

町田そのこさんの本は初めて読みました。読後感が良いのも作者の手腕なのかな。涙が止まらないけど温かい。人の温もりを感じます。

ひだまりさん。
ひだまりさん。
タイトルにひかれたんだよね。

「52ヘルツのクジラ」 の存在を、私は前に本を読んで知っていました。その時も胸が痛んだけど、今回は 52ヘルツのクジラの声を人に当てはめていて、さらに胸が痛みました。

52ヘルツのクジラ|世界で最も孤独なクジラ

本書の一文に、世界で最も孤独だと言われている52ヘルツのクジラの記載があります。

「このクジラの声はね、誰にも届かないんだよ」

普通のクジラの鳴く周波数は 10~39ヘルツ。でも 52ヘルツのクジラは、その名前の通り52ヘルツで鳴きます。

あまりに高音だから、他のクジラたちには聞こえなくて仲間に気づいてもらえない・・・。

ひつじくん。
ひつじくん。
だから、世界で最も孤独なクジラと言われているんだね。

私が52ヘルツのクジラを知ったのは『せつない動物図鑑』でした。

『せつない動物図鑑』あらすじと感想|誰かに話さずにはいられない動物の真実|ブルック・バーカー絵本『せつない動物図鑑』あらすじと感想です。シュールなペンギン、へんてこなサソリと働く蜜蜂、世界でもっとも孤独なクジラについて書いています。...

町田そのこさんの『52ヘルツのクジラたち』では、52ヘルツで鳴くクジラの声を人の悲痛な声にたとえていました。

誰にも聞こえない、伝えられない言葉です。

伝えたい、でも伝えられない言葉|キナコとイトシとアンさん

タイトル『52ヘルツのクジラたち』が指しているのは、主人公の貴瑚 (キナコ)、琴美の子どもの愛 (イトシ)、キナコを救った岡田安吾 (アンさん) です。

キナコはイトシと出会います。イトシは母親に虐待を受けている子ども。言葉をしゃべれない彼は 誰にも伝えられないでいました。

キナコは イトシをほっとけなかったのですね。

過去の自分もイトシと同じだったから。52ヘルツのクジラのように、誰にも届かない声をあげていた。

ひだまりさん。
ひだまりさん。
この世界には、イトシやキナコのように悲痛な声をあげてる人がどれくらいいるんだろう。

切なくなりました。でも イトシの声はキナコに、キナコの声はアンさんに届いたのが救いです。

もしも、私の周りで52ヘルツの声をあげてる人がいたなら、私は気づいてあげられるだろうか。

「52ヘルツのクジラたち」 は、キナコとイトシのことだと思ったけど、実はアンさんも含まれています。

どうしてアンさんはそこまで貴瑚に執着していたのに、貴瑚に想いを伝えなかったんだろう

伝えられなかった想い。最後の方で アンさんの気持ちが明かされて号泣しました。

キナコの壮絶な過去

キナコの過去が壮絶です。

空腹で耐えられなかったクリスマスの深夜、ダストボックスを開けたら真樹が食べ残したチキンやお寿司、ケーキが捨てられていた。砂糖菓子のサンタクロースが生クリームに塗れていて、それを迷わず掴んで食べた

キナコの両親は弟を溺愛していて、母の連れ子である彼女のことは邪魔者扱い。成人してからは 義父の介護をさせられ、彼女の心はギリギリの状態でした。

キナコが死のうとしたときに、彼女を救ったのは 友達の美晴とアンさんです。

ひつじくん。
ひつじくん。
気づいてくれて良かった。

もしも、キナコの声が誰にも届かなかったら・・・と思うとゾッとします。届いて良かった。

いつか誰かに届く52ヘルツの声

号泣しまくった小説でしたが、温かな気持ちにもなる『52ヘルツのクジラたち』。切ないけど、好きな文章があります。

こんなに寂しいのはきっとわたしだけじゃない。この声は誰かに届いていると信じるだけで、心が少しだけ救われた。あの時のわたしは、52ヘルツの声をあげていた

キナコの声がアンさんに届いたように、イトシの声がキナコに届いたように、自分の声は誰かに届く。健気な彼女が愛おしくなります。

その声を聞いてくれる誰かが必ずいると思うことで、どん底から這い上がろうとする強さも感じました。

ひだまりさん。
ひだまりさん。
52ヘルツのクジラの声だって、人間には届いたからね。

号泣!愛を感じたラスト

ラスト、イトシの言葉に救われました。

「キナコに会えて、よかった」

キナコはイトシを大切に思っていて、イトシもキナコに救われている。・・・愛を感じました。人は支え合いながら生きるものなんですよね。

ひつじくん。
ひつじくん。
切なくて優しい物語だった。
52ヘルツのクジラたち名言集
『52ヘルツのクジラたち』名言|世界で最も孤独なクジラと印象に残った言葉|町田そのこ町田そのこさんの小説『52ヘルツのクジラたち』。名言 (印象に残った言葉) を集めました。世界で最も孤独な 「52ヘルツのクジラ」 についても触れています。...
癒されたい時におすすめの小説
癒されたいときに読みたい!ほっこり心温まる小説|日常に疲れたときにオススメほっこり・心温まる小説を厳選しました。癒されたい時、疲れた時におすすめです。読むと元気になれて心に染みる本を紹介。ほのぼのと心が温まります。読書の参考にして下さい。...
読書感想文におすすめ小説
【読書感想文におすすめ】読みやすくて心に響く小説|中学生・高校生、大人も感動!心に響く小説、ワクワクする小説を紹介しています。夏休みの読書感想文にもおすすめ。学生目線で描かれたリアルな青春小説もあります。...
ファンタジー小説おすすめ
コレは読んでおきたい!ファンタジー小説おすすめ|ダークファンタジーから異世界までおすすめのファンタジー小説を厳選してご紹介します。長野まゆみさんの小説、冒険ものから面白かった本をピックアップしました。...
ABOUT ME
ひだまりさん。
ゆるりと本をよんでいます。ミステリー、ホラー、SF、ファンタジー、何でもよみます。ほとんど小説、ときどき絵本。→ 詳しいプロフィールはこちら